« 花と昆虫               2007.5.13 | メイン | 深夜に及ぶ臨時議会 議長選挙顛末  2007.5.16.00:04 »

日田市長選挙 佐藤陽一氏出馬?        2007.5.15

IMG_2178mm.JPG 西日本新聞に具体名が出てきました。第4番目の日田市長選挙候補者が、立候補の意向を固めたことが報道されました。大分県企画振興部長の佐藤陽一氏で、昨年から地元の一部で要請していた人物です。
 4月の地方統一選挙の結果が出てから意向をハッキリするとのことでした。
 まだ、正式表明ではありませんが、実名を挙げての報道ですから、ちゃんと裏は取れていることでしょう。
 今日は、日田市議会の臨時議会が開催されますが、西日本新聞で報道されたように議長の選出が行われるのでしょうか?

選挙:日田市長選 「知事側近」県幹部の名 県議らが出馬打診 /大分
 ◇大石氏4選阻止へ

 7月予定の日田市長選候補者に、広瀬勝貞知事側近で日田出身の県幹部(58)の名が浮上した。地元県議らの打診に前向きな意向を表明したもので、4選を目指す大石昭忠市長(64)を批判する勢力による「第4の候補」擁立の可能性が強まっている。

 同市長選は昨年暮れまでに、元市議の橋本信一郎氏(60)と元県議の相良勝彦氏(62)が共に大石氏4選阻止を訴え出馬を表明。しかし反大石氏勢力は「より強力な対立候補」を模索していた。複数の県議によると、臨時県議会が開かれた今月10日、日田市区(定数3)選出の県議全員(自民2、社民1人)が広瀬知事を訪問し意向を打診。知事は「本人に(出馬の)意志があるのなら止めようがない。(仮に辞任しても)人事的な心配には及ばない」との趣旨の返事だったという。

 3人はその足で県幹部と面談、県幹部は「家族や周辺と協議した上で前向きに態度を決めたい」と出馬に意欲を示したという。県幹部は毎日新聞の取材に「男の決断にかかわる話を軽々にできない。現時点では白紙。(出馬は)さまざまな条件が整った時の話でしかない」と述べた。

 県幹部は3年前、同市長選候補に名前が浮上したが、広瀬知事と大石市長の選挙母体が重なることから慎重姿勢を崩していなかった。しかし今春の県議選日田市区で大石市長に近い自民現職が落選。反大石氏派の自民現職と広域消防・大山出張所統廃合問題や市職員の共働き給料削減問題に反発する現職と新人2氏が当選、情勢が大きく変化した。【楢原義則】

毎日新聞 2007年5月15日

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日田市長選挙 佐藤陽一氏出馬?        2007.5.15

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/454

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ