« 日田三隈高校で開催       2007.2.19 | メイン | 春の息吹、蕗の薹と梅   2207.2.21 »

幼保連絡協議会   2007.2.16

 日田市私立幼稚園及び公私立保育園連絡協議会が、16日市役所庁議室で開催されました。
 私が、慣例により議長を務めました。まず、連絡協議会設置要綱の一部改正を了承し、次に本題である保育園の減員について審議しました。旧郡部の3保育園の定員を25名減員し、市内14の私立保育園に定員増に対する意向調査を実施し、過去の入園率や施設規模、職員配置などを精査し、適正化を図るものです。
 この案に対し、私立幼稚園側から反対論が噴出しました。経営に直接影響を与える恐れがあるためや、以前一保育園に増員が集中したこと、保育園に対する補助が厚いことなど多くの意見が出ました。
 しかし、保育園への入園待機児童が多くいることを背景に市側の報告を多数をもって了承いたしました。保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省と管轄省庁が違い縦割り行政の弊害がここにも見えます。
 今回は、今後において幼稚園と保育園の現状を確実に把握する為に、この協議会とは別に、幼保の問題だけでなく、日田市の子育てを考える会を新たに設置することを行政側に約束させました。
 また、増員に当たっては一園に集中することを排除することを約束しました。

 会議に出て思ったのは、0歳児の通園児の増加が気になります。母親の愛情・ふれあいが一番大事なときです。経済優先の風潮が先行する社会のあり方に疑問を感じます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 幼保連絡協議会   2007.2.16

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/363

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ