遠藤守信教授 カーボンナノテクノロジー

 2005年8月に、長野県長野市で日本高等学校PTA連合会の全国大会が開催され、遠藤守信教授の話を聞き日本の将来に期待を持てました。
 遠藤教授 日本人の自信喪失は産業・経済の表面ばかり見た根拠のないものだと思います。日本のもっている実力は極めて高いのです。日本の国土は世界の陸地面積のわずか〇・三%で、世界第二位、十六%ものGDPシェアをもっています。
 経済停滞の原因のひとつは、二十世紀に開発された科学が陳腐化し始めた点にあります。デパートや家電店へ行っても、お父さんが家族のために懸命に働いて購入し、家族が大喜びする商品がもうないのです。いつの時代にも、国民の購買意欲を大いにかきたてるような新商品が生まれるベースには、必ず新しいサイエンスがあります。新しいサイエンスが新しいテクノロジーを生み、そこから画期的な商品が生まれてきたのです。(長野商工会議所会誌インタビューから)

 遠藤研究室・・・http://endomoribu.shinshu-u.ac.jp/member_j/endo.html
 ナノテクノロジー・・・http://www2.tokai.or.jp/kaise-nbr/hp-dogu/dogu14-carbon.htm
 文部科学省のHPにもリンクされています。

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ