« 旧暦を返して    | メイン | 赤と白の競演 »

ボイラー施設にアスベスト使用 2006.9.19

アスベスト:日田市関連ボイラー3ヵ所で使用判明ーー既に密閉/大分

  日田市は19日市議会全員協議会で、特別養護老人ホーム「敬天荘」=同市天瀬町▽日田消防署=同市▽玖珠消防署=玖珠町(いずれも日田玖珠広域行政事務組合所管)3ヵ所のボイラーの煙突にアスベスト(石綿)が使用されており、既に密閉化工事と別の排出口設置工事を終えたことを明らかにした。

市は今年4月、同組合所管の煙突調査を指示。検査機関で分析したところ、5月中旬、この3ヵ所から有害な白石綿や茶石綿が検出されたという。いずれも吹き付けだった。このため密閉化工事を実施し、別に煙突を作った。費用は146万円。両消防署は5年以内に行う建て替え工事の際、飛散防止措置を講じた上で撤去する。第三セクターの敬天荘は、来年春に引き継ぐ民間福祉法人と処置を協議する方針。

  アスベスト問題を追及している川崎邦輔議員は「建物意外にも洗浄消毒機器やガスレンジなどいろんなところでアスベストが使われている可能性がある。徹底調査してほしい」と市当局に注文した。【楢原義則】

毎日新聞 大分版 地域のニュース 2006.9.20朝刊

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ボイラー施設にアスベスト使用 2006.9.19

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/113

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ