五和地区振興協議会、日田市に再陳情  2007.11.26

IMG_4394mm.JPG 先に日田市長宛てに陳情(要望書)していました項目につきまして、回答が寄せられましたので振興協議会で検討し、納得のいかないものに対して、26日午後3時から再度陳情に伺いました。

 直ぐに解決できるものではありませんが、県・市道の拡幅問題、国指定のガランドヤ古墳・穴観音古墳の整備、最近出た横穴古墳に係わる開発行為、切実な遠距離通学の小学生に対する通学バス費助成制度の要望や、緊急を要する消防格納庫の敷地収用に係わる移設を含む問題などを強く要望いたしました。

日田市連合青年団創立60周年   2007.11.25

IMG_4302mm.JPG 日田市連合青年団創立60周年記念式典が、25日午後5時から亀山亭ホテルで開催されました。式典では、日田市青年団歌斉唱・綾垣憲一団長挨拶に続き、39代から45代の歴代団長が表彰され、宮崎隆生39代団長が表彰者を代表して謝辞を述べました。また、初代会長(昭和22年)の中島主税さんが元気に挨拶されたのが印象に残りました。

 私が住んでいる五和地区では、毎年青年団が川開き観光祭に芸能隊を作り参加していましたが、最近は団員不足で参加できません。私も自治会長さんたちと一緒に芸能隊に同行して市内を回るのを楽しみにしていましたが残念です。

 ここにも、少子化の影響が出ています。それと働く場所が無いのが影響しているのでしょうか。それとも、若者の意識が変化してきているのでしょうか。

東芝に続きキヤノンも日田市に進出表明   2007.11.29

IMG_4522mm.JPG
 昨日の東芝のナノカーボンテクノロジーの事業立地意向につぎ、今日10時から県庁で、キヤノンが日田市の三宮用地に立地する旨を発表しました。待望の企業立地です。

 これも、県主導で実現した、廣瀬勝貞知事のお陰です。また、キヤノンの御手洗富士夫会長(経団連会長)も大分県出身でもあり、東芝の件も事業の開発に大分県人が係わっており、とても感謝に堪えません。

 キヤノンは、トナーの詰め替え工場を建設し、雇用は1,000人とのことで、今後の日田市の景気浮揚にやっと陽が差してきました。今後が大いに期待される展開になってきました。

 

IMG_4515mm.JPG  東芝:ナノカーボン工場建設検討 先端産業に有効利用、日田の林業界に活路 /大分 11月28日16時1分配信 毎日新聞

 総合電機メーカー大手の東芝が、10年度にも日田市に建設を検討しているナノカーボン素材のプラントは、市場価値がほとんどなく処理に困っている間伐材や樹皮、製材端材などが先端産業で有効利用されることで、林業・木材業界に一つの明るい活路を提供しそうだ。(8面に関連記事) >◇東芝大分や自動車産業、大量需要を見込む

 日田市に絞った理由について同社水・環境システム第二部の田尻澄夫担当部長は「原材料入手のインフラが整っており、周辺に東芝大分工場、自動車産業、半導体産業などが立地。生産開始後、カーボンの大量需要が見込める」と説明する。

 同社によると、熱分解システムは、熱分解オイル化だけでも登録特許20件、高付加価値カーボン生成関連の出願特許が5件。計画では、プラントに持ち込む原材料は1日当たり100トン、生成するナノカーボン素材(カーボンナノチューブ、カーボンブラック)は同10トンで、年間生産量は約3000トンの見込み。販売する素材単価は安価に抑えられそうだ。

 また、操業は24時間稼働・4班編制とし、従業員20人以下。原材料は有料で引き取り、用地約5000平方メートルの取得など投資額は数十億円規模になるという。

 一方、木質系未利用バイオ資源は間伐材や根曲がり材などの森林系は市場価値がなく林地に放置▽樹皮、端材などの流通系は土壌改良剤や畜産用に推定利用率50~55%▽樹皮、ノコくずなどの工場系は畜産用やボイラー燃料用に同85~95%。日田市内では木質バイオマス発電所や火力発電補助燃料などに活用されているが、全体的な利用率は半分程度とみられる。

 木材技術支援機関の県産業科学技術センター日田産業工芸試験所の石井信義所長は「スギ、ヒノキなどの経済林ばかりでなく、ケヤキやナラ、クヌギなどの雑木も含めて新たな用途を切り開くもので、林業活性化と再生につながりそうだ」と評価する。【楢原義則】 11月28日朝刊

カーボンナノテクノロジーとバイオエタノールでマチ興し 2007.11.28

IMG_3266mm.JPG
  以前、市議会でナノテクノロジーについて少し触れましたが、これを応用したカーボンナノテクノロジーを使える企業を日田市に誘致できないか考える必要があると思います。それと、バイオ技術です。バイオエタノールは、糖度の高いお米や杉・檜から製造できると聞いています。特にスギ・ヒノキからバイオエタノールを製造できるのであれば、日田市にとってもってこいです。

 ナノカーボンテクノロジーにしても、遠藤守信教授は鉛筆の芯から紙やすりを使ってナノカーボンを作っていました。要は炭ですから木材からを採取可能ではないでしょうか。木材を極小に粉砕してバイオエタノールを取り出し、燃焼させればナノカーボンが出来上がる。これが採算ベースに乗れば、資源は無限で活用範囲はどんどん広がり、最先端技術を応用した企業が日田市に進出する可能性が高まります。まずは、こうゆう最先端技術を研究する施設の誘致から始め、実用化に入った企業を立地させる。これに、日田市の古代を掘り起こし、「倭国の起こりは日田から」「日田から大和へ」を実証する。

 これが、日田市の「川崎邦輔のマチ興しプラン」です。そして、川の清流を取り戻す。

 清流と歴史と最先端技術のマチ、ひた。

関連ブログ・・・・・カーボン・ナノ・テクノロジー 

 
平成17年9月議会 一般質問の中から

27番(川崎邦輔君) そういう構造改革特区という小泉内閣の目玉みたいなものもあるし、そういうものを見据えながら、まあ、現実としては小中の一貫校も日本で実施されてきてるわけですね。まあ、先進的なところではスウェーデンでしたが、あちらが非常に進んでいる学校制度をとってますけども、やはり子供を育てて世に送り出すという、これがスムーズに社会に立派な子供を送り出さないと日本の国家は成り立たないわけですね。
 今、非常に日本というのは、こう閉塞感に覆われてしまって、その閉塞感を打破してほしいというのが今度の自民党の大勝につながったんじゃないかなと、そういう見方もあります。けども、やはり実際に海外に出て最先端で活躍してる人の話を聞くと、本人は最先端の技術持ってる。この前信州大学の工学部の遠藤守信という教授の話聞いたんですけども、この方は、ナノテクノロジーを応用した炭素ですね、カーボンナノチューブという100万分の1ミリのチューブとか、粒ですね、これの特許持ってるとか製造できるという技術持った人です。
 彼は、長野の須坂の生まれで地元の信州大学を出て、そして今地元の信州大学の教授で研究してる。彼の持ってる技術を応用すれば、もうコンピューターが眼鏡の中に入ったりとか、耳の中にすっぽり入ったりとか、のどに張りつければ翻訳機になるとか、そういう最先端の技術を地元の、生まれた地元でやってるわけですね。この産業がうまく育てば、23兆から27兆というのは自動車産業に匹敵するような産業になると。そのうちの3兆円を長野県に持ってきたいと、そういう地元貢献できるような人間が長野県にいるわけですね。
 その教授が言うには、やはり日本の今の教育は非常に危機的な状況にあると。そういった中で、日本を改めて盛り立てていくためには人材の育成が必要なんだということを痛切に訴えてました。いわゆる新しい技術ができれば、今日本がつくってるような、今までこう自動車とか家庭の電化製品とかは、これはもう人件費の関係からいったら中国とか外国にはかなわない、だからそういうのは全部もう渡してしまって、まるで違う新しい技術で新しいものをつくるという発想を、そういう発想とかができるのが日本人じゃないかと、日本人の子供たちはそういう素質を持ってると思うんです。

第2回九電カップ 日田・玖珠 綱引き選手権大会 2007.11.25

IMG_4255mm.JPG 第2回九電カップ日田・玖珠 綱引き選手権大会(第15回九電杯)が、日田市立北部中学校体育館で開催され来賓で出席しました。  日田市での開催は、昨年に続き二回目で主催は日田玖珠綱引選手権大会実行委員会で、後援は九州電力株式会社日田営業所、大分県綱引連盟、玖珠郡綱引連盟、日田市教育委員会、玖珠町教育委員会、九重町教育委員会、大分合同新聞社、西日本新聞社でした。

 今年は、日田市役所からと九州電力、九重町PTAが初参加し、九州電力チームは、初の一勝を挙げました。  日田市役所青年部チームは、残念ながら全敗でした。初めての正式な綱引きで途惑っていましたが、途中から諌山体育保険課課長も飛び入りし、正規ルールでの綱引を体感していました。九州電力チームも日田営業所長が途中から飛び入りし頑張っていました。  一般男子が玖珠綱引クラブ、一般女子が玖珠メルヘン、小学校の部は八幡ドリームファクトリーズが優勝し、各チームに賞状、優勝カップ、優勝盾、記念品が贈られました。  来年も開催しますので、チームを作って参加しませんか。ルールの指導、用具の貸し出しなど綱引の正式審判員が対応します。小学校で取り組むと教育効果が抜群です。そして、PTAが一緒に参加すると相乗効果が上がります。皆さんチームを作って、正式ルールでの綱引に挑戦しましょう。  1920年までは、オリンピックの正式種目でした。

IMG_4085mm.JPG

初参加の日田市役所青年部チームで、

正式ルールの綱引きは、

初めてとの事で緊張していました。

IMG_4154mm.JPG

IMG_4118mm.JPG

小学生チームのアンカー(最後尾)の選手には

ヘルメットが怪我防止のために

義務付けられています。

IMG_4227mm.JPG

IMG_4182mm.JPG

IMG_4231mm.JPG

尻餅をついても両足で床を蹴り引っ張り込みます。

濃い霧で覆われた朝、底霧です。

IMG_3986mm.JPG

今朝は、底霧が発生し、視界が悪く、車両もゆっくり走っています。

日田の名物ですが、最近は発生回数が減ってきています。

これも温暖化の影響でしょうか。

<

IMG_4046mm.JPG

早朝から川に網を入れて追い込み漁をやっている人がいました。

カマツカやハヤが入っています。

痩せた鮎が一匹入っていました。

目的のシラハヤは入っていないとの事。

最近は、なかなか獲れなくなったとの事、また川が汚れていると嘆いていました。

IMG_4045mm.JPG

 

秋月で満月を見る。  2007.11.24

IMG_3972mm.JPG
 今日は、新井信介さんを秋月まで送りました。新井さんは、途中で道の駅「あさくら」に立ち寄った際に、酵素たっぷりの糠漬けを購入していました。自然の酵素を体内に取り入れ免疫力を高める。ナルホドです。

 秋月の今井さんが、甘木のバスセンターまで出迎えてくれ、福岡の「こころん」のMaoさんとも合流し、まずは美味しい蕎麦で腹ごしらえとお店に寄ると、待ち客が10組と聞き諦め、屋台でだご汁を。

とにかく秋月には、三連休の中日とあって大勢の人がつめ掛け、甘木側からの進入路は自動車が数珠繋ぎでした。

 時間になり、まずは、「即興ピアニスト」今井テツさんの「ピアノ」のやさしい調べを皆で聞き、新井さんの講演会の内容は、日本と中国・世界の古代からの「歴史の史実」についてと「これからの生き方」についてで、気がついたら外は、真っ暗で、空には満月が出ていました。こんな日には、テツさんがコンサートを開いているそうです。その後、新井さんとMao山は、夜の講演会会場福岡市の木香庵(もっこうあん)に向かいました。

IMG_3979nn.JPG

黄牛(あめうし)の滝に行ってきました。 2007.11.23

竹田市久住町にある「黄牛(あめうし)の滝」に、行ってきました。

熊本経由で入った新井信介さん清田さんらと現地で合流し、滝壺へ。

渓谷のなかに忽然と滝が現れます。

滝壺で細かい水しぶきを浴びているだけで、気持ちが清々しくなります。

マイナスイオンが充満しています。

空を見上げると、紅葉も綺麗でした。

滝で充分にリフレッシュした後は、滝の直ぐ上流にある、

出会いの湯「宮城温泉」に浸かっていい気持ちに。

アルカリ泉質で、お湯に浸かって肌を触ると手触りがツルツルに、

地元の人と会話して、近所にある「いい場所」を紹介して貰いました。

今度は、改めて「いい場所・気持ち居場所に」行きたいと思います。

IMG_3731mm.JPG

滝をバックに新井信介さん。

この後、川の中に入り、

清流を体感。

 

IMG_3737mm.JPG

上の画像ですが、滝の左側に「大王」の顔が、

秋月で皆で見たら直ぐに新井さんが発見しました。

IMG_3743mm.JPG

玉響(たまゆら)もお出迎えしてくれました。

たまゆら(玉響)写真館

隼風之玉響図鑑

IMG_3757mm.JPG

動画でも楽しめます。

別のブログにセットしています。

テレビの影響、凄いもんだ。 2007.11.24

テレビの影響は、本当に凄いものです。

早速、インターネットに当日(11月24日)の模様が写真入で掲載されています。

IMG_3877mm.JPG
本当に、皆さん神社にお参りに行っています。写真は、11月24日の早朝の「日の隈神社」ですから静かなものです。

Fw:Fw:2008年開運風水!!〓〓 2007.11.23

Keikoさんから携帯電話に届いたメールを、このブログに転送しました。

朝起きと朝日を浴びる。115円のお賽銭と神社に参るは、毎日のことですから大丈夫です。

でも、お昼の参拝は、明日、新井信介さんを秋月まで送らないといけませんので無理です。

・・・・・・・・・・・・ 

**転送元のメール** おもいっきりイイテレビで放送されました。 2008年の運勢は、明日11月24日の過ごし方で決まるそうです。宇宙に流れる「気のエネルギーが一年でもっとも長い」日が明日だそうです〓〓ちょっと長くなるけど願い事を叶えたい人はしっかり読んで下さい!!〓朝〓 ?、6時までに起きて部屋を換気し、寝巻を着替え、朝日を15秒浴びる ?、9時に来年の願い事を北を向き声に出して祈願書に赤い字で書き封筒に入れる(同じ物を二通)封筒の表は「平成20年祈願書」裏には「自分の名前」〓昼〓 ?、正午に祈願書を持って神社にお参りに行く。 ?、おさい銭を115円入れ、二礼二拍手一礼で願い事を唱える。 ?、祈願書は一通は神棚などの大切なところに保管。一通はカバンなどに入れて持ち歩く〓夕方・夜〓 ?、夕方までに家の東北と東を綺麗にする。(運がきやすいように) ?、東北と東に(金・銀・赤・白)来年のラッキーカラーを置く ?、夕食は豆腐を食べる。以上の事をすると来年はきっと素晴らしい年になります。〓明日、絶対やっていけないこと!! ※ケンカと愚痴は厳禁!!だそうです。来年が良い年になりますように〓〓〓〓

1195852267_0.jpg

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ