震災関連情報 漁船保険 2011.04.05.

平成23年4月5日
第11-008号(T-1)
全役員様
社団法人 日本損害保険代理業協会
事務局 野元

<震災関連情報>[漁船保険制度]の概要(参考情報)

[要旨] 本日、読売新聞等マスコミ各紙で報道された「漁船保険」に関して、いくつかお問い合わせを頂いているので、その概要を連絡する。基本は、法律に基づき組合が保険を引き受ける国の制度であり、保険金支払いは最終的に国が補完する仕組みとなっている。

1 漁船保険制度とは?
・ 漁船保険は、漁船の海上危険による損害をてん補するための損害保険制度です。不慮の事故や自然災害等による損害(津波による損害も補償されます)、漁船の運航に伴う費用の負担、あるいは賠償責任等の発生によって漁業経営が困難になることを防止し、漁業経営の安定化を図るため、昭和52年に制定された「漁船損害等補償法」に基づいて運営されています。
・ 同法に基づき設立された「漁船保険組合」が保険を引き受け(保険会社の役割)、漁船保険中央会を経由して政府(窓口は水産庁)との間で再保険を交わしています。再保険料率は、純保険料のみとなっており、付加保険料は全額国庫負担となっています。
・ 漁船保険組合には、特定の漁業だけに従事する漁船だけを対象にする「業態組合」と都道府県を区域とする「地域組合」とがあり、各組合は、保険契約の締結、掛金の徴収、保険金の支払いを行っています。
・ 制度の中核となる漁船保険には、「普通保険」と戦争・変乱およびこれに準ずる事故による損害を填補する「特殊保険」の2種類があります。「普通保険」には普通海上事故によって生ずる損害を填補する「普通損害保険」と、普通損害保険と代船建造資金の積立てを兼ねて、満期時に保険金を支払う「満期保険」とがあり、総トン数1千トン未満の漁船を対象としています。(1千トン未満の漁船は任意加入)
・ なお、漁船保険については、加入区毎に1トン以上の指定漁船が全船加入することによって、国からの掛金補助があり、船主個人の掛金負担が軽減される仕組みになっています。
・ また、「船舶の所有者等の責任の制限に関する法律」(船主責任制限法)では、船舶による海難事故の際、被害者が十分な補償を受けられるよう、船主の責任制限金額について、2千トン以下の漁船については、対物100万SDR(1億8千万円)、対物3百万SDR(5憶4千万円)と定められています。
  (*SDRとは「IMF特別引出権」のことで、金・ドルに続く第3の世界貨幣と言われています。レートは毎日変動しますが、上記時点では1SDR=180円となっています。)

2.今回の震災の影響は?
・ 今回の震災では東北地方の多くの漁船が壊滅的な被害を受けたため、漁船保険制度の国の準備金が大幅に不足する見通しです。制度を運営する漁船保険組合の支払い能力を超える部分は、国の準備金で賄う仕組みであり、政府が一般会計から数百億円規模の追加支出を迫られることになる見込みです。
・ 水産庁によると、漁船保険には国内漁船のほとんどが加入しており、津波の被害が大きかった北海道から千葉県までの太平洋沿岸7道県で、加入数合計は5万隻を超える模様ですが、保険金の支払い対象は、壊滅的被害を受けた岩手、宮城両県を中心に2万隻前後に達する見通しとなっています。
・ その結果、保険金の支払額は1千億円規模に達するとの見方が出ています。各保険組合の支払い能力は平均で十数億円、再保険を引き受けている中央機関の準備金は70億円程度の模様であり、これでは全く資力を確保できないため、国が支払いに備えた準備金(一般会計からの支出)で対応する方針のようです。

2.漁船保険制度の保険種類 
名   称 内   容
普通損害保険 沈没、座礁、火災などの事故によって、漁船の船体、機関、設備に生じた損害や漁船を救助するために要した費用などに対して保険金を支払う基本の保険です。
満期保険 漁船の船体の更新を容易にするため、満期時に保険価額相当額を満期保険金として支払う積立保険です。満期前でも普通損害保険と全く同様のてん補を行う保険です。
特殊保険 戦争、変乱、襲撃、捕獲、だ捕等によって漁船に生じた損害をてん補する保険です。
漁船船主責任保険
(漁船PI保険) 漁船の所有者又は使用者が漁船の運航に伴う事故によって生じた費用を負担し、又は自己の賠償責任に基づき賠償することによる損害に対して保険金を支払う保険です。
漁船乗組船主保険 漁船の乗組船主(船主であり同時に乗組員である者)が、漁船上において不慮の事故で死亡もしくは行方不明となった場合、又は後遺障害となった場合に一定額の保険金を支払う保険です。
漁船積荷保険 漁船に生じた事故が原因で、漁船に積載した漁獲物や仕込品に生じた損害に対して保険金を支払う保険です。
転載積荷保険 漁船により漁獲され、漁船以外の船舶で漁場から運搬中の漁獲物又はその製品について、流失、損傷等の事故により生じた損害に対して保険金を支払う保険です。
漁船乗組員給与保険 漁船の乗組員が抑留された場合に、その乗組員の給与支払を保障する保険です。(この保険は「漁船乗組員給与保険法」という法律に基づいて行われています)
PB責任保険 5トン未満のプレジャーボートのための賠償責任保険です。プレジャーボートの運行に伴って生じた漁船その他の船舶又はその積荷等への損害や当該船舶又はその乗組員の捜索又は救助に要した費用などに対して保険金を支払う保険です。
 


 以上

日田古代史フォーラム2010~古代九州の謎に挑む

GW-00002古代史フォーラムmk.GIF

日田古代史フォーラムを下記の要領で開催します。昨年から日田古代史シンポジュウム実行委員会を結成し、日田古代史フォーラムを開催すべく頑張ってきました。昨年、九州国立博物館で開催された「古代九州の国宝」展では、展示品のトップに日田から出土した「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡」が展示され、「久津媛と日田の古代を語る会」の提供した「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡」のデジタル復元の画像も一緒に展示されました。

 どうして、日田の地からこのような貴重なものが出土したのでしょうか?日田は、豊臣・徳川の御料地(天領)として栄えてきましたが、それよりも遡ること、古代から九州の中心地だったのでは?天空から九州の地を眺めると、北部九州の主だった平野、北九州、福岡、筑後からの平野の奥まった一点に小さい丸い平野、日田盆地があります。

 その日田盆地の中央を、東から西へ筑紫次郎といわれる大河、筑後川が有明海へと流れています。自然の要塞の中にぽっかりと平野が広がり、大肥川、二串川、小野川、花月川、有田川、玖珠川、大山川、高瀬川、宮田川、串川、小山川などが流れ込み、それらがすべて三隈川に流れ込み、一つの川となり筑後川と名を変えて福岡県との県境を越えます。

 また、筑後平野から見ると日田は「日の昇る」地でもあります。昔の話には、日田は湖であって、その湖に三つの島が浮かんでいたとあり、その水が引いて三つの島が丘として残った。その、三丘を東から日の隈(細線式獣帯鏡出土)、北にあるものを月隈、西にあるを星隈と名づけたとあり、この三丘は現存し、そのすべてに古代の古墳、そして中世の城跡があります。また、星隈の横を流れる三隈川の対岸の石井地区には、隈山と呼ばれる丘があり、ここにも古墳があります。丘の南側には装飾古墳のガランドヤ古墳があります。コチラの隈山が、本来の星隈ではないのかとの説もあります。この隈山の南側の丘陵地には、装飾古墳の穴観音古墳があり、長者原の「原の長者伝説」が残っています。最近出た、児玉圀昭氏の本「鬼の足あと」には、隈についての記述があります。自然の威力、霊的存在を、人間の上(かみ)にある偉大な存在として、「かみ」としての倭言葉をつかったとあり、「かみ」のほかに「おん」「まえ」「くま」を使い、「くま」は、奥まって隠れた場所として「隈」をあてたとあります。

 日の隈の東側には、久津媛(比佐津媛)が住んでいた会所山(よそやま)があります。景行天皇が日田に征伐でなく、行幸した際には、久津媛は神から人の姿に変わり会見したとあります。その会所山の裾の東南には、金銀錯嵌珠龍文鉄鏡の出土したダンワラ古墳があり、その近くには、装飾古墳の法恩寺山古墳群があります。

 また、月隈の北側には、高速道路建設にともなって現れた小迫辻原遺跡があり、吉野ヶ里を凌ぐと言われている環濠集落があり、日本最古の豪族居館跡といわれる遺跡は、1996年10月31日に国の史跡となっています。ここには、旧石器時代から中世までの複合遺跡があります。

 この小迫辻原遺跡の西側には、前方後円墳の朝日天神山古墳群、天満古墳群といわれる県の史跡があり、水晶製の三輪玉が発見されています。

 この遺跡の南側には、弥生文化を受容した吹上遺跡があり、鉄剣、銅か、ゴウホウラ製貝などが出土し、相当の一族が存在した形跡が窺えます。

 日田と言う地名の意味、日は太陽、田は畦などを作り耕作する田で、どちらも神聖な文字とされています。北部九州の奥津城「日田」。「ひたむきに」は「日田向きに」。「ひたかくし」は「日田隠し」ではと、新井信介さんは言っています。 神聖な文字「日」と「田」で表された地域。戦前から考古学者の間で言われてきたことは、「どうしてか分からないが、日田からは貴重な埋蔵物が出土する」不思議な地域だ。だから、金銀錯嵌珠龍文鉄鏡、金錯鉄帯鉤なども出土するのです。邪馬台国・卑弥呼との係わりも当然でしょう。

日田古代史フォーラム2010開催要領

題  目   「古代九州の謎に挑む~日田の鉄鏡がひも解く古代九州の歴史~」


開催日  平成22年2月11日(木)[建国記念日]
時間    午後1:00~4:50
入場料  1000円
場所   パトリアひた(小ホール)(約350席)


主催   日田古代史シンポジウム実行委員会


共催   久津媛と日田の古代を語る会 ・ ゆるっとカフェ


協力   九州国立博物館・日田市教育委員会・梓書院


後援  日田市・日田観光協会・日田商工会議所・日田旅館組合 西日本新聞・大分合同新聞・朝日新聞・毎日新聞・読売新聞 日田KCV・地元新聞・三芳地区振興協議会・日田考古学同好会 ・小迫辻原遺跡研究会

 
協賛 サッポロビール・三和酒類・クンチョウ酒造・老松酒造・ 角の井酒造

  講  師 
安本 美典 氏(文学博士・季刊「邪馬台国」編集責任者。「邪馬台国の会」主宰。)
苅谷 俊介 氏(俳優・日本考古学協会会員)
赤司 善彦 氏(九州国立博物館・展示課長)
河野 一隆 氏(九州国立博物館・文化交流展示室長)

日  程  13:00~13:10 開会・主催者・来賓あいさつ
       13:10~13:40 研究発表 九州国立博物館 河野 一隆 氏
       13:45~14:30 基調講演 安本 美典 氏
       14:40~15:10 対談 登壇者:苅谷 俊介 氏・赤司 善彦 氏
       15:15~16:50 シンポジウム  「鉄鏡の謎と古代版まちづくり」

問い合わせ先 大分県日田市中央1丁目1-11原田ビル1F ゆるっとカフェ(中央市街地まちづくり支援事業)
連絡先 TEL/FAX 0973-24-5133 (相良)

シンポジウム実行委員用掲示板(パスワード)

 

藤井美相 書・墨染  2009.12.26~2010.1.27

2009_09_21 005mk.JPG 2009_09_21 056mk.JPG



古(いにしえ)に誘われて



山辺の道を歩いています


万葉の昔から咲き続けてきた草花が


ゆらゆらと古人の歌声をつたえています


ほんおひととき古人になれるようで・・・


 


藤井美相作品展


湯布院駅アートホール (2009.12.26~2010.1.27)


AM9:00~PM7:00


 


ギャラリーMUNE (2009.12.5~2010.1.27)


AM10:00~PM6:00


 


 



2009_09_21 043mk.JPG アートフォーラム(2010.1.23)19:00~


由布院駅アートホール


ゲストライブ じゃじゃんま


 


2009.9.21...作品展とライブ

 

中野川の桜並木と季節料理の店「花門(かもん)」    2009.4.10

2009_04_10 146mk.JPG 日田市内の桜の花見の最後は、中野川の桜並木です。真っ白な桜、赤みがかった桜、グリーンの葉色が花の白さを引き立てます。
2009_04_10 150mk.JPG
2009_04_10 140mk.JPG
2009_04_10 149mk.JPG
2009_04_10 163mk.JPG
2009_04_10 179mk.JPG 季節料理 味処「花門」の料理を、この桜の下で味わうことが出来ます。緋毛氈の縁台に腰を下ろして・・・・・・・・・・。
2009_04_10 182mk.JPG
2009_04_10 176mk.JPG
2009_04_10 215mk.JPG
2009_04_10 210mk.JPG
2009_04_10 238mk.JPG
2009_04_10 164mk.JPG
2009_04_10 184mk.JPG

吉川よしひろコンサート 2009.4.18 開演

一年間、お休みにしていた「吉川よしひろ」さんのコンサートを、今年の4月18日(土)に、日田市で開催します。会場は、日田祇園山鉾会館です。時間は、19時開演、会場は18:30、駐車場は、会館前と専念寺を用意しています。チケットのいる方は、090-3078-3354(川崎邦輔)まで連絡下さい。入場料前売り 2,000円、当日 2,500円です。

2007年の時の写真集です。こちらは、社会福祉法人を慰問してもらった時の写真です。2006年4月4日のコンサート

ここをクリックすると、YOUTUBUでの演奏が聞けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・

吉川よしひろ (JAZZ CELLIST)




名前:吉川よしひろ
職業:JAZZ CELLIST
出身地:山形県鶴岡市
在米歴:3年

主な経歴:チェロアンサンブル・グループ、ザ・チェロアコースティックスの中心メンバー。NHKFMのJAZZ番組"セッション505"に出演し、全国の方々より大きな反響を呼ぶ。新聞にも大きく掲載され話題となる。これまでに、ファーストアルバム「ザ・ チェロアコースティックス」を含む2枚のアルバムをリリース。

夢:やはりJAZZ CELLO奏者としてオンリー・ワンになりたいと思っています。とにか く演奏を通して自分を表現する中で、CELLOという楽器そのものがこんなに変化をす るものであることを知っていただきたいし、僕の音楽の世界を是非たくさんの方々に 伝えたい。僕のソロパフォーマンスはなかなか口で説明してもわかっていただけないので、直接生演奏を聴いていただき今後も世界レベルでの活動をしていきたいです。 この記事を読んでこういう仕事に携わっていて、僕の音楽に興味をもたれた方、是非 ご一報くだされば幸いです。夢は夢で終わらせるのではなく、絶対にこの夢を実現さ せてみせます! 

公式サイト: www.celloaco.com
問合せ:アトリエダン(関根)atelierdone@chikarajuku.co.jp

新井信介2009年新春国際時事歴史講演会、迫る  2009.01.08

IMG_9205mk.JPG
新井さんの講演会まで、あと一週間です。人集めが大変です。今日は、熊本の人から連絡がありました。新井さんのHPを見られた人でしょう。熊本と日田にも足を運びたいとのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新井信介さんの日程

1月の私の予定です。

1月3日(土) 長野県中野市 農業研修センターで、北信濃 地域のブランド化について講演、主催 NPO法人・長野県ビジネス支援研究所  

090-6318-0822(小林)

 次は、九州シリーズです。  

 1月16日(金) 熊本市ユニバーサルネットワーク24 Tel.0963-700777 

 1月17日(土) 日田市 別府大学日田歴史文研究センター(日田市田島町2-228-5) ヒューマンネットワークひた&六の会 

IMG_9210mmp.JPG
090-3078-3354(川崎) 開催場所は、田島町の永山稲荷神社前、旧学校給食センター横、昔の日田市水道局の跡地です。目印、大原神社のT字路を背にして、市役所側に向かい最初のT字路を左折し、左側です。
 

 1月18日(日) 福岡市六本松 もっこう庵「心を洗う石鹸」グループ 090-9072-9104(江口)


 最後は、首都圏。

 25日(日)東京 です。・・・ こちらは、K2O主催です。

 以下、 ご案内します。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『皆神塾』開催のお知らせ (2009年1月25日) 

場所:東京外国語大学本郷サテライト 

詳細は以下を参照ください。

 主宰者(株K2O)メッセージ:
 ここ1年余りの間、私たちの姿を見つめるために、日本及び東アジアの古代史の掘り起こしをしてまいりました。来年からは、それをベースに、「現在起こっている様々な事象を、過去との連動性の中で分析」していきたいと思います。

"新シリーズ"となります。

日時: 平成21年1月25日(日) 14時~16時            (その後約1時間程度質疑応答)

場所: 「東京外国語大学本郷サテライト」 3階セミナールーム

文京区本郷2-14-10 〒113-0033 TEL&FAX:03-5805-3254
最寄り駅 東京メトロ丸ノ内線: 本郷三丁目駅(M21) 2番出口下車徒歩3分
  都営地下鉄大江戸線: 本郷三丁目駅(E08) 5番出口下車徒歩4分
    JR線:御茶ノ水駅 お茶の水橋口下車徒歩7分

   会費: 3500円

  講演内容:『「太一」・・・日本が世界の中心になる日』

・・・・新井 の メッセージ・・・

  サブプライム問題は、これまでの直線的拡大を第一義とする工業化社会を止めさせ、 虚偽・詐騙という金融資本主義にとって、最大の陥穽を全人類に教えています。

 今、世界の中央銀行はシステム維持の為に新規にマネーを大量発行しようとしますが、どのような事業が今後発展し生命力をもつか、銀行側が判りません。

 私達の経済行為と、美しい生命環境、そして、民族人権問題の穏やかな解決は、いかにして謀れるのか、今、その可能性を世界が探っていますが、実は、日本の歴史の中に鍵があります。

 古代の日本人は、「勾玉」を用いながら、「通貨の悪魔性」を見抜いていました。

 マネーでマネーを追う時、通貨の数字の拡大は、虚の世界のエネルギーを呼び込み、現実では、何も富みも生まず、人間を疲弊させ、常に詐欺が横行しました。

 その点、勾玉は、あくまでも、そこにあった生命の実体と感応する共振装置でした。

 日本列島で、初めて、自らを天皇と名乗り、通貨を作り出したのは、天武ですが、その和風名は、『天渟中原瀛真人(アメノヌナハラオキノマヒト)』です。 

 ここに出てくる「真人」とは道教の最高位ですが、伊勢神宮の最初の祭神も「太一」で、 これは、道教の最高位の悟りを意味しました。

 日本の天皇と、道教はいかなる関係でしょう。道教の創始者、老子は李姓ですが、宇宙と人間界の間のエネルギー調節を行いました。

 実は、「太一」の言葉の裏には、アブラハムからイエスに続く、古代イスラエルの叡知が隠されていました。

 今、世界はそれを求めているのです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 連絡先: 株式会社 K2O 室伏 
(事務所:03-5203-0725 携帯:090-5804-5078 FAX:03-5203-0726)
   E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

 //////////////////////////////////////////////////////
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_9211mmp.JPG新井信介 国際時事歴史セミナーin日田 200..17(土)

テーマ「新生日本、近未来の予測、国際時事~日田の再生へ」

-新春に占う、これからの国際情勢・日本の行方・地方の繁栄は

主催ヒューマンネットワークひた&六の会

サブプライムローンの破綻は、20世紀後半のブレトンウッズ体制を崩壊させ、
金融危機から世界同時不況(大恐慌)へと歩を進めています。
これらの事柄は、資本主義を質的に変換させています。何の実体も生産せず
にマネーだけ掴むことは有り得なくなります。
災害や環境問題を意識した「生存」と、感動をキーワードにした、環境・文化・
ネットワークに新たな事業機会が生まれてきます。
また、日本の中央集権体制が総崩れしようとしています。
'08年11の麻生総理の国土交通省整備局と農水省農政局の廃止の
指示は、中央官庁の地方支配から抜け出て、地方独自の政策作成
が必要となります。
しかし、地方分権の流れのなかで、国家予算の分配を巡って紛糾
混迷が起こります。
明治以来の「国家」の変容です。各地の独自の文化・経済が世界
との繋がりを持ち、富を生みあう時代になります。
そうしたなか、ITの果たす役割が重要となってきます。
今後の世界経済の復興は、途上国の需要喚起と工業化を超えた
文化による感動空間作りから始まります。
日田には、その時の新生日本のお手本になれる条件が揃ってい
ます。
IMG_9213mk.JPG
 
新井氏は、20061028日の講演会の最後に、
「日田の歴史が、表に出てくる時が近づいてきている」と言われ、
私は、2006年12月8日の市議会の一般質問(←クリック)で、
この鏡を取り上げました。
その直後、1224日に文化庁から「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡と
金錯鉄帯鉤」を、東京国立博物館から大宰府九州国立博物館に
移し展示するとの連絡が入りました。
今は、常設展示となり、中国の学者は、「九州博物館の中
「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡と金錯鉄帯鉤」の入ったこのブースが、
一番の価値がある」と、日田市幹部に語りました。
先日、日本・中国・韓国の三カ国会議が、九州国立博物館で
開催されました。
日田の歴史の真実が表に出てくれば、古代の九州の中心地、
「元気な日田」に戻ることが可能になるでしょう。
 講演会では、時事解説と歴史の二部構成で語ります。
  第一部、
  ①中央政権の終焉は、県より市町村の策定力が必要に。
  ②日本企業に対するアジア企業の提携・出資が加速。
  ③江戸時代の金塊流出、梅の花の秘密。
  ④華僑は筑後川の水源日田を再発見する。 
  第二部、
  ①アマテラスの正体。
  ②古代出雲から倭国、応神、仁徳、雄略、継体、太子の正体。
  ③三種の神器の秘密、鏡の王権(エフライム)、日田との係わり、他。
(お正月明けの、国際政治経済状況の変化によっては、
内容が変わることがあります。)

※ 新井信介 (1957年長野県生) 宇治市在住 現在、株式会社K20 取締役、東京外国語大学中国語学科卒業、住友商事北京駐在員・経済協力担当、TV番組制作会社等を経て独立し、中国北京に合弁のマルチメディア事業会社を経営する。中国・アジア問題に詳しく諸雑誌に多数寄稿。ラジオ番組「月下微人」のパーソナリティも務め、中国や世界中の豊富な人脈と、多岐にわたる広く深い経験から、独自の情勢判断をする。古代史から明治維新、第二次世界大戦の隠された裏面史にも詳しく、秘史研究家の肩書きを持つ。

 

※ 中国人脈 1984年から始まった改革・開放政策では、中国国家発展センターの要人と多く交流し、今でも、北京・上海・鄭州、そして華僑に特殊人脈を持ち、日中間の経済一体化のグランドデザイン作りに参画している。2004年からは、アジア統一通貨に向けた、日米中の本格協議が始まっているが、その基礎にあるのは、日本文化の最深部にある「世界性」である。中国のみならず、日本の大和朝廷の成立から、明治維新、戦後までを通じ、これまでの国家権力によって封じられてきたアジアの真実まで言及できる数少ない人物である。著書: 「経済激動超予測」 「金が日本を救う」(徳間書店) 「世界覇権大移動」 「真実の中国」「19972003大予言・大予測」(総合法令出版) 「新東方主義」(新人物往来社) 共著:「対日宣戦教書」(徳間書店)「明治天皇」大鑑(政治経済研究会)連載誌: 「商品先物市場」 「アネモネ」など 他に紫玉庵レポートを全国有識者に配信中

 

日時: 平成21年1月17日(土曜) 開場18:30 開演19:0021:30予定(質問コーナー含む)    

場所: 別府大学日田歴史文化研究センター (旧学校給食センター横 / 大原グランド西側道路沿)  ←クリックすると地図が 

日田市田島2丁目228-5 前売聴講券¥2,500 (当日\3,000円)終了後、講師と秘史に触れる懇親会

主催:ヒューマンネットワークひた&六の会 連絡先 川崎邦輔 Tel.090-3078-3354  Tel.0973-24-3853

Eメール kun@fat.coara.or.jp

 

日田で開催した新井信介講演会のビデオ・DVDを、3,500円(送料別)でお分けできます。)

新井信介2009年新春講演会決定

2008_10_19 445mk.JPG 新井信介氏の講演会を、2009年1月17日(土)に開催します。時間・場所は、追って連絡します。今世界は、不安の中に突入しています。今後の展開は、一体どうなるのでしょうか?自分達の生活を守る為には、真実の情報が必要です。

2009年 世界を占う。新井信介 九州シリーズ

<熊本1月16日>


 テーマ:工業化社会の終り、日本の新時代が始まる

 サブプライム・ローンの破綻は、全世界の資本主義を質的に大変換させました何の実体も生産せずにマネーだけを追って成功を掴むことはもうありえず、災害や環境問題を意識した「生存」と、生きている喜びを実感する「感動」をキーワードに、環境・文化・ネットワークに新たな事業機会が生まれています 日本では中央集権体制が総崩れし、地方は「花鳥風月」を活かすことで独自に復権できますが、そこには、地域の文化と世界中の消費者と繋ぐ、仕掛けが必要で、そこに新しいビジネスがあります。理想・利益・イノチ・魂の「連携」を如何に形にするか、です。 


<日田1月17日>


テーマ:地方の繁栄は、全人類への感動の提供から。p>

 2009年は中央集権が総崩れします。今年年11月、麻生総理が国土交通省の整備局と農水省の農政局の廃止を指示した様に、中央官庁の地方支配がなくなり、地方は独自に発展計画を打ち出す方向が決まりました。
 これは明治以来の「国家」の変容であり、鎖国時代の江戸の幕藩体制よりもさらに遡って、「大化改新」以前の世界に戻ります。各地が独自で、文化・経済で世界と繋がり、富を生みあう時代です。
 世界経済の復興は、途上国の需要喚起と、工業化を越えた文化による感動空間造りから始まります。日田には新生日本の「お手本」に成れる条件が揃っています

 日時 平成21年1月17日(土)


開場18:30 開演19:00~21:00予定(休憩・質問コーナー含む)
場所: 別府大学日田歴史文化研究センター 


    日田市田島2丁目228-5


 (旧学校給食センター横/東部中学校・大原グランド西側道路沿) 
前売聴講券¥2,500円 (当日 3,000円)


終了後、講師と秘史に触れる懇親会(割り勘)


主催:ヒューマンネットワークひた&六の会


連絡先 川崎邦輔


Tel.090-3078-3354 Tel.fax 0973-24-3853 


新井信介ホームページ 「京の風」http://mediacapsule.ne.jp/purplejade/


新井信介講演会ホームページ「川崎邦輔 http://www.k-kawasaki.info/

<福岡1月18日>


テーマ: ITは、「快適現場」を造る人間同士が結ばれて、生きてくる



 2009年は中央集権が壊れ、地方分権の流れとなりますが、国家の予算配分を巡って紛糾・混迷します。しかし情報共有では、ITが子供やお年寄りの世界にも普及し、通販やサークル作りが広がり、さらに、海外からの日本文化に対する関心が急速に高まります。 
 効率を競った工業化で傷ついた心と肉体をどうするか、それには、現実に、心から安らぐ「快適な現場」を作っている人間同士が出会い繋がることで、点の存在から空間へと、そして感動と信頼が生まれていきます。 
 この動きは国境や民族を越え、はお互いを裏切らない人間関係つくりの道具となって、そこにビジネス機会が生まれます。
 「花鳥風月」を味わう感性の「繋がり」が大きな解答を示します。

膝に優しい靴   2008.11.22

2008_11_23 003mk.JPG
 仕事で立ち寄った、玖珠郡九重町のお店でで見た、膝に優しい靴です。おしゃれやさん「ひのまる」の店内にありました。ドクターシューズ「Dr.歩人Ⅰ」です。ひざ、腰の痛さから守る為に開発された靴だそうです。秘密は靴の裏の「ハダシコンダクター」にあります。これが人間本来の自然な歩行を実現します。裸足で歩くような靴は出来ないか?これを実現する為に、日高整形外科病院の医学博士、日高滋紀病院長を中心に医学関係者と医療従事者が5年の歳月をかけて生み出した靴が、このドクターシューズです。
2008_11_23 004mk.JPG
2008_11_23 001mk.JPG
 紐付が18,900円、紐無しが16,800円(税込み)です。お問い合わせ先は、TEL.0973-76-2777です。ひざや腰の痛みに悩んでいる方は、是非試してみては。
2008_11_23 005mk.JPG

新井信介 九州シリーズ・歴史国際時事セミナーin日田 2007.7.20(金)

新井信介 夏季歴史国際時事セミナーin日田 2007.7.20(金)

テーマ「日本史の聖なる系譜~「玉・鏡・剣」と国際時事」
        -歴史の真実を通して見えるものー  主催ヒューマンネットワークひた&六の会

・ 古代縄文ヒスイネットワークの「玉の王権」は、どこに消えたか?
・ 徐福から卑弥呼に誕生した「鏡の王権」と、 ニギハヤヒはどう戦ったか?
・ 倭国誕生後も、 中部以東に存在した、東倭とは何か?
・ 倭国から、いつ、どのようにして、日本国になっていったか?
 聖徳太子・中大兄・大海人の正体
・ 額田王は、女性なのに、なぜ、大王(おおきみ)と呼ばれるのか?
・ 日田から始まった「鏡の王権」は、明治以後、どうなったのか?
・ 伊勢神宮・春日大社・明治神宮は、何を祀っているのか?
・ 古代ユダヤと、天皇は、どのように、連動していくのか?

チョッと贅沢ですが、時間があれば、国際時事問題にも言及して貰いたいと思っています。
テーマ「地球環境時代に、日本は、いかにアジアを取り込むか?」
・世界の迷惑か、希望か? 中国を制するものは、世界を制す。
・自国を自分で制御できない中国政府。
・ドイツのサミット~「CO2を2050までに半減」合意が示す、日本の繁栄
・生命次元で、本当の、大東亜共栄圏がくる。 天皇観が変わる。
・北京オリンピックを乗り越えても、上海万博2010年が大問題の中国。
・朝鮮半島は、統一間近。 アメリカも支援している。  
・日本は、官僚支配を誰が終わらせるのか? 
・地方が独自の税収権限を持つときに、何が起きるか?

 新井氏は、昨年の10月28日講演会の最後に、「日田の歴史が、表に出てくる時が近づいてきている」と言われました。その直後、12月に入って「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡と金錯鉄帯鉤」が、東京の国立博物館から大宰府の九州国立博物館に戻ってきました。
 
また、ローカルですがNHKTVの夕方の番組で、日田の会所宮やダンワラ古墳、そして「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡と金錯鉄帯鉤」の里帰りなどが3回シリーズ(5分間)で、放映されました。
 日田の歴史が、本当の真実が表に出てくれば、昔の元気な日田に戻ることが可能になるでしょう。

日時: 平成19年7月20日(金) 開場18:30 開演19:00~21:30(休憩・質問コーナー含む)   
場所: 別府大学日田歴史文化研究センター (旧学校給食センター横 / 大原グランド西側道路沿)
日田市田島2丁目228-5 前売聴講券¥2,500円 (当日\3,000円)終了後、講師と秘史に触れる懇親会
主催:ヒューマンネットワークひた&六の会 連絡先 川崎邦輔 Tel.090-3078-3354 Tel.0973-24-3853
(新井信介講演会ビデオ・DVD ¥3,000円を販売しています。)


新井信介ホームページ 「京の風」   http://mediacapsule.ne.jp/purplejade/

新井信介講演会ホームページ「川崎邦輔」 http://www.k-kawasaki.info/old/

2007年夏季 新井信介 九州シリーズ講演会日程            

7月19日13:30~ ナチョラルカフェこころん \3,000円  電話092-585-7477 担当:横山

7月21日19:00~ 熊本市 熊本産業文化センター 前売¥3,000円 当日¥3,500円
   いのちの応援団 ㈱ユニバーサルネットワーク24 電話096-370-0777 

続きを読む "新井信介 九州シリーズ・歴史国際時事セミナーin日田 2007.7.20(金)" »

江藤久美展     6月10日~7月1日  2007.6.10

IMG_4098mm.JPG  江藤久美展 
  ギャラリー「風」

平成19年 6月10日~7月1日
      AM10:00~PM6:00
日田市本町10-88 Tel.0973-23-0505
ギャラリー「風」かぜ
LOHASショールーム2F(もち吉日田店斜め前)
江藤久美さんから個展の案内が届きました。
藤原久美さんと江藤久美さんという二つの名前を使い分けながら、創作活動を続けています。

// Content Menu //

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ