« 佐藤陽一氏 日田市長選立候補表明 2007.5.15 | メイン | 日田市議会委員会 構成 2007.5.16 »

日田市議会各委員会構成決まる        2007.5.16

IMG_2099mm.JPG 16日深夜まで続いた臨時議会も、早朝4時頃までに決着しました。
 日田市が合併して、最初の日田市全域の市議会選挙で当選した新しい議員の誕生で、前回()2年前、数の横暴で各委員会正副委員長ポストをほぼ独占した、市政クラブ15名+公明党2名+無所属1名=18名のグループは、委員長ポストを劇的に減らしました。
 
 前回、議長(市政4期)、副議長(公明6期)、議運(正副とも市政1期)、総務委員長(市政1期)副(市政1期)、教育民生委員長(緑風3期・川崎邦輔)副(市政1期)、経済委員長(市政1期)副(公明1期)、建設(正副とも市政1期)、以下特別委員会、水資源(正副とも市政1期)、総合文化(正副とも市政1期)、交通体系(正副とも市政1期)、
 
 以上、正副18ポストのうち、市政クラブ15名(4期1名・1期14名)、公明2名(6期1名・1期1名)、緑風会1名(川崎邦輔・3期)というかつてない、まだ市議2年間の経験しかない、そして日田市議の経験年数のない議員の委員会運営という事態は、今回少し解消されました。
 前回の委員長ポスト争奪戦は、新人議員が数を頼りに多数決で、年長議員を押しのけてポストに付くという有様でした。

 今回の構成を見ますと、議長(市政2期)、副議長(社民2期)、 議運委員長(天山2期) 副(社民2期)、 総務委員長(社民2期) 副(市政2期)、 教育福祉委員長(天山2期) 副(共産3期)、 経済環境委員長(無所属4期・川崎邦輔) 副(市政2期)、 建設委員長(市政2期) 副(公明2期)、以下特別委員会、 水資源(正副とも市政1期)、 企業誘致(正副とも市政1期)、 交通体系委員長(共産2期) 副(社民1期)となり、結果的には、社民、共産、天山、公明、無所属、市政クラブの各会派に役職が回り、7期目を迎える政友会の室原(議長経験者)・菅田両ベテラン議員は、少数会派の調停役に手腕を発揮しました。

 以上、正副委員長18ポストのうち、市政クラブ8(2期8、そのうち旧郡部議員が5名)、社民4(2期2名・1期1名)、天山2(2期2名)共産2(3期1名・2期1名)公明1(2期1名)、無所属1(川崎邦輔・4期)という構成になりました。

 特別委員会は、予算を伴いませんから、主要ポストと呼ばれる議会運営、総務、教育福祉、経済環境、建設の各委員会委員長は、天山会2名、無所属1名、社民1名、市政1名となり、議長(市政)の議会運営の手腕が問われることとなりそうです。


  

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日田市議会各委員会構成決まる        2007.5.16

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/457

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ