平成17年度日田高校卒業式 2006.03.01


 厳粛なうちに平成17年度日田高校卒業式が挙行されました。後藤校長から1名ずつに卒業証書を授与される生徒達。緊張の面持ち。私の次男も卒業生のなかに入っています。
 授与式のあと学校長の挨拶があり、その後にPTA会長として私の出番。
 挨拶のなかに、西日本新聞で知った、蒲島郁夫東京大学法学部教授の事を入れて話しました。教授は、熊本県の公立高校を220名中200番台の成績で卒業し、地元の農協に就職後、21歳の時、2年間農業研修生として米国に渡り、牧場で農業研修を積むなかで、ネブラスカ大学での畜産学を学ぶ機会を得、その時初めて、学問に目覚める。
 帰国後、アルバイトで再渡航費用をため再び米国に渡り、ネブラスカ大学への入学を目指すが、果たせず、24歳の時、農業研修でお世話になった大学教授のお世話で、条件付入学を果たす。
 4年間で畜産学の繁殖生理学を専攻し卒業。成績優秀で大学院に残る道を薦められるが、教授に頼み、ハーバード大学の法学部に進み、3年9ヶ月で卒業し、帰国。その時、既に2児のパパで4人家族。
 帰国後、筑波大学から東京大学へ転進という、考えられない人生。でも事実。人生は一度きり。
 チャンスは必ず来ます。一度や二度の失敗は、直ぐに取り戻せます。
 英語には、大学浪人という言葉は無いそうです。3度まで挑戦しそれでダメなら他の道を。
 ・・・・というような挨拶をいたしました。

蒲島教授の話は、以下のアドレスに。教授自身の講演が拝見できます。・・・
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/agc/news/31/hougaku.html

クラス担任へ花束


 卒業式の後は、各クラスに戻り卒業生から、お世話になった先生達に花束贈呈。
 ニコニコ、ウルウル。
 お互いに笑顔と泣き顔の繰り返し。
 保護者もつられて・・・・

卒業を祝う会


 卒業式の最後は、卒業生の保護者が主催する先生を囲んでの卒業を祝う会。
 当然、子どもの卒業ですが。
 小学校、中学校、高校と進み、いよいよ親元から離れていきます。
 これから受験の子どもを抱えた親もいますが、今日だけは・・・。
 先生、保護者と入り混じりステージで盛り上がります。

// Content Menu //

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ