日本の歴史を振り返ろう。

るいネットからの引用です。

鎖国の江戸時代にあって素晴らしい社会を築いていた日本。

日本良さを見直す時期に来ています。

~~~~

 日本が発展しはじめたのは明治維新からで、その前の江戸時代はまったく遅れていたと、多くの日本人が考えているが、江戸時代の日本には「世界一」がたくさんあった。
大川半左衛門著『~子供たちに伝えたい~誇れ!世界の奇跡、日本』リンクが、ロシア政治経済ジャーナルリンクに、紹介されています。

~~~~~~~~~~~~(以下、引用)~~~~~~~~~~~~
▼世界一の大都市・江戸

江戸時代のころ、もっとも発展していたのは、欧州です。
当時、ロンドンやパリの人口は、約40万人でした。
さて、このとき、江戸の人口はどれくらいだったのでしょう?
答えは・・・。
100万人。
なんと、江戸は、ロンドンやパリの2.5倍の人口を抱える巨大都市だったのです。
そして、100万人を養う体制が、きちんと整備されていました。

<人々が便利で快適に暮らせるために幕府は努力しました。
まずは飲み水です。
水がなくては生きていけません。
幕府は生活用水を確保するために多摩川から水を引きました。
玉川上水と言います。
長さ四十キロメートルあります。
これを江戸の街の中に通しました。>
(誇れ!世界の奇跡、日本  39p)

水があっても、100万人分の食料が必要です。
これはどうしていたのでしょうか?
米は腐らないので、全国から集められていました。
しかし、腐る野菜は?

<江戸の周りの農家が、野菜を生産し提供していました。
これも高い農業技術を持っていたからできたことです。
また、生産したものが、人々に行きわたる仕組みも整っていたのです。>
(同上 40p)
しかも、江戸には、世界の大都市にはたいていどこにでもあるスラム街がなかったのだそうです。

▼平和な江戸時代

私たちは、江戸時代の欧州について、「世界一進んだ地域」と考えています。
そして、その通りの点もあるでしょう。
だって、欧州列強は、世界のほとんどを植民地化するパワーをもっていたのですから。
しかし、当時の欧州は、「戦争ばかりしていた野蛮な国々」ともいえそうです。
で、日本にも誇れる点があります。
そう、「長い平和」。

<戦国時代が終わり、徳川家康が江戸幕府を開いてから国内では戦がなくなりました。
二百二十年間です。
この記録は世界の歴史の中でもいちばん長い記録です。>
(同上40p)

すごいですね~。
徳川幕府により戦がなくなると、どんどん治安がよくなっていきました。

<戦がなく世の中が安定してくると、当然、犯罪も少なくなります。
そうなれば、安心して旅に出ることができました。
松尾芭蕉はあれだけ長いこと旅をしたにもかかわらず、一度も盗賊にあわなかったのです。
海外では考えられないことです。>(同上42p)

▼清潔だった江戸時代の日本

江戸時代の終わりころ、日本に来た外国人の多くが、あまりの清潔さに驚いたそうです。
日本人は、毎日掃除をする、ちょくちょく洗濯する、風呂に入る。
なんだか「当たり前じゃん」という感じですが、欧州はそうではなかったのですね。

<一方、ロンドンや花の都パリはどうでしょう。
当時の人たちは、おまるに用を足していました。
桶のような物です。
普通はそれを川に捨てて流していたのです。
しかし、ふとどき者になると川まで行って捨てるのがめんどうなので、道端に捨てました。
だから、道路にはいつもうんこが落ちていたのです。>
(同上 47p)

うぎゃあ~~~~!
皆さん、うんこだらけの道を想像してしまいましたね?
人々も大変ですわ。

<通行するレディーはたいへん。
うんこを踏んでも足が汚れないように、ハイヒールをはきました。
時には、二階からうんこが降ってくることもあるので、つばの広い帽子をかぶりました。
ジェントルマンは、ステッキ持って、レディーのために、うんこをどかしてあげたのです。>
(同上47p)

ジェントルマンになるのも大変ですね。
このように江戸時代の日本は、おそらく世界一清潔な国でした。
では、なぜ清潔だったのでしょうか?

<昔から日本人は、どんなところにも神様がいらっしゃるという考えを持っていました。
山にも川にも、台所にも、便所にも、いたるところにです。
きれいにすれば、当然、神様が喜びます。>
(同上48p)
なるほど~。
日本人は神様に喜んでいただこうと、せっせと掃除に励んだのですね。

▼世界一の教育水準

これも幕末に来た外国人の話。
彼らは、日本の教育水準の高さに驚愕しました。
武士ばかりか、一般市民も、女性も子供も、ほとんど「読み書き」できる。
では、欧州では?

<このころロンドンの識字率は二十%。
パリは10%以下だったそうです。
それに対して、江戸はどのくらいだったと思いますか。
なんと、七十%以上だったそうです。
つまり、ロンドンでは十人中二人しか字を読める人がいなかったけれど、江戸では十人中七人以上字が読めたのです。>
(同上 49p)

明治維新後、日本は奇跡の成長を成し遂げました。
そして非白人で唯一の近代国家をつくりあげた。
植民地化をまぬがれた。
日清戦争、日露戦争、第1次大戦に連戦連勝した。
これらは、結局「もともと江戸時代に十分な成長の基盤が築かれていたから」できたことなのでしょう。

▼誇れ!、世界の奇跡、ニッポン

今回は、大川先生の本から「江戸時代」の部分をご紹介させていただきました。
しかし、この本には他にも
・天皇陛下
・歴史を変えた日露戦争、大東亜戦争
・武士道
・モノづくりと日本人
・恵まれた自然
と日本人が自国を誇ることができる話が満載。
この本を読めば、「自虐史観」から自然と脱却できることでしょう。

ちなみに大川先生は、小学校の先生です。
そのため、非常に読みやすくまとまった本に仕上がっています。
闘病されながら、日本のために、日本の未来のためにこの本を執筆された大川先生。
日本を愛するすべての人の読んでいただきたい本です。
~~~~~~~~~~~~(引用おわり)~~~~~~~~~~~~

お転婆、モコちゃん

 
チリ~ン、ッチリ~ンと
モコちゃんの鈴の音が
「モコ」と呼ぶと
「ニャ~オ」の返事

足元を探していたら
頭の上でした。
 
写真: チリ~ン、ッチリ~ンと
モコちゃんの鈴の音が
「モコ」と呼ぶと
「ニャ~オ」の返事

足元を探していたら
頭の上でした。

アサヒナカワトンボ初見

 
アサヒナカワトンボとフリージア
早すぎる初見です。

2013.4.11.携帯電話で撮影
-- 場所: 日田市竹田新町 竹田公園 (写真4枚)
 
写真: フリージアの花がいつ咲くかと思っていたら
開花と同時にイトトンボが
写真: 羽化したばかりでしょうか?
写真: 暖かくなったので出てきましたが
少し寒いようで
どうしましょう

てんとう虫街道を散歩

 
てんとう虫街道 (写真10枚)
 
私が名付けた「てんとう虫街道」、
一般国210号線沿いの草むらにてんとう虫を多く見ることができます。
他の昆虫たちも。
 
写真: スコーピオン・フライ(英名)
写真: 何処にでもいる、ナナホシテントウムシさん
写真
写真: カメノコテントウムシを見つけました。

クッキングパパに日田のことが

 
喫茶店でコーヒーを飲んでいると、
ママさんが「川崎さん、これ読んでみて!」と差し出したコミック雑誌。
 
「日田のことが載ってるの!」と。
お~ぉ、「クッキングパパ」に、見知ったお店と店主が登場しています。
弥助寿司さん、春光園さん、亀山ホテルさん、洋酒館の甲子郎君まで出てます。
前号も日田の豆田町のお店が登場していたそうです。

 これで、少しでも日田のことが話題になれば( ・∀・) イイネ!
 
写真
写真
写真

クッキングパパに日田のお店が登場(前編)

 
 
コミック雑誌の「モーニング」に連載している
「クッキングパパ」に日田が登場。
 
すでに後編はFBで紹介しましたが、
前編は見ていなかったところ、
私の姿を見かけて観光協会長さんが
日田天領資料館までコミック誌を持ってきてくれました。
 
写真
 
写真
写真: クッキングパパ
写真: ひな祭りはここから始まった。草野本家の雛人形、町づくりのメンバーが3年かかって雛人形の公開を依頼しました。その甲斐あって、豆田の町に賑わいが戻りました。

モコとチャコ

お腹が空いて戻ってきたチャコちゃん
夕食を済ますとまた外へ

チャコちゃんに続いて
モコちゃんもご帰還

ご褒美のマグロゼリー

 
モコちゃん、お疲れ様でした。
ご褒美に大好物の
マグロゼリーですよ!
(#^.^#)
 
写真: モコちゃん、お疲れ様でした。
ご褒美に大好物の
マグロゼリーですよ!(#^.^#)

前を見て、左見て、右見て、右斜め上見て、右見て

 
 
モコちゃんが寄ってきました。
お座りして、いつものポーズ。
前を見て、左見て、右見て、右斜め上見て、右見て、・・・・・・・・。
じっとしてカメラに収まるのはモコちゃんだけです。
 
写真
写真: このへんでいいかニャ
写真: お座りして、これでいいかニャ
写真: 左に

ブログ3000本目の記事は「梅の蕾」ラジオ文芸館

今回でブログへの投稿が3000本目になりました。

 ・・・・・・・・・・・

土曜日の朝の散歩の楽しみは、
NHKラジオのラジオ文芸館。
今日も最後に涙が溢れました。

2011年7月16日のアンコール放送
... 吉村昭:作「梅の蕾」
岩手県のリアス式海岸の風光明媚な入江が連なる三陸海岸の過疎の村。
村長の悩みは、医師が不在の村営診療所。
以前の医師は、体調不良を理由に余り診療もせずに辞めていき、
その次の医師も赴任早々に体調を壊したと辞めて無医村状態に。
5000人足らずの村は夏の観光と漁業、冬は雪に閉ざされ陸の孤島に。
そんな村に、医師が来てくれる筈も無く、
手を尽くして医師探しを。
そんな時、村の観光課から耳寄り情報。
村の診療所の医師募集について聞いてきた医師がいると。
調べてみると千葉県の有名な癌センターの勤務医であるとのこと。
無理は承知で村の資料などを用意して面会に。
村を見てもらおうとするが、すでにその医師は密かに村を視察していた。
村の人に案内してもらうと後で断ることができないと。
問題は医師の妻、子どもがいてその教育問題がネックだと。
その後、その医師からは何の連絡もなく
雪に閉ざされる冬が来て
やはり無理かと医師との連絡も取らず諦めていた春になる頃、
その医師から電話が
「子どもは新学期の方がいいから4月から赴任したい。
家具を送るので家に入れていて欲しい」と。

待ちに待った医師の家族が、梅の咲く頃タクシーで村にやってきました。
長身の身だしなみの整った紳士と、少しふっくらとした愛らしい妻に利発そうな息子。
直ぐに診療を開始し、的確に医療指示を出す医師の様子が看護師から入り、親切な医師の対応に村人も喜ぶ声が村長の耳にも入ってきます。
村長の気になるのは、医師の家族の妻と子どもの存在。
子どもは、直ぐに村の子ども達と打ち解け、成績も群を抜いて優秀とのこと。
医師の妻の唯一の趣味は、野草の採取。
村のお婆さんから案内されて山に入り、野草を採取しては庭に。
そのうち村の人たちとの交流の輪が広がり、
妻の洗濯の手伝いや料理を作る手伝いに家を訪れるおばあさん達もふえます。
妻の楽しみは、新刊書を取り寄せて読むこと。
そのうちに家に遊びにやって来る村人たちに
本を読み聞かせて読書を進めます。

医師の方も村の患者を大学病院や大きな病院に紹介し、その患者の手術に立ち会うことも。
その医師の妻に持病があることが分かり
3ヶ月に一度、夫が付き添い千葉の病院へ定期検診に。

ある時、医師が一人で帰ってきます。
病状が悪化し千葉の癌センターに入院することに。

東京で全国町村長会の理事会がある度にお見舞いに。
村に来た頃のふっくらとした顔はなく、痩せた顔に。

村長が東京である町村長会の理事会に出張中、
収入役から連絡が入り医師の妻が死亡したと。
葬儀は、千葉の妻の実家で行うと。

村長は、助役に喪服を持ってくるように指示を出し、
ホテルで弔辞を書く紙をもらって筆を取ると
「梅の蕾が」とすぐ冒頭の言葉が頭に浮かびました。

村から喪服を持ってきた収入役と葬儀のある妻の実家に。
挨拶を済ませ外で葬儀の始まるのを待っていると
乗用車と6台のバスがやってきます。
バスのナンバープレートを見ると岩手ナンバーです。

顔見知りの村民がバスから降りてきて
村長と目を交わしながら
医師の妻との最後の別れに家に無言で入っていきます。

葬儀が始まり村長が弔辞を読みに祭壇へ進み
「梅の蕾が」と読み出したところで涙が溢れてきて
あとの声が出ません。
同席していた村人からもむせび泣くが広がって。

葬儀が終わり日が経っても診療所に医師は戻ってきません。
ガンの末期を迎えた妻のために
妻の唯一の趣味である野草採取のためにこの村を選んだのか
などとの思いが頭をよぎります。
20日が過ぎた頃、役場にタクシーが。
医師が降りてきて村長室へ。

出迎えた村長はソファーへ案内し
「この度は、・・・・・」
医師が
「長い間、ご迷惑をかけました」
「妻の骨を菩提寺に収めてきました。
子どものこともあるし私一人では面倒ができないし」
「そうでしょうね」と尊重も相槌を打ちます。
「そうしたら、妻の実家の方が子どもの面倒を見てくれるということになりまして
今度は、単身赴任でお世話になります」

「それでは、診療所を続けて頂けるんですか?」

「はい、友人たちが心配して千葉や東京の病院を紹介してくれましたが
葬儀にあんなに大勢の村の人たちが参列してくれて辞めるわけには
「梅の花が満開になりましたね。診療所まで送って頂けますか?」

「お~い、観光課長!先生が帰ってきてくれたぞ、診療所まで車で送ってくれ」

・・・・・・・・・・
人と人との繋がり、絆
この村も津波に襲われました。
今、どうなっているでしょうか?
今朝も梅の香りに包まれての散歩
「梅の蕾」ラジオ文芸館でした。
・・・・・・・・・・・
もっと見る

// Content Menu //

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
My Yahoo!に追加

アーカイブ