« 暁(あかつき) 酸性雨 地球年表 | メイン | 役職・経歴 »

みまもりガッパ水の助とうーたん 

 いじめで自殺。あってはならないことがまた起こりました。それも、「いじめ」を担任が誘発とあっては、「またか」です。そして、マスコミが無責任に騒いでいます。    子ども明るく照らす太陽と、暖かい見守りが大切です。    

 以前、いじめの事で相談を受けたことがあります。親子で自殺を考えているとのことで、これは大変だと思いネットワークを使い調べたところ、該当の件にたどり着くまでに別に2件のいじめが露見し、ビックリしたことがあります。
 幸い大事に至らずに済みました。早めに相談したのが良い結果を生みました。

 また、担任の言動で受験を諦めた子どももいました。県外の有名私立高校を受験しようと思い担任に相談したところ、「よそのことは分からん」との答え。その上、クラスで発表され、「坊ちゃん学校を受験するのか」と皆に囃し立てられ、受験を止めました。

 教員の再教育制度が必要です。それと、数年の社会での実生活の体験を採用条件にすると良いのでは。公務員にも同じことが言えるのでは。フランスでは、上級公務員の採用は厳格に行われています。 
 また、教員の自殺を県教委に報告していない?事件もありましたが・・・

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: みまもりガッパ水の助とうーたん 

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/156

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ