« 日田市議会本会議 教育民生委員長(川崎邦輔)報告 | メイン | 気になる記事 耳垢で・・・  »

気になっていた記事 西日本新聞 2006.12.15

おおいたWIDE ゆの花から
 十二月議会が開会中の中津市議会、一般質問を聞いていて、疑問に思ったことがある。これまでの定例会でもそうだが、単純なデータや分かりきった政策方針など、担当部署に聞けば数分で把握できるような質問が少なくないのだ。
 議会の一般質問は、行政をチェックし、その姿勢をただす絶好の機会。質問するのは、選挙で選ばれた議員のみに許された”特権”のはずだ。普段の活動で把握できる表向きの事実関係を通して浮かび上がった問題について踏み込んだ質問をするのが、本来の姿ではないだろうか。
 百点満点の行政機関などどこにもないはず。何もアラばかり探す必要もないが、普段見えない行政の姿が現れてくるような質問がもっと出てくれば、傍聴する市民も増えると思うのだが。(中原)

 という記事だが、なかなかにその通りだと思う。わざわざ60分の持ち時間があるのに、尻切れトンボになっている議員もいる。「答弁は結構です」で打ち切るのでなく、突っ込んだ質問で回答を引き出さなければ、議員の質が問われる。時は金なり、金は税金なり。
 ただし、質問の中で分かりきったことでも、議事録に残す必要性から質問をワザとする場合もある。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 気になっていた記事 西日本新聞 2006.12.15

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/268

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ