« 平成18年12月第四回議会・議会だより | メイン | F1 レーシングカー ハンドル 2207.1.12 »

九州国立博物館で「クルマの歴史と未来展」2007.1.12


IMG_9242mm.JPG
IMG_9253MM.JPG
IMG_9251mm.JPG
 1月21日(日)まで、九州国立博物館エントランスホール及びミュージアムホールで「クルマの歴史と未来展」が開催されています。
 福岡県を中心とする北部九州が、100万台規模の自動車生産拠点になったことを記念して、福岡県及び「北部九州自動車150万台生産拠点推進会議」の主催です。
 金銀錯嵌珠龍文鉄鏡を見て、その後駆け足で, プライスコレクション『若冲と江戸絵画』を鑑賞、伊藤若冲の毒気に当てられ、1Fフロアーで、F1カーに試乗。(乗るだけ)
 私の体が運転席にやっと収まり、出るときは一苦労しました。車のハンドルを外して乗り降りします。この車のハンドルは、ナント2,000万円と聞いて驚きました。心臓部だそうです。操作はボタン式ディスプレーはパネル表示で無線が付いてます。
 両足は伸ばしたままで操作します。一度、走らせて見たい気がしますが時速300㌔は、無理でしょう。以前、オートポリスで一般の人達がサーキットを体験乗車し、声を失い茫然として降りてくるのを目撃したことがあります。


F1カー・・・http://www.toyota-f1.com/public/jp/index.html

IMG_9248BK.JPG
IMG_9247MM.JPG
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 九州国立博物館で「クルマの歴史と未来展」2007.1.12

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/306

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ