« 日田市立三隈中学校卒業式 2008.3.7 | メイン | 北京オリンピック対策 2008.3.16 »

中国では、北京オリンピックを前に開催懸念材料が 2008.3.15

IMG_8036mm.JPG
IMG_8022mm.JPG
 (画像は、2006年秋に北京を訪問した時のものです。建設中のオリンピック施設)

 北京オリンピックを前に、中国のチベット自治区で暴動が起こっているとの情報が13日に流れていましたが、15日になって報道トップに上がってきました。大紀元での扱いは、と思い覘いてみました。  

 農薬入り中国餃子で食に対する赤信号が点灯、環境問題の不安を取り上げ、北京オリンピックへの参加を拒否する選手の登場など、深刻な懸念材料が整ってきています。人権問題などを背景に、モスクワオリンピックのようにボイコット問題に発展する可能性が出てきました。

 平和の祭典としてのオリンピック開催を期待したいものです。

 せめて、紛争地帯での開催期間中休戦を。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下は、大紀元HPからです。

チベット暴動で80人以上の死者


 【大紀元日本3月15日】中国チベット自治区ラサ市で発生した大規模な暴動は、拳銃や催涙弾によって鎮圧され、政府当局は7人の射殺を公表。しかし目撃者の証言によるとすでに80人以上が射殺されているという。

 新華社によると、暴動は14日晩に鎮圧され、この暴動による外国人の死者はなく、消防と警察は燃えた車の残骸などの処理を開始しているという。

 暴動による死亡者数について、ラジオ自由アジア(RFA)は警察の発砲により多くの死者がでたと伝え、目撃者の話では「寺院で2人、庭でも2人の遺体を発見した。ほかにも26人が殴られ怪我をしているのを見ている。恐らく死者は80人を超えているだろう」という。

 また「チベット佛教最高指導者ダライ・ラマ組織画策」を非難し、今後の徹底的な鎮圧を公表した。

 中央社によると、亡命したチベット精神指導者ダライ・ラマのスポークスマンは、中国がダライ・ラマの活動を暴力抗議活動と非難したことについて、「完全に何の根拠もないもの」と述べた。また、ダライ・ラマの秘書は「我々は、これらの非難が完全に何の根拠もないもので、いかなる真実性もないものとはっきり言える」「これらの非難は過去にもよくあったことで真実ではない。我々はこの抗議活動は民衆の自発的なものと認識している」と伝えている。

 
(翻訳・坂本)


(08/03/15 22:40)



■関連文章
  • ラサで抗議活動のチベット人大量逮捕=チベット自治区(08/03/12)
  • 中国当局、「チベット独立」支持のビョークを強く非難(写真)(08/03/09)
  • 鳥インフルエンザ今年2度目の発生:チベット(08/02/22)
  • 英チャールズ皇太子、北京五輪不参加(写真)(08/02/09)
  • ケニアの暴動による死者、1000人を突破=赤十字(写真)(08/02/05)
  • チベットで鳥インフルエンザ発生(08/01/30)
  • チベット僧侶、中国当局の圧力により自殺か(08/01/24)
  • 中国当局、ダライ・ラマ帰還反対の署名チベット人に強要(写真)(08/01/07)
  • ケニア大統領選で現職再選受け暴動広がる、死者120人以上(写真)(08/01/02)
  • 神韻芸術・クリスマス公演開幕、内包豊かな舞踊芸術に感涙の声(写真)(07/12/22)
  • 青蔵鉄道、軍事輸送の主要な手段に(写真)(07/12/04)
  • ダライ・ラマ後継者問題、言動不一致の中国共産党(写真)(07/11/25)
  • 独メルケル首相、ダライラマとの会見を肯定=独メディア支持(写真)(07/11/24)
  • ダライ・ラマの公開支持者を国家政権転覆罪として拘束=中国四川省(07/11/15)
  • ダライ・ラマ:漢民族のチベット大量移入、「人口侵略」と非難(写真)(07/11/07)
  • トラックバック(0)

    このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国では、北京オリンピックを前に開催懸念材料が 2008.3.15

    このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/881

    2012年2月

          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29      
    My Yahoo!に追加

    アーカイブ