« 防災気象講演会に参加  2007.11.14 | メイン | やまくに案山子王国に行ってきました。 2007.11.15 »

防災気象講演会に参加 ② 2007.11.14

IMG_2851mm.JPG 講演の第二部は、京都大学大学院理学研究科の竹村恵二教授が、「大分県の活断層・地震・被害想定」と題して、地震発生のメカニズム、地震予測、日本の大きな活断層から、発生予測、大分県の活断層を細かく分析した結果を報告しました。

 県内にも随分と活断層が走っています。そして、各断層で地震が発生した場合の被害予測が出来ていることに、少し驚きました。

つい最近では、別府市で地震が発生しましたが。

東海南海沖地震の発生確立が高まっていることが説明で改めて認識しました。

東京には、二人の息子が大学に通っていますが心配になります。 IMG_2887mm.JPG

 

地震ハザードステーション

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 防災気象講演会に参加 ② 2007.11.14

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/732

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ