今日から大山川ダムフラッシュ放流、水量増加社会実験 2011.09.26.

 IMG_730020110924.jpg IMG_730120110924.jpg

 (画像は2011年9月24日朝・黒岩橋下流)

 

 先日から報道されていた、筑後川上流の大山川ダムの水をフラッシュ放流して河川の状況がどのように変化するか社会実験します。水量が増加すれば汚れは薄まり、水流も早まり水質は見た目には、少し綺麗になるでしょうが、先日の台風の影響による水量増加以降は、川面に浮かぶ「汚れたアワ」の状態が例年通り酷くなっています。

 最初に新聞記事にしてもらったのもこの時期でした。

 http://www.k-kawasaki.info/2007/12/20071212.html

  http://k-kawasaki.seesaa.net/category/3336581-1.html

 

 今回のフラッシュ放流による社会実験・住民が行う景観調査(アンケート)

 放流・調査日

   9月26日 最大毎秒10トン

   9月29日 最大流量20トン 

  10月 3日 最大流量30トン 

  10月 6日 最大流量40トン

 放流のピーク時

 大山川上流エリア 大山川ダム~水辺の郷付近 12:40~14:40

 大山川中流エリア 水辺の郷~千丈橋付近       13:10~15:10

 大山川下流エリア 千丈橋~小渕合流点付近     14:10~16:10

 三隈川エリア  小渕合流点~亀山公園         15:50~17:50

・・・・・・・・・・・・・・・・

 アンケートの内容

 1、水面の幅について広く感じる・やや広く感じる・あまり変わらない  2、水音について大きく感じる・やや大きく感じる・あまり変わらない  3、水の流れ(勢い)について力強く良く感じる・やや勢いを感じる・勢いを感じない  4、瀬の状況について白波が増えて瀬ができた感じ・少し白波が増えた・いつもと感じない  5、川岸のよどみについてよどみが消えた・少し消えた・変わらない  6、川の濁りについていつもより綺麗・いつもと同じ・いつもより濁っている  7、この水量で満足・やや満足・不満  8、この水流を2時間流すことで川がきれいになる効果があると思うか、思う・少し思う・思わない 9、この水量が常時流れるとしたら多すぎる・ちょうど良い・少ない  10、自由意見

 

 意見や感想がありましたら、kun@fat.coara.or.jp までメールをお寄せ下さい。

 

 ひた地球温暖化防止協議会も、今回の社会実験に協力しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

大山川:毎秒10トン以上を時限的に放流 26日から社会実験--日田 /大分

 ◇流量減、水質悪化懸念

 ◇ダムから時限的に 地元交渉打開も

 流量減による水質悪化が懸念される日田市の大山川で今月26日~来年2月に計5回、地元が求める「大山川ダムからの毎秒10トン以上の放流」が各2時間程度実施される。時限的なフラッシュ放流とはいえ、膠着(こうちゃく)状態に陥っている地元と九電などとの交渉に、風穴が開くことが期待される。【楢原義則】

 筑後川水系の「三隈川・大山川河川環境協議会」(会長・平野宗夫九大名誉教授)が5日、市役所であり、社会実験としての実施が決まった。放流は02年3月から従来の3倍増の同4・5トン(夏)になったが、地元は「不十分」としている。

 13回協議した検討会の荒牧軍治座長(佐賀大名誉教授)は、放流について「本来の生態系豊かな川に戻すための科学的、定量的な評価と、よりよい姿の河川環境の資料にするため」と目的を語った。

 具体的には、今月26日(最大放流量毎秒10トン)▽同29日(20トン)▽10月3日(30トン)▽同6日(40トン)。アユの餌環境の向上、河床堆積(たいせき)物の洗い流し、河川景観の変化、底生生物の生息環境改善などを調べる。また、アユの稚魚放流前の来年2月下旬ごろ、河床清掃のため同様に実施(放流量は未定)し、12年度も続ける。

 協議会ではこれに先立ち、流量増について九電が「効果把握の調査にはできる範囲で応じるが、(流量減に伴う発電の)数億円の損失になる提案をすぐに『はい』とは言えない」との認識を示した。地元側委員の森和恒・大山水環境アスリート理事長は「フラッシュ放流は一過程にすぎず、最終目標は10トンの清流復活」とクギを刺した。

昭和28年6月、日田は大水害 2011.06.16.

 インターネット協議会メンバーのメールを開いていたら、三隈川のサイレンが鳴り出しました。昨夜からの雨で川の水が増水しているのでしょう。それに合わせるように、メールの中身は、昭和28年の大水害のこと。画像添付http://www.lib.kyushu-u.ac.jp/hp_db_f/suigai/ooita/ooita.html 私の誕生日は、昭和28年3月ですから、まだ0歳児です。記憶はありませんが父が写した写真が残っています。当時、私は丸山町の日田営林署の近くの営林署官舎に住んでいました。

 日田の大水害と言えば、隈町の佐藤定先生の自宅を訪れると、アトリエで奥さんと一緒に、大水害時の話を良くしてくれました。先生の自宅は、三隈川が分岐する庄手川のすぐ横にあり、朝方になって前日からの雨足が弱くなり、自宅から見る三隈川の水位も下がってきたので学校へ行こうとしたところ、川の反対側、市道のある玄関側の方から水が浸入してきて、あっという間に家が床上浸水したそうです。竹田公園付近の堤防が決壊し、そこから川の水が浸入し、後川原(うらごうら)という大字名が付いた昔の低地である河床あとを通って浸水したそうです。昔の字(あざ)名は、貴重な歴史を伝えてくれます。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C28%E5%B9%B4%E8%A5%BF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B0%B4%E5%AE%B3

・西日本大水害・・・・http://www.lib.kyushu-u.ac.jp/hp_db_f/suigai/

・筑後川の三大水害・・・・http://mizunotomo.net/suigai/suigai.html

 

 

朝霧のなかを散歩  2011.01.08

2011.01.07. 039mk.JPG 今朝は、朝霧のなかを散歩。中ノ島から見ると対岸の旅館街が霧で霞んで見えます。東に見えるはずの銭渕橋は、全く霧の中で見えません。それでも寒が凄く、緑橋では霜が降って白くなっています。こんな霧の日は、晴れることになっていますが、ようやく8時8分頃に、霧のなかから太陽が顔を出してきました。こんな日でも、川面には、いつものようにしっかりと泡・浮遊物が浮いています。

2011.01.07. 041mk.JPG2011.01.07. 049mk.JPG
2011.01.07. 066mk.JPG
2011.01.07. 067mk.JPG
2011.01.07. 082mk.JPG
2011.01.07. 061mkn.JPG
2011.01.07. 056mk.JPG
2011.01.07. 053mk.JPG

寒い朝、異常気象にリンク  2011.01.07.

2011.01.07. 013mk.JPG 寒い朝です。葉っぱについていた水滴が凍っています。南天の葉っぱを傾けても、凍った水滴は落ちません。昨年の真夏の暑さが嘘のようです。地球は温暖化に進んでいるのか、寒冷化に進んでいるのか分かりません。世界の各地で異常気象が起こっています。世界の異常気象(南米で異常寒波)・・・http://blog.goo.ne.jp/konsaruseijin/e/cc309e067d8ecc927eb5afd179a86d37 

・環境レポート・・・http://www.chikyumura.org/environmental/report/2011/01/01133314.html

・ラニーニャの影響は・・・http://www.epochtimes.jp/jp/2010/05/html/d71098.html

・異常気象(NASA発表 チリ大地震で一日の長さが短縮)・・・http://blog.goo.ne.jp/konsaruseijin/e/f4eff3bdfbdfc55f8bbf7a6dd19e1d96

・世界の気候危機インデックス・・・http://daily-ondanka.com/report/world_18.html

 

2011.01.07. 012mkm.JPG2011.01.07. 009mk.JPG

風で泡が吹き寄せられ  2011.01.06.AM7:45

2011.01.07. 034mk.JPG 川面に浮かぶのは、雪ではありません。いつもの川面に浮かぶ泡です。風が強いせいで、泡が一部吹き寄せられています。しかし、今朝の泡は、いつもよりも酷く、川面を覆うようにして流れています。オイルフェンスを設置していたら、相当の量の泡が溜まっていたことでしょう。正月が明けて、市民の活動が開始されたからでしょうか?
2011.01.07. 033mk.JPG2011.01.07. 035mk.JPG

川面に泡が  2011.01.05.

2011.01.07. 004mk.JPG 三隈大橋下のオイルフェンスを外しているため、以前のように川面に泡が浮いて流れています。未だに、その確固たる原因は掴めていませんが、日田市以外の川でも同様の物を見ることが出来ます。中国に比べれば、まだまだ綺麗なほうなのでしょうが。

元旦の雪景色  2011.01.01.

2011.01.01. 006mk.JPG
2011.01.01. 013mk.JPG2011.01.01. 016mk.JPG
2011.01.01. 018mk.JPG
2011.01.01. 029mk.JPG
2011.01.01. 026mk.JPG
2011.01.01. 043mk.JPG
2011.01.01. 046mk.JPG
2011.01.01. 059mk.JPG
mk.JPG
2011.01.01. 067mk.JPG
2011.01.01. 070mk.JPG

大晦日の散歩 2010.12.31.

2010.12.31. 025mk.JPG 大晦日に積雪です。まだ誰も歩いていない雪道に、自分の足跡をつけて歩くのは気持ちの良いものです。今年最後の散歩です。
2010.12.31. 029mk.JPG2010.12.31. 036mk.JPG
2010.12.31. 057mk.JPG
2010.12.31. 037mk.JPG
2010.12.31. 039mk.JPG

昨日よりも酷い状態に 2010.11.13.

2010.11.13. 017mk.JPG 三隈大橋直下のオイルフェンス。当然でしょうが、一日経過すると状態が酷くなります。特に今朝は、泡の質と量が酷い状態です。皆さんも一度、足を運んで見て下さい。川を大事にしましょう!

動画で・・・http://ku-kawasaki.seesaa.net/article/169784360.html?1290035950

三隈川にオイルフェンス設置 2010.11.12.

   日田市の中央を流れる三隈川に架かる三隈大橋の下の川面に、オイルフェンスが張られました。日田市の事業で、今年2回目の設置です。何度も市議会で取り上げてやっと設置されるようになりました。日田の恥部を曝け出すのは、日田のイメージダウンにつながるので、この事業を疑問視する議員もいますが、まずは認識することからです。どれだけの水質汚染が進んでいるのかしっかりと認める必要があります。ここを流れる水は、筑後川流域の上水道に利用されています。また、上流域の水は、遠く福岡市水道事業団にも送られている貴重な水です。生きるために必要な水です。水を供給する水源林の涵養も、本来は国交省の積極的な関わりが必要ではないでしょうか。

 10日には、国交省筑後川工事事務所を訪ねて、未整備の堤防の(三隈川左岸71km・72km付近)の整備、消火活動に必要な階段の設置、日田市土地開発公社に接する護岸寺付近の不法投棄物の撤去、淀みの清掃などを要望しました。

 河川水質の改善については、毎年意見を述べていますが進展がありません。やっと今回のオイルフェンス設置です。水郷の名前に相応しい川にして欲しいものです。日田市長は、天領日田の呼称を、意図的に水郷日田と変えてしまいましたが、他市の方が言っていました。水郷の地は何処にでもあるが天領地は僅かである。その呼称を使わないのは如何なものかと。まだまだ、水郷と呼ぶに値しない水質です。

http://ku-kawasaki.seesaa.net/article/169184608.html?1289567163

2010.11.12. 073mk.JPG
2010.11.12. 074mk.JPG2010.11.12. 077mk.JPG

2010.11.12. 075mk.JPG

2010.11.12. 076mk.JPG

 

// Content Menu //

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ