« 大分県教育委員会不正常態化、現場不信今更 | メイン | おおいた産業活力創造戦略 マチ研 2008.7.11 »

日田市医師会との懇談会 2008.7.8

IMG_9725mk.JPG
  8日18:30から亀山亭ホテルで、日田市医師会(12名)と日田市議会(26名)の懇談会を開催しました。今回の懇談会は、室原議員が主体となって、医師会との調整を進めてきました。前回の懇談会では、ドクターヘリの再開を提案され、市議会でも取り上げ、ドクターヘリの再開を果たした経緯があります。

 今回は、まず医師会の渡邊隆先生が、「日田准看護学院の事業」について述べ、次に石井博基会長が、「地域医療の現状と課題」と題して、厚生労働省の資料を使いながら講演していただきました。

 話の中で、医療業界も少子高齢化の影響の中、厚生労働省の適切でない医療改革により、大変な様子が窺い知れました。小児科・婦人科の医師不足、制度改定による医師の偏在化、女性医師の増加による現場での苦労。医事紛争の増加。国民健康保険と社会保険の統合の難しさ。クレーマーや医療費を踏み倒す患者の増加など。

 そうした中で、医療難民が増加し、皆保険制度が崩壊しようとしている現実。国は、皆保険制度を廃止し、民間保険会社による医療保険の販売による、アメリカ方式を目指しているようです。貧乏人は医者にかかれない世の中になる可能性があります。自らの改革をやらずに、国民に受益者負担を押し付ける世の中は好ましいものではありません。社会保険庁の問題もそうですし、薬害問題なども、企業優先利益優先が生み出した産物です。

 講演のあと、お互いに意見交換、質疑などをやり、その後、酒宴で懇親を深めました。

 最後に、私の日田式打ち込みで、今回の懇談会を閉じました。

 今回の懇談会で、国民に顔向けの出来る医療の実現を目指して、頑張る必要が、 議員に求められている事を改めて痛感しました。

 

 日田准看護学院

   オープンキャンパス開催!

 平成20年7月24日  受付 10:00~

 場所 日田准看護学院

 〒877-1232

 大分県日田市清水町802番地の5

 Tel/Fax 0973-23-8836

日程 10:00~受付

    10:20~オリエンテーション

    10:40~演習風景見学:「食事介助」

    12:00~休憩

    14:00~血圧測定・脈拍測定の実際(体験)

    15:00~学院の案内

    15:20~まとめ

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日田市医師会との懇談会 2008.7.8

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/975

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ