« 平成19年度第2回 日田市議会本会議一般質問 大分合同新聞 | メイン | 気温52度 熱波に襲われたパキスタン »

リエちゃん、大活躍 「脱・お産難民」   2007.5.20福岡市   

IMG_2057mm.JPG 子育て奮闘中のママさん 助産院出産を目指すママさんへ 2007.5.19 k-kawasaki ブログ
 子育て中のママさんへ・・・・子育て講座が福岡市で開催されます。私の友人(先日、助産院で出産)もパネリストで参加します。興味のある方はドシドシ申し込みを。

 以前、私のブログで紹介していた、友達の町谷リエさんが、西日本新聞2007.6.16朝刊に登場。5月20日福岡市内で開かれた、食卓の向こう側シンポジュウム「脱・お産難民―しあわせなお産をしよう!」
にパネリストで登場し、しっかり自己主張した様子が紹介されています。


西日本新聞2007.6.16朝刊記事より抜粋・・・・町谷リエさん
 病院で妊娠を告げられたとき、「おめでとうございます。高齢出産だから帝王切開も有り得ます」といきなり言われた。検診のたびに染色体異常の検査を勧められ、母親学級では「会陰切開します」とずばっと言われた。助産院で産むことを決めたが、その助産院の嘱託医に、「責任は全部その助産院にある」と言われて、体が震えた。「責任は私自身にあります。病院や助産院に押しつける気はさらさらない」と言ったものの落ち込んだ。病院と助産院がけんかしているようで不安だった。

 助産院にいた妊婦六人のうち、二十代に三人が異常出産で病院へ搬送された。信じられなかった。私は自宅主産した友人のおかげで、体のこと、食のことを学んでお産に臨んだ。はり・きゅうや整体で体も整えた。病院に体を預ければ安全と考えるのではなく、自分の体で産み育てる覚悟ができた。大切だと感じたのは食。医食同源という言葉もある。今は完全母乳で、食事は玄米食とみそ汁中心。この前、ついアイスクリームを食べたら子どもが湿疹で真っ赤になった。まさに「乳は血」。食べた物が直接子どもにいく。これから産んでいく女性が幸せなお産、育児をできるよう、体づくり、心づくりを手伝いたい。・・・以上


 パチ パチ パチ。立派、立派。
 自分の子どものときも、検診にお金がずいぶん掛かり、会陰切開してからは健康保険が利きますといわれ、なにか釈然としないものを感じました。
 また、長男のときは上場企業の社会保険、次男のときは国民健康保険と、社会保障制度の歴然とした格差に、唖然としました。その子どもも、二人とも東京で大学生生活(国立・私立)、教育費の高さに四苦八苦です。


お産難民・出産難民・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E7%94%A3%E9%9B%A3%E6%B0%91

森の新聞・・・http://blog.livedoor.jp/morichi2005/archives/51146805.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: リエちゃん、大活躍 「脱・お産難民」   2007.5.20福岡市   

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/534

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ