« 僅か10分間で完売とは・・・!毎日新聞 大分 2007.1.23 | メイン | 9万年前の埋没林発見 九州で2例目 2007.1.26 »

そのまんま東 宮崎県知事に 2007.1.22

 そのまんま東氏が宮崎県知事に当選。
 「やったね」という感じがしますが・・・・・?。
 最初は無理かなと思ったけど、保守分裂の中で、世間の動向を分析しての選挙戦術はお見事でした。この辺は、毎日新聞が詳しく書いていたけど、単なる組織戦術だけでは戦えないこともある、いい例です。裏参謀の存在が大きいと思います。
 いずれにしても、失敗を恐れず頑張っていただきたいと思います。過去が過去だけに、謙虚に・・・・・。
 しがらみを切る機会には、絶好ですが果たしてうまくいくものかどうか・・・・?
 青島幸男や横山ノック、田中康夫、思いを継続させるのは随分と大変ですが、精一杯頑張ってもらいたいものです。
 

 ここで、気になるブログにちょっとアクセスをしてみると、・・・https://post.coara.or.jp/cgi-bin/pop3では参照できないので、下記の追記に添付しました。・・・・・ 物事、いろんな角度から見ないといけないなと思います。


 今年は、統一地方選挙の年で、県知事、県議、市議、市長、参議院と続きます。
 私も4月の市議選に臨みますが、今まで後援会や推薦団体無しの草の根選挙をやってきて、今度が4期目。周囲の候補者は、後援会や後援者作りに飛び回っていますが、組織作りに着手するかが課題かなと思っています。昨年暮れ、友人の市議から今回は後援会を作るかどうかメールが入っていました。彼も、他市で草の根選挙で頑張っていたけど、市町村合併で新たな対応策の必要性を考えているようです。お互いに頑張らなければ。市民の為に。

そのまんま東 オフィシャルサイト・・・http://www.sonomanmahigashi.net/

因みに宮崎県知事選の世間の考えは・・・http://anond.hatelabo.jp/20070121232018

他県の人のブログ・・・http://romeo2282.blog54.fc2.com/blog-entry-31.html

追記・・・参考になるので引用させていただきました。

タレント候補雑感その2国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606

タレント候補雑感その2

固有名詞を出さずに、書くのであれば、選挙違反にはならないそうなので、
書くことにする。

はたして、某知事選挙における某タレント候補はどうなるだろうか?

言っていることとやっていることの違う人間は信用してはいけない。

私がこれをあえて書くのは、この知事選が分岐点になると思うからである。

われわれは、毎回、選挙のたびに、大手マスコミが面白そうに支持するタレント
候補を選び出してしまう傾向にあった。

家族という最小単位のグループを大切にしない人間が、○○県という、
大きなグループを大切にできるわけがない。

顔も知っている家族を大切にできない人間が、見ず知らずのグループメンバー
のことを幸せにしたいと思うはずがない。


ある意味、小泉の誕生のときと似ている。
ある意味、大きな分岐点である。

私は週刊新潮の記事を読んで思ったが、
注目すべきは、地元で、ラウンジ(女性の出るバーのようなところ)を
経営していたが、結局倒産させたというくだりである。
そして、その際に、ホステスへの支払いを切り詰めていたため、
とても評判が悪かった。

とあった。

これが実際の行動である。


小さな組織を倒産させているということは、ノウハウを知らないということを
あらわしている。したがって大きな組織を、倒産させてしまう可能性は
高いといえる。

タレント出身の知事、青島東京都知事は、都市博を中止し、ぶっ壊した。

実は、あれは、デイズニーワールドと同じコンセプトだったことを
私は、フロリダに遊びにいったときに知った。

デイズニーワールドには、各国の立てた、中国館やノルウェー館などが
あり、そこにいるだけで世界各国に遊びにいったように楽しい経験が
できるものだった。ノルウェー館ののりものは確かバイキングの乗り物だった。
中国館の前には、中国の踊りがあり、中にある中国料理の黒塗りのお店は、とても
おいしかった。
いるだけで中国に来たような気がした。


「ああ、こんな楽しいものを鈴木都知事は都市博覧会で作りたかったのか。」
と私は思った。

それを奇妙な理屈をつけて「公共事業は腐敗しているから」と
青島氏は中止してしまった。

また、ゆりかもめをもっと大きな線路だったのに、「もったいない」
と近視眼的なものの見方をして、ミニ路線に変えたのだ。
アホである。彼のそのおかげで、休日になると延々と長い列が
ゆりかもめに並んでいる。いまさら、大きな線路に変更することも
できない。

おそらく、もっとも腐敗している芸能界の裏の部分を、
都市博事業の目に見えない部分に投影させてしまったのではないかと推測する。

タレント候補よりは、地味な候補者でも家族を大切にしている人
の方が、信頼できると思われる。


期待された行動「子供を愛する」→実際「子供を二人作って離婚した。」
期待された行動「従業員を愛する」→実際「支払いを徹底してケチっていた。」
期待された行動「グループを繁栄させる」→実際「自ら経営するラウンジを倒産させた。」
ここで重要なのは、だんだん影響力が大きくなってきているということである。

期待された行動「県民を愛する」→実際はどうなるか???


その昔、孔子は、政治をやるものは、家をととのえよと言っているが、
それは、実際にいろいろな政治家を見ると、あてはまっていると感じることが多い。

信頼できる政治家は、家族を大事にしている。
小沢一郎や、亀井静香はそうである。

信頼できない政治家は、家族を破壊している。
小泉も某幹事長もそうである。
という点である。


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約
20ヶ月余りで読者数5013名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
マスコミ、政治家も多数愛読。政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※小泉構造改革・売国奴・郵政民営化・道路公団民営化・猪瀬
飯島・竹中・外資の真相を明らかにする。

◎国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」のバックナンバー
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: そのまんま東 宮崎県知事に 2007.1.22

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/318

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ