« 米国 民主 両院で勝利 | メイン | 家出猫 ミュウ »

万里の長城 2006.11.12


 駆け足の北京訪問でした。
 2泊じゃとても見て回れません。
 しかし、休みの取れない仲間(異業種交流)もいて仕方ないスケジュールです。
 とにかく、歩いて歩いての強行軍です。
 王府井、天安門、紫禁城、故宮博物院、景山公園、万里の長城(八達嶺)、北京オリンピック会場建設と・・・・・・
 久しぶりの北京は、天気は良かったのですが霞の中で視界が悪くすっきりしない3日間でした。湿度は、何と20%以下で、街路の緑化は以前に比べて随分と進んでいますがまだまだ、風が吹けば砂が巻き上がるのも道理です。そして、春になると黄砂がひどくなり、マスク、サングラスが欠かせなくなります。
 車の数の多さで排気ガスが気になるし、交通マナーの悪さは相も変わらずで、歩行者の信号無視が目立ちます。
 2008年8月8日開催の、北京オリンピックに向けて急ピッチで工事が続いていますがなかなか大変のようでした。古いものが次々と壊され、新しい姿に変化していますが、昔のように、壁に囲まれた北京のほうが私は好きです。しかし、その面影もどんどん消えてゆきます。
 中国人にとって8は、吉兆の数字で、オリンピックの開催日もこれに合わせて、888です。日本の七福神は中国では八福神で、中国から日本に渡るときに一人忘れてきて、中国の八福神が日本で七福神となったそうです。
 また、北京の離婚率は、日本を抜いて50.9%で全国一位。初婚人口比率は、年々下降傾向を強め、男性は自分より低いレベルの人を探し、女性は自分より高いレベルの人を探す傾向も顕著になり、女性の晩婚化も進み、婚姻市場の需要と供給に矛盾を生じている。
 これに、女性の教育レベルが上がり、社会のなかで自分の地位を持てる機会が増加していることも、この矛盾を大きくしているとのことです。

 帰宅すると、すぐに、お悔やみ、五和振興協議会理事会など、消化に21時半過ぎまでかかりました。

 
 

 さて、出発前の続きです。米国に初の女性大統領が誕生するかどうか?・・・
 参考までに、下記のHPAにアクセスしてみて下さい。
 こうゆう情報も以前から流れていました。
 http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/cr.htm
 
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3

 http://electronic-journal.seesaa.net/article/17828842.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 万里の長城 2006.11.12

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/216

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ