« 福岡大学同窓会 | メイン | 万里の長城 2006.11.12 »

米国 民主 両院で勝利


 米中間選挙のバージニア州で、9日午後(日本10日未明)共和党現職のアレン議員は、敗北を宣言し、民主党新人のウェッブ元海軍長官の勝利が決定した。これで上院定数100人で、民主党51人、共和党49人。下院定数435人で、民主党230人、共和党196人(未判明9人)。知事定数50州で、民主党28人、共和党22人となり、民主主導の議会攻勢が開始されることが決定的となった。
 これらの状況を受け、ブッシュ大統領はラムズフェルド国防長官を解任し、レイムダック化を避けようとしている状況がアリアリである。
 イラク情勢にも影響し、世界戦略にも影響は、必至の状況である。
 今回の報道を見ていて、日本の大新聞の9日のトップの写真が、上記のニューヨーク州の民主党ヒラリーの写真で飾られ、TVも追っかけ次期大統領選で、米国初の女性大統領のシナリオが現実味を帯びてきました。宇野正美さんが予想していた様に。
 この続きは次回に。今から,4年ぶりの中国・北京に発ちます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米国 民主 両院で勝利

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/215

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ