日田祇園集団顔見世で、広瀬知事も参加 2008.7.24

IMG_0989mk.JPG 夕方になると、大勢の市民が集まってきました。外人さんの見学者や山鉾の引手のメンバーの中にも外人さんが何人か入っています。18時30分過ぎから、先ずは平成山鉾が先発で入場。続いて中城町、三隈町、港町、大和町、豆田下町、川原町、豆田上町、若宮町と九基の山鉾が、駅前の商店街に勢揃いしました。

 壮観な眺めです。途中で、何粒かの雨が落ちてきて心配しましたが、直ぐに上がりました。勢揃いし、辺りが暗くなってから、後藤稔夫山鉾振興会会長の号令で、一斉に提灯に明かりが点灯されました。私たち町内の提灯を持っている者も、提灯のロウソクに火を点しました。一斉に山鉾の提灯に火が燈ると、拍手と共にどよめき、感激の声が上がりました。

 でもその後が大変。木立のために見通しが悪く、全体が見えないとのブーイングがあちらこちらで聞こえました。やはり予想通りに反発が起こりました。例年通りの駅前広場であれば、もっと壮観な、華麗な、見事な山鉾の晩山を味わえたのに残念な限りです。

IMG_1002mk.JPG 

今にも雨が降り出しそうな雲行きに、

ハラハラドキドキ。

でも、何とか持ちました。

観光祭の花火大会が、

雨の中でしたから、

チョッと心配しました。

IMG_1004mk.JPG 

IMG_1000mk.JPG

IMG_1014mk.JPG

IMG_1015mk.JPG
IMG_1016mk.JPG

IMG_1017mk.JPG

IMG_1033mk.JPG

IMG_1019mk.JPG

IMG_1020mk.JPG

 商店街の窮状、日田市経済のどん底状態からの回復を、

 広瀬勝貞県知事に訴える、梅木利夫駅前商店街会長。

 日田キヤノンマテリアルの進出は決まりましたが、

 今の経済の状況は、従来からの基幹産業(林業関連)の衰退、

 公共工事の減少。

 物価高による尚一層の景気の低迷。

 どげんかせな、いかん。

 しかし、今年は日田林工高校野球部が、

 甲子園に出場し、少し町に元気が。

IMG_1024mk.JPG

IMG_1028mk.JPG

 平成山鉾の前で祇園囃子を披露する、

 日田祇園囃子保存会のメンバー。

 すべての山鉾に乗り込み、

 山鉾が巡行する間、

 祇園囃子を一日中、奏でます。

IMG_1027mk.JPG

IMG_1047mk.JPG

IMG_1050mk.JPG

IMG_1052mk.JPG

IMG_1060mk.JPG

 集団顔見世の最後、順番に自町に戻っていきますが、その前に「腰きり」(棒鼻が担ぎ棒を肩で持ち上げ、後ろ押しは山鉾後部に乗り込み、梃子の原理で前部を持ち上げる)で、山鉾を回転させます。豆田の山鉾には、地元の広瀬勝貞大分県知事がニコニコしながら乗っています。「故郷は良いもんだ」でしょう。日田にもっと元気を!

IMG_1091mk.JPG

IMG_1095mk.JPG

IMG_1094mk.JPG

日田祇園山鉾が今日から運行 2008.7.24

IMG_0968mk.JPG 大原神社の橋本宮司による神事の後、祇園山鉾が試し引きで町内を巡行します。この日は、本番に備えて旧大和町(現在隈町)を巡って、山鉾の出来上がりの調子を見ます。 20年前までは、これで、この日は終了でしたが、20年前から集団顔見世が始まり、忙しくなりました。また、新たに平成山鉾も完成し、一層忙しくなっています。 その集団顔見世が始まって20周年と言うことで、今回の顔見世は晩山(提灯を付けて夜、練り歩く)です。

 本番前(26・27日)でもあり、晩山をやると豆田地区や若宮地区などは、帰着時間が下がり、疲れが残ります。 また、大和町の当番町は、自町の山番(山鉾を守る)と平成山鉾の山番と言う仕事が残ります。大変です IMG_0952mk.JPG
IMG_0978mk.JPG

 11:30からの神事が終わり、町内の試し引きが終了したのが14時過ぎ、集団顔見世の集合時間が17:30。随分と時間が余ります。

日田祇園集団顔見世、今日の夜に 2008.7.24

IMG_0936mk.JPG 今日は、祇園山鉾の試し引きの日です。従来は、町外への山鉾巡行など考えられなかっった習慣を、関係者の協力で、この日に限って日田駅前に全山鉾が集合することなりました。平成山鉾も参加しますので9基の山鉾が、今年は提灯を付けて並ぶことになります。平成山鉾の神事は、9:00から。大和町の山鉾は、11:30から神事を行い、町内を巡行します。各町内によって山鉾の運行時間がマチマチです。 今年の集団顔見世は、日頃は全く見られない光景に遭遇することが出来ます。

 皆さん是非お越し下さい。日田駅前には、18時ごろから各町内の山鉾が集合してきます。従来とは、位置が少し変わりますが、直ぐに分かります。

 それから、夜の晩山集団顔見世は、今年限りで、来年からは従来の昼に行なうことになっています。

 本当に、滅多に無いチャンスですよ!

 私もこれから出陣です。

 この記事の画像は、23日の大分合同新聞の記事からです。見開き全面2P建てで、日田祇園を特集しています。大和町と三隈町は、21日に日田山鉾祇園会館で撮影したものです。私は、大和町の向かって左下、人形師の長嶋作造氏らと並んでいます。   IMG_0939mk.JPG

県道日田朝田線改良の説明会開催 2008.7.23

IMG_0941mk.JPG
  23日午後7時半から、五和振興センターで県道日田朝田線交通安全工事について、地元対策協議会に日田土木事務所から説明がありました。この県道500mについて石井小学校の通学路に当たり、通学児童の安全を確保する為に国の予算対応で改良が出来るようになりました。 500mについては、車線は2車線で歩道は2.5m幅、また起点より反対方向の石井小学校入口まで工区を追加することが説明されました。法面については、今後詳細設計に入り漸次地元へ説明するそうです。 業者決定は、9月末、工事着工は10月から11月になりそうです。また、この地域は公共下水道工事も予定されており、この工事と連携してやるよう、県と市が調整しています。 五和地区悲願の道路整備が、地元地権者の協力による実現が間近になりました。
IMG_0942mk.JPG

IMG_0946mk.JPG

IMG_0945mk.JPG

大きな地震が、M6.8 震度6強 2008.7.24   

IMG_0935mk.JPG
 24日午前0:26岩手県沿岸北部で震度6強の地震が起こりました。各放送局が報道を始めました。しかし深夜である為、被害の状況がなかなか掴めないようです。これから、早朝にかけて被害の状況が明らかになるでしょう。最小の被害であることを祈ります。

 明日は、日田祇園祭り集団顔見世です。そろそろ寝ることにしましょう。今、1:33です。

 

9万年前の樹木を見学  2008.7.23

 
IMG_0894mk.JPG
 9万年前の阿蘇の大噴火、第四火砕流で埋もれた樹木を見に小野川に行きました。この日は、佐藤市長と小野小学校の3年生以上の児童も一緒に見学しました。 昨年の1月に一部を発掘し公開しましたが、今回は前回以上に発掘した範囲が広がっています。今回は、埋没した樹木を掘り出し保存し、樹木が立っていた地面まで掘り下げるようになっています。いろんな発見が期待されます。

  掘り出された樹木を手に取ると、硫黄の匂いがします。表面が火砕流で焦げていますが、内部はそのままです。長年地中に埋まっていたので、圧力がかかり当時より縮小しているとの事でした。小野小学校の児童に、この埋蔵物をどうしたら良いか聞いてみると、「プールにして保存したら」との答え。プールを作って底をガラス張りにし、潜ると見えるようにすると、この暑い季節には、ピッタリかも。

  佐賀にあるこの手のものは、国の天然記念物に指定されています。今日は、佐藤市長や文化庁、福岡市の博物館職員などが見学に訪れています。この小野川の阿蘇山の第四火砕流による埋没林も、国の天然記念物に指定されることは、間違いないでしょう。

  日田市の貴重な文化財としての、そして地域の活性化に繋がる活用法を考える必要があります。

IMG_0896mk.JPG
IMG_0901mk.JPG
表示
IMG_0892mk.JPG
IMG_0917mk.JPG

IMG_0922mk.JPG
IMG_0920mk.JPG

※動画でも現場の風景を⇒ここをクリック

通り魔殺人再び、一人死亡    2008.7.23

IMG_0392mk.JPG  昨日、八王子市の書店で通り魔殺人が発生しました。中央大学の3年生ですから、私の次男と同級になります。東京での学生生活のためにアルバイトをしていての、突然の被害です。長男も学生時代に調布市の書店でアルバイトをしていましたので、他人事ではありません。

 先の秋葉原の事件では、直ぐに知人たちが息子さんは大丈夫との電話がありましたが、治安の良かった日本は、一体何処に行ってしまったのでしょう。

 犯罪も凶悪化しているし、犯行動機がどうも幼稚化している様に感じます。道徳教育を等閑にしている現状が、この世相を生み出しています。間違った戦後教育の付けが、今の子供たちに降りかかっています。

隈庄手消防団、操法大会に備えて 2008.7.16

IMG_0361mk.JPG
 27日の大分県大会を控えた、日田市隈庄手消防分団の操法訓練を激励に訪問しました。2ヶ月ぶりです。訓練場所は、日田天領水さんの工場内です。なかなかに素晴らしい場所です。水も近くにあるし、直線コースもバッチリです。街灯も、虫が寄ってこない電球を使っていますので快適に訓練できます。ここで訓練する前は、亀山公園の駐車場で訓練していました。優勝できれば、日田天領水さんに感謝です。

 県大会まであと僅かですが、動きが格段に上達しています。上位入賞が期待できそうです。

 五和消防分団が県大会に臨んだ時も、激励に伺いましたが、日中に自分の仕事があり、その後の年間を通した訓練に頭が下がります。

 これからも、一掃頑張ってください。県大会で優勝し、全国大会への出場を期待します。

IMG_0330mk.JPG

市議会議員選出農業委員、選挙で決着 2008.7.16

IMG_0322mk.JPG 16日午後1時から、日田市議会臨時議会が招集されました。議題は、日田市農業委員の選任が議題です。日田市議会から、4人選任しますが、従来から、2名枠を民間の女性団体に割り振っています。これは、議会側から提案して実施しています。農業団体からと消費者団体から選出しています。

 今日は、市議会議員から2名を選出することになりますが、例によって議会開会後、直ぐに休憩をとり、選出委員の調整です。その前に、議会推薦する新女性委員の挨拶を受け、その後、延々と調整が続きました。

 まず、農業委員になりたい希望を取ると、6名が手を上げました。私と樋口議員、城野議員、高瀬敏議員、日隈議員、財津議員です。最終的に4名に絞込み、それぞれ校区内での調整を図りましたが、手を下ろすことなく、調整は難航。そこで、希望者のいない社民クラブから委員を出すことを、一部議員が社民クラブに提案し検討に入りました。

 この辺りで、午後5時を迎える直前となり、議会を開会し午後9時までの時間延長を議決し、再調整に。各会派の思惑があり、調整付かずで選挙選に持ち込まれました。画像は、開票を見守る議員。

 単記無記名方式で投票し、樋口議員(市政クラブ)11票、溝口議員(社民クラブ)10票、日隈議員(共産党)3票、城野議員(公明党)2票、財津議員(無所属)2票となりました。投票総数が28票ですから、すべて有効投票となり、上位2名が議会からの農業委員となりました。ここで、無所属議員に2票投票がありましたが、誰が1票を投じたのか?の詮索が始まりましたが、市政クラブの造反の1票でしょう、となりました。(市政クラブは12名ですから)では誰が?直ぐに名前が・・・・。

 来年の5月臨時議会は、どうなることでしょうか。議長をはじめ、各種委員会の総入れ替えがあります。

ハッピーウエディング、kazu&minami 2008.7.12

IMG_0200mk.JPG 今日は、早朝から友人夫妻と熊本に向かいました。共通の友人の娘さんがハッピーウエディング。熊本大学大学院(工学系)を卒業した才媛です。始めて行く結婚式場で、熊本空港近くにあるマリーゴールドと言う、日田には無いタイプの結婚式場です。先ずは、今晩宿泊するホテルにチェックインしてそれから式場に向かいました。

 式は、人前結婚式で、親族が列席し、その周囲を囲むように友人知人が、グラスやカメラを片手に囲みます。新郎新婦の宣誓書へのサイン、指輪の交換と進みます。

 披露宴は、式場の階下で吹き抜け、これも日田には無いタイプ、新婦が今日の披露宴のメニューを紹介します。昆布〆にしたサーモンと海の幸のサラダ・新玉葱のムースと共に、ウニのコンソメロワイヤル・色々お野菜を浮かべて、香ばしく焼き上げた旬のお魚と帆立貝をハーブビネガーと味噌風味のソースで、牛フィレ肉のミニョン・木の子のラグー添え・和風トリフソース、炊き込みご飯をお茶漬けに・葉山葵の香りを楽しんで、ココナッツプリン・宮崎マンゴーのコンポート・ライチのシャーベットを添えて、パン、コーヒー。

  DVC00113mk.JPG

 二人の出会いは、自動車レースの会場で。レーサーとしても活躍してきた二人です。小さい頃から、二人とも自動車が大好きだったようです。新婦は、大学院時代にプレゼンテーションを認められ、ホンダ自動車に就職が決まっていましたが、結婚でリタイアです。でも、彼女のことですから、また別の世界で才能を開花させることでしょう。キャリアウーマンとしても、専業主婦としても。これは、私だけでなく皆さんの感想です。

 披露宴の終了後、二人で、かごに入ったものを出席者にプレゼント。ドバイで買ってきた貝殻の詰め合わせ。小さなカップの海の中に沈んでいます。ドバイは、二人で旅行(事前の新婚旅行)した思い出の地。

 テーブルのネームは、すべてドバイの町の名前が付いています。「もし、一億円当たったら」の問いに。新郎は、「ドバイに永住したい。」 先日も、天祐会の平山千揚先生が、生徒をドバイの旅行に誘っていました。とにかく、石油枯渇後の将来を見据えて、潤沢な資金を観光に注ぎ込んでいるので、凄いの一言とのこと。行ってみないと実感が湧かないな。

 とにかく、新郎新婦の人柄が溢れた、アットホームな素敵な結婚式でした。

 お幸せに。

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ