« 異常気象 雹 突風 | メイン | 強風 2006.11.07 »

修学旅行でバス事故


 日田市立光岡小学校6年生の修学旅行生が、長崎市中里町の長崎自動車道多良見インターチェンジ料金所でバス同士の追突事故で、腕の打撲や突き指など11人の児童に軽傷者を出す。3台のバスが料金所を通過する際に先頭車は通過し、2台目が通過しようとする際にETCのゲートが開かず2台目が急停車し、それに3台目の後続車両が追突する。
 ETCを通過する際は、20㌔/時で通過だから車体を考えた時は衝撃はかなりのものだったでしょう。
 代替のバスをチャーターして修学旅行は継続されたと教育委員会から連絡があったが、大事に至らずに良かった。
 しかし、ETCを通過する時は、ゲートが本当に開くかどうか、いつも緊張する。開くタイミングがどうも私には苦手である。だから、私の車両には当然のこととしてETCの車載器は搭載していない。
 ETCの強力なレーダーも気になる。ハイウェーカードの廃止も気にいらないが、時代錯誤かな・・・・・・。と、ブログを書きながら、アナログ時代を懐かしむ。
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 修学旅行でバス事故

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/209

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ