« 宮澤喜一元首相、死去       2007.6.29 | メイン | 日田市職労、佐藤陽一氏推薦決定    2007.7.2 »

日田玖珠広域消防議会、議長推薦に異議あり 2007.6.29

DVC00159mm.JPG 29日午前10時から日田玖珠広域消防議会が、日田市議会本会議場で開催される。
 初めての議会であり、議会構成の選挙がある。普段は、日田市議会議長(中野靖隆)氏の指名推薦で決定するが、菅田議員が「異議有り」を唱えて議長選挙になる。
 広域消防議会議員は、日田市から6名、玖珠町から2名、九重町から2名の10名で構成されており、選挙の結果、中野靖隆氏が9票で、無効票が1票となり、中野議長が誕生する。

 この議会、全員協議会(平成19年6月13日)で私が指摘した議員報酬については、どうなったのでしょうか?。

 清掃センターも日田市に帰属したし、火葬場、老人ホームも民営化し、残るは消防業務だけです。

 果たして、どれだけの議案があるのか。昨年は、議会が3回しか開催されていません。
 振り返りますと、
 日田玖珠広域行政事務組合議会 
 第一回定例会 平成18年3月30日午前10時02分開始~午前11時40分終了
 質疑なし。 反対討論1名(共産)のみ。


 第二回定例会 平成18年9月29日午前10時00分開始~午後0時30分終了
 質疑4名(社民3名、共産1名)。 関連質問1名(市ク)。 討論なし。


 第三回定例会 平成18年12月22日午前10時00分開始~午前11時13分終了
 質疑なし。 討論なし。

 この三回に対しての報酬は、
 
 議長 年額54,000円 副議長52,000円 議員49,000円
 これに、日当3,000円 費用弁償1kmにつき37円
片道4km以上のみ

 
 ところが平成19年度からは、回数が多くて3回、通常2回か。
 そして審議内容が激減するために、これを改正。
 それでも、以下のように。
 
 議長 年額40,000円 副議長38,000円 議員37,000円
 これに、日当3,000円 費用弁償1kmにつき37円
片道4km以上のみ

 通常の審議会などの報酬は、5,000円が普通です。

 年間報酬があるのに、どうして日当が出るの?

 市議会では、日当など出ません。郡部が一緒なので旧態前の議員報酬体系かな?。
 遅れています。
  

 県下で安いところは、
 議長 年額30,000円 副議長28,000円 議員25,000円(高田)


 同規模の、宇佐市は
 議長 年額35,000円 副議長32,000円 議員30,000円

 どう思いますか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日田玖珠広域消防議会、議長推薦に異議あり 2007.6.29

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/556

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ