« 日田市議会一般質問・代表質問状況表 | メイン | 長崎グラバー邸から長崎港を望む フリーメイソン・ロッジなど »

いざなぎ景気超え

 いざなぎ景気超え実感なし
 23日に共同通信社が、地域に事業基盤をおく企業47社にアンケート調査を実施した結果を発表。
 ほとんどの企業で、景気の拡大期間が「いざなぎ景気」を超えて戦後最長になったことを実感できず、2007年の地元経済は「横ばい」と予測する企業が過半数を占めた。
 「いざなぎ超え」の実感は?
 ある・・・1社   あまりない・・・31社  
 全くない・・・14社   無回答・・・1社
 「いざなぎ超え」を実感できない理由として。
 消費が回復していない・・・29社  大都市圏との格差拡大・・・29社
 所得が伸びていない・・・19社  地元企業の2極化・・・17社
 公共事業の減少・・・13社
 
 当たり前でしょう。実感できるわけないでしょう。
 日田市なんか、どん底が続いています。
 飲食店も元気なし・・・・。
 廃業する店舗も増えています。
 先を見る企業は、業種転換を模索しています。
 
 私が所属する損害保険業界も、金融改革の嵐が吹き荒れ代理店報酬は、従前と比較すると20%~50%の報酬カットで、代理店には怨嗟の声が渦巻き、独立自営業を目指す代理店制度は崩壊し、会社の言いなりにならなければ報酬カットとは・・・。「異体同心」を標榜した会社も、自己の利益追求のみに走り、代理店の心は会社から離れ、お金の追求に腐心する者のみが繁栄する。
 金融改革は、外国金融業に媚した政策だったのか。
 あの、日米構造会議の会談から引き上げる米国側に、追っかけの電話・・・。要求を呑みます。全面降伏か・・・。
  
 最近出会う市民の声で一番多いのが、「変な世の中」「なんか可笑しいでなくオカシイ」「どこかオカシイ」「これからの子どもが可哀そう」など・・・。 
 何とかしなければ・・・・。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いざなぎ景気超え

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/275

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ