« まほろばの苔玉 クラフトザイツのフクロウ    2007.6.5 | メイン | ミヤマキリシマ群落 万年山(はねやま)  2007.6.5 »

新井信介氏講演会 九州シリーズ7月開催   2007.6.10

新井信介氏 講演会九州シリーズ

講演会の日程とテーマが決定しました。時間と場所は、決定次第、お知らせします。


20日(金)  日田

テーマ:日本史の聖なる系譜~「玉・鏡・剣」

    ・古代縄文ヒスイネットワークの「玉の王権」は、どこに消えたか?
    ・徐福から卑弥呼に誕生した「鏡の王権」と、 ニギハヤヒはどう戦ったか?
    ・倭国誕生後も、 中部以東に存在した、東倭とは何か?
    ・倭国から、いつ、どのようにして、日本国になっていったか?
          聖徳太子・中大兄・大海人の正体
    ・額田王は、女性なのに、なぜ、大王(おおきみ)と呼ばれるのか?
    ・日田から始まった「鏡の王権」は、明治以後、どうなったのか?
    ・伊勢神宮・春日大社・明治神宮は、何を祀っているのか?
    ・古代ユダヤと、天皇は、どのように、連動していくのか?
  
21日(土)  熊本

テーマ:地球環境時代に、日本は、いかにアジアを取り込むか?

    ・世界の迷惑か、希望か? 中国を制するものは、世界を制す。
    ・自国を自分で制御できない中国政府。
    ・ドイツのサミット~「CO2を2050までに半減」合意が示す、日本の繁栄
    ・生命次元で、本当の、大東亜共栄圏がくる。 天皇観が変わる。
    ・北京オリンピックを乗り越えても、上海万博2010年が大問題の中国。
    ・朝鮮半島は、統一間近。 アメリカも支援している。  
    ・日本は、官僚支配を誰が終わらせるのか? 
    ・地方が独自の税収権限を持つときに、何が起きるか?


」22日(日)  博多

テーマ:地域の中で、自分の繁栄空間を、いかに創るか?

    ・インターネットの功罪と、爆発的な可能性
    ・四季にあわせ、自分のお祭り空間を創った人間が繁栄。
    ・色・音・ストーリー・食・芸・歌を、楽しみながら。
    ・発信と、世界連携
    ・生きている体感と、繋がっている体感
    ・誰もを、喜ばす「光」と「花」は、誰もが持っている。
    ・世阿弥の「花伝書」と、唱歌「蓮華の花」
   

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新井信介氏講演会 九州シリーズ7月開催   2007.6.10

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/516

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ