« 天ヶ瀬町、創価学会墓地を舞台に詐欺事件 2008.6.7 | メイン | 本会議に先立ち、永年勤続表彰25年 2008.6.5 »

秋葉原で通り魔、大惨事 2008.6.8

IMG_6218mk.JPG
 東京秋葉原で大惨事がありました。トラックで人通りに突っ込み、後はサバイバルナイフで手当たり次第に通行人へ襲いかかる。最初は、暴力団員との報道もありましたが、犯人の情報が入ってくると、何処にでもいる感じ。東京に出て行き、人材派遣会社社員、社会が面白くない。ネットへの書き込みもあるようで、まるで今風。

 こんな事件があると、東京に住んでいる息子二人のことが気にかかります。今回は、死亡者に二十歳の人が含まれていて、「息子さんは、大丈夫?」との電話を頂きました。ご心配をかけました。また、今回被害に遭われた方のご冥福、ご回復をお祈りいたします。

 最近ですが、あるブログに格差社会が広がり、ワーキングプアーの出現、そして公共工事の削減に伴う労働者の失業、リストラ、企業倒産による失業。賃金は上がらず、逆に下がる一方。そして、物価高が生活をじわりじわりと苦しめる。その逆に、税金で雇用しているはずの人たちが、役人天国の様相。皆が信頼して預けていた年金が、信頼を失い、後期高齢者医療制度は、今まで社会を支えてきた老人を切り捨て、若い世代に税金負担を押し付けようとする。こんな世相が続けば、凶悪犯罪でも起こして死刑になった方がマシだ。と考える輩が出てきて、凶悪犯罪が増加することを予測していましたが、まさにその通りになっています。

 今回の事件をきっかけに、また類似の事件が発生しないことを祈るばかりです。 

 また、2チャンネルにも、事件に関する書き込みがあったようです。

 掲示板では5月27日午前2時39分、「秋葉原で忍者姿の痴漢が刀振り回し大惨事!」
とのタイトルとともに、「6月5日以降絶対事件起こるだろうから先に立てとくね」との記述があった。

 とのこと。「最近、世の中が可笑しいね?」が、合言葉のようになっています。

 「どげんかせな、いかん!」です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 秋葉原で通り魔、大惨事 2008.6.8

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/954

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ