« 日田高校PTA役員 | メイン | 高等学校卒業に必要な科目の未履修問題 2006.11.01 »

日田高校PTA役員研修 福岡大学 2006.11.01


 PTAの研修事業で、福岡大学と九州国立博物館を訪ねる。福岡大学では、入試センター主査・入学支援専門員の太田寿一氏が出迎えて頂き、文系センター棟でレクチャーを受け、学食で学生と共に昼食をとり、広いキャンパス内にある屋内プール・60周年記念館・就職進路支援センター・薬学部棟・パソコン教室・大講義室などを案内される。(写真は、パソコン用の電源とモジュラージャックがすべての机に人数分設置されている教室で、保護者は机に着き学生気分。)
 

 福岡大学は、私の母校でもあり昨年12月の、九州ローカルマニフェスト大会以来でした。
 太田氏のレクチャーは的を得たものであり、受験生を抱える親にとってはとても役に立つ話でした。
 3・5・2の話から入り、まずA群(福大を目標に入学)、B群(すべり止めで入学)、C群(単なる大学進学)に分けると、どの類群にいても目的意識のある人は、3割が一流企業に、燃えつきか受験失敗に拘りがあるなどは、5割が中小企業に、そして目的もない人は2割フリーターかニートになるとのことでした。
 企業は、一地域(東京)だけから採用するのでなく、全国を何ブロックかに分けて採用し、成績・動き・コツコツ型・ユニークな人というようにバランスを考えて採用しているとのことである。その為、大学では一年生から就職して社会に出ると言う意識付けをしているとの事であった。8月に話を聞いた中央大学の法学部長も同じような事を言っていた。
 
 福岡大学の後は、大宰府の九州国立博物館に行き2時間程過ごしました。館内には入るのは初めてでしたが、事前知識のない人は、音声ガイドがないと意味がないかなと思いました。

 日田から出土した、金銀錯嵌珠龍文鉄鏡(きんぎんしゅりゅうもんてっきょう)や金錯鉄帯鈎(きんさくてったいこう)(金象がんで装飾した帯留め金具)を展示するくらいの度量が欲しいし、本当の歴史を解説して欲しいものである。http://www.hisatuhime.com/
http://www.hisatuhime.com/kagam.htm

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日田高校PTA役員研修 福岡大学 2006.11.01

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/191

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ