日田高校校長が急死  2011.06.02.

 2日の早朝、市内の病院で日田高校の富松為一郎校長が急逝いたしました。急性心筋梗塞とのことで、男子生徒の転落死のことで心労があったのでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

 息子二人と家内が日田高校卒業、私も日田高校のPTA会長を務めていた関係で特別の思い入れがありますが、重なる不幸には言葉がありません。生徒の事が気になります。

 

校長、原因究明を強調/日田高校生徒転落死

2011年05月24日 (朝日新聞から転載)

 23日に1年の男子生徒(16)が校舎から転落死する悲劇が起きた県立日田高校。同日夕、冨松為一郎校長らが記者会見を開き、「学校でこういうことが起きてしまい大変申し訳ない」と陳謝した。思い当たる節もなく、学校としても原因を究明していく方針だと強調した。生徒や保護者の間にも動揺が走った。

 午後6時から記者会見を開いた同校長らによると、生徒はこの春に入学したばかり。まじめで、「部活動も勉強も頑張っていた」といい、遅刻や早退もなく、いじめなどの報告もなかったという。

 事故が起きたのは2時限目と3時限目の間の休み時間で、クラスメートたちは家庭科の授業のため調理室に移動していた。別のクラスの生徒が教室に男子生徒が1人ぽつんと残っているのを見かけたという。救急隊の到着を待つ間、生徒が外を見ないよう、1階の教室のカーテンは閉められていた。冨松校長は「ショックで、大変申し訳ない。ほかの生徒にどう伝えていいのかまだ分からない」と沈痛な表情で語った。

 生徒らによると、転落した生徒が発見された時、校内は騒然となり、泣いている女子生徒もいたという。別のクラスの1年の男子生徒は「クラスが違うのであまり知らないが、あまり目立つ方ではなかったと思う」と言葉少なだった。

 同校はこの日、午後からの授業を中止した。生徒たちは硬い表情のまま足早に下校した。PTAの役員は夜、学校に集まり今後の対応を話し合った。(山中由睦、後藤たづ子)

いかわ たいき ~市政への思い~ なぜ今福祉か?

いかわ たいき ~市政への思い~ なぜ今福祉か?

・・・・・経歴・・・・・

1982年誕生  1985年日田市立光岡小学校卒業  

1998年日田市立三隈中学校卒業

2001年大分県立日田高等学校卒業  

2005年日本大学工学部卒業 

2007年レオパレス21シルバー事業部配属  

現在  28歳

・・・・・市政に勢いを!・・・・・・・

誰もが共に歩ける街へ  28歳の挑戦

日田市には、特養(特別養護老人ホーム)の入居待機者が、約300人もいることをご存知でしょうか。

日田市は高齢者の人口が多く、5、6年で市民の3割を超えるとされています。

それに対して、高齢者を支える人材は不足しています。

障がい者政策にも問題があります。健常者は隔たりが無いと考えていても、障がい者自身は差別や特別視を感じているというのが現実です。

私はこれらの問題を是正するために、3つの方針を市政に掲げます。

1、福祉事業の見直し

  施設入居待機者の削減や、今後増え続ける高齢者者に対して十分な介護施策を実施すること、さらに施設の増設   

 を提言します。

2、福祉関係者の育成促進

  福祉従事者の増加と育成推進を目指し、その社会的地位の向上のために活動します。

3、ボランティアの推進

  教育を通じての高齢者・障がい者の触れ合いの場を今以上に増やし、福祉に対する意識向上のため、ボランティア参加の促進や道徳教育の強化を目指します。

・・・・・・・・・・

 高齢者・障がい者との相互理解が深まり、触れ合いや声かけ"あい"助け"あい"が増えるいけば、"愛"の溢れる街になり、自然と皆が福祉に興味を持ち、社会的地位も上がります。

 それが私の考える「誰もが共に歩ける社会=ノーマライゼーション」です。

「誰もが共に歩ける社会=ノーマライゼーション」

・ノーマライゼーションとは、障がい者や高齢者が社会の中で、他の人々と同じように生活する社会を理想とする考え方、またそれを促進する運動のことです。

・・・・・・・・・・・・・

 いかわ  たいき  の日記 http://blog.goo.ne.jp/taiki2011

 twitter ・・・   http://twitter.com/#!/ikawataiki/following 

関連リンク先・・・http://k-kawakaki02.seesaa.net/article/195927087.html

関連リンク先・・・http://ku-kawasaki.seesaa.net/article/195928386.html

関連リンク先・・・http://www.k-kawasaki.info/2011/04/-20110414.html

高次脳機能障がい支援サイト(鳥取県)・・・http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=121743

高次脳機能障がい・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%AC%A1%E8%84%B3%E6%A9%9F%E8%83%BD%E9%9A%9C%E5%AE%B3

 

 

 

居川 太城 (いかわ たいき)君を紹介します 2011.04.14

若い、居川  太城  (いかわ  たいき)  君を紹介します。

彼の父親は、既に病気で故人となっていますが、

私の卒業した三隈中学校の後輩になります。

当然彼も、私の三隈中学校の後輩です。

3月に彼と会って色々と話をしました。

日田市議会議議員4期目の私は、

今期かぎりで日田市議会を去りますが、

若い人のチャレンジに声援を送りたいと思います。

私の4期16年間で果たせなかった思いを、

彼に託したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

私は、今度の選挙で市政にチャレンジを考えている

いかわ たいき」と申します。

私が市政に関心を持ち出したのは、

兄と祖母の事を通じてです。
私には、兄がいますが障がい者です。

私が3歳の時に交通事故に遭い、脳に障がいを持ち、

いわゆる「高次脳機能障がい」と認定されます。

高次脳機能障がいとは...交通事故や頭部のけが、

脳卒中などで脳が部分的に損傷を受けたため、

言語や記憶、行動などに障がいが起きた状態を言います。


そのため通常の生活を送れなくなり養護学校へと転入しました。

私は小学校の頃、兄が障がい者という理由だけでイジメに遭っていました。

しかし今、障がい者の兄と向き合ってみると

同様の悩みや体験を抱えている方が全国に多くいる事が解りました。

次に祖母ですが、両親が兄の世話をしなければいけないため,

祖母に幼少期は育てられました。

そんな祖母も私が高校生の時に,

朝、学校に行くために外に出ようとしたら、

祖母は玄関で倒れてしまい、その後亡くなりました。

高齢者においては近年、

「孤独死」が取り正されている中、

日田市でも老夫婦世帯が増えており、

「もし私が倒れている祖母を見つけなかったら・・・」と思うと

他人事として受け取る事ができませんでした。

現実に祖母が亡くなった後、

近所に住む老夫婦が孤独死をした事件も起こり、

高齢者に対する関心も抱くようになりました。


私が市政に感じた所、

今の議会は市民のためではなく、

「自分のため、地元の地区の利益のため」だけに

やっている印象が見受けられます。

しかし、私はこのような実体験を

市民代表の声として市政に届けたい!

同じような環境の人を救いたい!

さらに、今後も複雑化していく福祉の問題について、

行政と協力できるような環境組織づくりをしたいと

強く願うようになりました。


28歳と若輩者ですが、

若さと勢いで頑張らせていただきます。

・・・・・・・・

いかわ  たいき  の日記 http://blog.goo.ne.jp/taiki2011

 twitter ・・・   http://twitter.com/#!/ikawataiki/following 

TEL: 090-2393-3000

FAX: 0973-22-4404

メール:taiki2011@gmail.com

関連リンク先・・・http://k-kawakaki02.seesaa.net/article/195927087.html

関連リンク先・・・http://ku-kawasaki.seesaa.net/article/195928386.html

関連リンク先・・・http://www.k-kawasaki.info/2011/04/-20110414.html

高次脳機能障がい支援サイト(鳥取県)・・・http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=121743

高次脳機能障がい・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%AC%A1%E8%84%B3%E6%A9%9F%E8%83%BD%E9%9A%9C%E5%AE%B3

 

 



 

受験生を抱える親御さんへ 2008.9.14

2008.9.11・朝の散歩 029mk.JPG

久し振りのメールです。

受験生を抱える親御さんへ、川田達矢さんからのアドバイス

勉強を監視していませんか。

勉強のできる環境を作るのは、親の責任。

子供を二人、大学へ送ってみてよく分かります。

彼の言うとおりだと思います。

 

 

第52回九州地区高等学校PTA連合会大会「豊の国チャレンジ大分大会」本番

IMG_8937mk.JPG
 6月20日、今日は、第52回九州地区高等学校PTA連合会大会「豊の国チャレンジ大分大会」の本番です。

 朝から凄い雨です。昨日よりも激しくふっています。車で会場まで行きましたが、別府の町は坂が多く、雨水の溝から水が吹き上げていました。こんな雨の中、別府杵築地区のPTA会員さんは、車の誘導です。合羽を着ていないとずぶ濡れです。皆さん、ご苦労さんです。 頭が下がります。IMG_8939mk.JPG

IMG_8936mk.JPG
 今日の大会副実行委員長としての仕事は、先ず第一分科会「青少年の健全育成とPTA活動」の記録係と、開会式、閉会式での着座です。そして、この仕事が、私のPTA活動の最後の仕事となりました。

IMG_9026mk.JPG
 開会式では、まず功労者表彰式をやり、会長挨拶、来賓挨拶と続きます。来賓には、広瀬県知事も駆けつけましたが、大分県教育長の姿は、見かけることが出来ませんでした。先の教職員採用試験に絡む不正事件があり、このために公の席には出席できません。昨日の歓迎レセプションにも欠席でした。巷では、氷山の一角との多くの声が上がっています。当然でしょう。

 
 
IMG_8945mk.JPG
 
   今大会の講演会は、大阪大学人間科学研究学科教授 小野田正利氏でした。緑のポロシャツ姿で自らの手作りの資料を張り付けながら、パワフルに示唆に富む沢山の話が聞けました。型破りな教授でした。
IMG_9031mk.JPG
 

 閉会式では、大分高P連高橋正夫会長から次期開催県である熊本高P連会長に、九州高校PTA連合会の旗が引き渡されました。ステージ上には、会場内の熊本県PTA会員が沢山上がり、しっかりアピールしていました。
IMG_9047mk.JPGIMG_9050mk.JPG

第52回九州地区高等学校PTA連合会大会「豊の国チャレンジ大分大会」

IMG_8898mk.JPG 19日、大雨洪水警報・土砂災害注意報が流れる中、午後から高速道路で別府市に向かいました。久大本線は土砂崩れで不通でしたが、高速道路は順調に流れていました。途中の由布岳が見えるところからいつものように霧が出ていましたが、走行は大丈夫でした。 
 今日から、第52回九州地区高等学校PTA連合会大会「豊の国チャレンジ大分大会」が、二日間に亘り別府市のビーコンプラザで開催されます。先月の総会まで大分県高P連副会長を努めていたので、大会副実行委員長としての参加です。 チェックインしたホテルで実行委員のユニフォームのポロシャツに着替えて、タクシーで会場のビーコンへ向かいました。 明日の大会本番に備えての打ち合わせ会議と、各県連役員への歓迎レセプションに参加する為です。
 会場では雨の中、赤いスタッフポロシャツを着た別府杵築地区のPTA会員さんが車両の誘導を、会場内では白いスタッフポロシャツを着たPTA会員さんが忙しそうに頑張っていました。
 レセプションでは、日田市内の日田三隈高校ギターマンドリンクラブの演奏が流れる中、参加者が会場に足を運びました。また、会のなかでは、アトラクションで豊前中津黒田武士顕彰会と三重農業高校PTA太鼓クラブが登場し会を盛り上げました。 三重農業高校は、高校再編で三重総合高校となったために今回の舞台が、三重農業高校PTA太鼓の最後の舞台になりました。 (アトラクションの様子は、別のブログで紹介します。)←クリック
IMG_8897mk.JPG  IMG_8905mk.JPG 
 IMG_8908mk.JPG  IMG_8933mk.JPG

大分県高等学校PTA連合会総会 2008.5.30

IMG_8071mk.JPG
 30日、トキハ会館で大分県高等学校PTA連合会総会が開催されました。高橋正夫大分県高P連会長(日高P連会長)の挨拶に引き続き、表彰状の贈呈が行なわれました。感謝状贈呈が1名、表彰状は60名です。副会長を2年、理事を1年した私は今回で辞任し、感謝状の該当者となりました。

 三隈中学校の育友会(PTA)会計から会長へ、そして三隈中学校会長と日田高校副会長を兼務し、日田高校の会長、高P連理事、高P連副会長と10年以上に渡り、PTA活動に係わってきました。子供がいたからこそ係われました。いろんな人と出会い、良い経験を積ませて頂きました。これで日田高校PTA会長を5月11日の総会で辞任し、今日で高P連副会長を辞任しました。それでも、今年の高P連九州大会が別府市のビーコンプラザで開催される為、九高P大分大会実行委員としての仕事が、PTA会員としての最後の仕事になります。

 感謝状贈呈式の後は、来賓挨拶、平成19年度事業報告・委員会・部会報告。会計決算報告監査報告。特別支援校の加盟、規約改正と順調に進み、ここで役員改選です。新旧役員の交代です。新年度事業、予算案も無事承認され、第52回九州高等学校PTA連合会大分大会についてなどの案件も承認され時間より早めに終了しました。

 この後、教育懇談会で懇親を深めました。

IMG_8212mk.JPG

 

日田高校体育祭5月に開催 2008.5.15

IMG_5827mk.JPG  15日、日田市陸上競技場で日田高校の体育祭が開催されました。例年ですと9月に開催されるのですが、大分国体の影響で5月の平日開催となりました。一年生にとっては、入学して直ぐのことなので、競技種目や応援方法などにも変更があり、盛り上がりが心配されましたが、何とか無事終了しました。

 日田高校の体育祭で一番盛り上がるのが、応援合戦です。青団、赤団、黄団の三チームに分かれての、チアリーダーと応援団の演舞は、見ごたえ十分でした。しかし、今年は合同の一チームだけの演技に終わり、成績にも加点無しです。物足りなさを感じる声が保護者から上がりましたが、生徒たちは、観衆を魅了してくれました。来年は、例年どうり三チームで競っていただきたいものです。勝ち負けは必要です。良い思い出になります。

 最後の、フォークダンスの前に、大分国体のマスコット「めじろん」が登場し、全員で「めじろんダンス」を踊りました。

/////日田高校体育大会プログラム/////

午前の部

1.入場行進・開会式・合同体操(全員)  2.1年100メートル競争(全員)  3.2年100メートル競争(全員) 

4.3年100メートル競争(全員)  5.竹棒回旋リレー(女子選抜)  6.玉入れ(女子選抜)  

7.筋力競争リレー(男子選抜)  8.障害物リレー(男子選抜)

 9.綱引き(生徒・職員・PTA)

10.集団演技・組立体操(2・3年男子)

11.集団演技・集団行動(2・3年女子)

12.クラス対抗リレー

―休憩―

午後の部

1.応援合戦(全員)  そのⅠ  そのⅡ  そのⅢ  そのⅣ  

そのⅤ   そのⅥ   そのⅦ

2.背中渡り競争(女子全員)

3.騎馬戦(男子全員)

4.段対抗リレー(各団選抜)

.フォークダンス(全員)  めじろんダンス

6.表彰式・閉会式(全員)

 

・・・・・・・・・・関連新聞記事・・・・西日本新聞から

 9月に開幕する大分国体の影響で、県内では例年秋に実施していた運動会や体育祭を5、6月に前倒しする学校が増えている。新入生が学校に慣れたこの時期に、短い準備期間で仕上げなくてはならないため、各学校は準備に奔走。日田市の日田高校でも15日の本番を前に、応援団が奮闘している。

 国体期間となる9月から10月は、体育館やグラウンドが国体練習会場となるほか、教師が大会役員として借り出されるため、各学校は日程の調整がつかないと判断。大分市では市内27の全中学校が、別府市では半数近くの小中学校が5月に運動会を開催するなどの措置を取った。

 日田高校でも、例年9月中旬に開催していた体育大会を5月15日に開催。「気候が良く、熱中症や台風の心配が減る」(宇野公是校長)と良い面もあるが、準備期間が短い分、これまでは全学年で取り組んでいた競技を2、3年生だけにするなど、多くの変更点を加えた。

 中でも影響を受けたのは応援団。同校では赤、青、黄の3団対抗応援合戦が大会の伝統で"目玉"となっていたが、今年は中止した。練習期間が短くなったため1年生は団員として加入せず、2、3年生の各団員がまとまって全体の応援をすることになった。

 例年夏休みに練習するという応援団は、ことしは春休み返上で練習を重ねてきた。3団が一つにまとまるという試みは初めての上、覚える演舞の数も増えたため、試行錯誤が続いた。アクロバティックな演技が売りのチアリーディングをはじめ、なかなか動きがそろわなかったという。

 最後の追い込み練習に入り、チアリーダーの森山美里さん(17)は「何度も話し合いを重ね、やっと心が一つになった。ここまで来たのが奇跡」とほっとした様子。応援団長の魚形柊太君(17)も「例年とは違った形の新しい応援団を楽しんでもらえると思う」と自信をのぞかせる。

 体育大会競技委員長の垂水資明教諭(51)は「危機感がばねになったことで、リーダーシップを発揮し、生徒たちは一回り成長したと思う」と話していた。

=2008/05/14付 西日本新聞朝刊=

 

空に巨大な飛行機雲?地震雲? 2008.5.11

IMG_5061m.JPG 空に巨大な筋雲が流れています。一瞬、地震の前兆、地震雲かと思い画像に納めました。地震の前兆はいろんな形で現れます。雲にも現れることがあります。忘れられないのが、福岡沖地震の前日の夕焼け雲。鮮やかなめったに見ることが出来ない夕焼けでした。この日は、西日本新聞日田支局の新築落成パーティーがあり、ホテルでの式典が終了した後、日田支局で旧支局長たちと一献傾けながら、地震の前日の夕焼けを眺めていました。で、地震といえば、地震兵器。知っていますか。

 今日は、忙しい一日でした。朝から、日田高校のPTA総会にPTA会長として出席し、無地終了。今回で、会長職を辞任しました。子供が日田高校を卒業して2年経ちます。副会長1年、会長を4年間、その間、大分県高校PTA連合会の理事、副会長を2年間務めました。  日田高校のPTA総会で思うのは、いつも総会開始時で出席率が80%を超えていることです。卒業生のほとんどが進学を控えている為、保護者の意識が高いものと思われます。当日どうしても出席できない人のために、欠席者集会を開きますが、この分を合わせると95%を超えます。

IMG_5050m.JPG
 楽しいPTA活動でした。多くの協力者に囲まれ、県PTA連合会でも、進路委員会主催の会議でコーディネーターを2年務めたりもしました。また、日本高校PTA連合会からの個人表彰、県社会教育功労者表彰の団体表彰を受賞し、今月の総会では、県から一人だけ感謝状を頂きます。これも、皆さん方の、ご協力のお陰です。

 後任の会長には、諌山司(諌山工務所社長)君を指名しました。PTA活動は、初めてですが、日田高校の学校評議員を務めています。また、JCの活動で、教育問題にも取り組んだ経験がありますので、シッカリやって行くでしょう。

 日田高校のPTA会長は退任しましたが、県高P連の総会までは、県PTA副会長の役職があります。また、6月19・20日の九州高校PTA大分大会までは、実行委員としての役職が残っています。

IMG_5056m.JPG
 PTA総会の後は、共産党の集会に出かけました。市田書記長を迎え、パトリア日田で講演会が開催されていました。PTAの引継ぎが午後までかかったので、到着したのは最後の市田書記長の講演が始まったところでした。話し方が参考になります。道路財源の一般財源化への批判、後期高齢者保険制度問題など、共鳴できる部分もありました。

 夜は、私が最低年令者のグループで、頼母子講です。先輩方の話は、いつも参考になります。

浜田和幸著(「新潮45」2005年3月号156ページ~162ページより)
津波兵器
気象コントロールは可能か?
人工的に雷や地震を発生させ、狙った相手の国の通信網を麻痺させるという目的の超低周波ビーム光線を完成させたと1976年ソ連は発表した。それに対抗して2年後、超低周波気象コントロール兵器の開発に着手し、人工的に大雨を降らせることに成功した。
自然災害を装った兵器、「地震兵器」「津波兵器」がインドネシア、スマトラ島沖の大地震や巨大津波に使われていた可能性は否定できない。アメリカ空軍と海軍では3兆ドルを超える研究費を投じ、「気象コントロール兵器」の実験を繰り返している。ベトナム戦争でも実験的に使用された。嵐を発生させ、通信網をストップさせ、ジョージ・ソロスが大儲けした(偶然?)ということもあった。


スマトラ島沖が震源地になったのはスマトラ島北部はインドネシア独立を求めるイスラム過激派の拠点であり、ウサマ・ビンラディンの潜伏先の一つに数えられるため、地震兵器が使用されたのではないか。地震発生と同時にアメリカ軍はイスラム過激派の拠点アチェを制圧できた。東ティモールの独立運動も一掃された。インドネシアにとってもアメリカの石油資本(テロ対策に手を焼いていた)にとっても敵が消えた。
ハワイにある津波警戒センターが警報を周辺26カ国に送ったが、インドネシアとタイには通報が行かなかった。イスラム過激派の動きを封じるためといわれる。津波の被害にあったインドとスリランカの政府はアメリカからの援助の申し出を断った。インドとアラブ世界のメディアは「今回の地震と津波はアメリカ軍とオーストラリア軍が共同開発した環境破壊兵器によるもの」という見方を広めている。アメリカ軍は地震直後、アメリカ海軍基地やオーストラリア軍には津波警戒を伝達したが周辺国には限定的な情報しか流さなかった。

1999年にニュージーランドの外務省が公開した極秘外交文書が話題を呼んでいる。それには「米政府は第二次世界大戦末期から、地震、津波の開発を進めていた。日本を降伏させるため津波兵器を使うか原爆を投下するか検討されたが、精度が高く、効果が大きい原爆が採用された」と示されている。
カルフォルニア工科大学、ケニー・シニー教授は2004年7月、インドネシアに大地震が発生する危険があると警告を呼びかけるセミナーを現地で開催しようとしたが、アメリカとインドネシア両政府からの圧力でキャンセルされてしまった。

大分県立日田高等学校卒業証書授与式 2008.3.1

 1日10時から、日田高校の卒業証書授与式が開催されました。全日制第60回、定時制第56回目の卒業式です。
 定時制は、11名(男5・女6)、全日制276名(男151・女125)が、卒業を迎えました。全員、校長から証書を授与されます。まずは定時制から。日田高校では、定時制と全日制の校長は、数年前から同一の校長なので、式後などの時間割が大変のようです。
 校長の式辞の後は、PTA会長の私の出番です。祝辞を考えるのは大変ですが、いつもと同じパターンで纏めました。チョッと違ったのは、場違いな新型インフルエンザの話を後半に持ってきたことです。「エッ、何の話?」は、覚悟の上です。この脅威を知らなければ、自分の身を守ることが出来ません。今年になって、NHKが、ドラマとドキュメンタリー
で取り上げました。そして再放送までして。サンケイ新聞・日本経済新聞・読売新聞も紙面で取り上げました。
 それだけ脅威が迫っているということです。卒業生の皆さんに、少しでも自分の命を守る為に。一体何人の人が目の網膜から感染すること、体内の臓器が不全を起こすことを、そして20世紀初頭のスペイン風邪がインフルエンザであったことを、どれだけ知っているのでしょうか。

 

IMG_0870mm.JPG


IMG_0875mm.JPG


IMG_0877mm.JPG

IMG_0894mm.JPG


 卒業生が退場して行きます。そして、教職員の前で一列に並び、「ありがとうございました」。そして、反対側の保護者に対しても「ありがとうございました」。ジ~ンとくる一瞬です。この後、クラスに戻り担任との別れです。
MVI_0887.AVI


 式 次 第
1.開式のことば  2.国家斉唱  3.卒業証書授与  4.校長式辞  5.教育委員会告辞  6.PTA会長祝辞  7.来賓紹介  8.祝電披露  9.在校生代表送辞  10.卒業生代表答辞  11.卒業記念品目録贈呈  12.「蛍の光」斉唱
13.校歌斉唱  14.閉式のことば   卒業記念品(プロジェクター・紅白梅一対)

// Content Menu //

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ