« 冴木杏奈さん、タンゴを歌う  2008.6.29 | メイン | 自民党支部が解散し、全員離党  2008.7.10 »

大分、教員不正採用事件拡大、県議も関与 2008.7.10

IMG_9557mk.JPG

 次々と出てきます。教育委員会上層部の指示。県議会議員の関与。教職員組合との事前協議。世も末ですか。やっと出てきた感じです。他にも、もっとあるのじゃないですか。

 長年に亘り、日田市立三隈中学校、大分県立日田高等学校のPTA会長を務めてきて、いろんな話を聞いたり、体験してきました。特に、教職員の採用に関しては、非常勤講師に優れた人がいるのに、どうして採用にならないのか。との疑問の声を沢山聞いてきました。採用枠が少なく、競争率が高いので、難しいのでしょうと、答えてきましたが。現場を見ていると理解できます。出来る先生。出来ない先生。繰り返し問題を起こす先生。ワードショー並みの事件を起こしている教師を、仲間がかばっているケースも。庇うというより、自分の身に管理責任が降りかかってくることを恐れているのでしょうが。

 しかし、今回の事件で、採用されないのが、何と、不正改竄が原因とは。ナルホドですが。開いた口が塞がりません。採用されるべき人の解答を間違いに訂正?間違いを正当な答えに訂正?これでは、いくら努力しても、採用には至らないでしょう。果たして、今回の事件だけなのでしょうか。違うでしょう。それも、教育界だけでなく、県議会議員の口利きなどは、これだけに止まらないでしょう。長年に亘って、公務員採用に絡んだ事件は、たくさんの話を聞いています。証拠が無いだけに、訴えることが出来ませんが。

 今朝も電話が入りました。日田市は大丈夫なのですか?市議会は動かないのですか?日田市でも在っているのでは?現場に直面している保護者は分かっていますよ。子供を人質に捕られているから、なかなか問題に出来ませんが。深刻な問題も発生しています。

 この際、膿を出しきらないと、問題の解決には繋がりません。それにしても、今回の事件に絡んで佐伯市の三人の管理職にある教員が、昇進に絡んで商品券の授受があったと警察に名乗り出ました。これで、県警も安易な幕引きが出来なくなりました。もう、既に大量の不正採用された教職員が、教壇に立っています。この事件の最初は、日教組が教育委員会に食い付いていましたが、何をか言わんやです。

 以下に、産経新聞の記事を掲載しました。同感です。

 (画像は、2008.7.04 日田市中の島から見た西の空)

大分教員汚職、保護者ため息 教委と教組、長年の癒着

2008年7月10日(木)08:15
  • 産経新聞
 教員採用汚職が発覚した大分県の教育界は、古くから教育委員会と教職員組合が教職員人事などについて事前協議を行うなど、閉鎖的でなれ合う癒着体質が批判されてきた。事件では悪質な点数改竄(かいざん)や県議口利き疑惑も浮上、学校では逮捕された小学校校長らの不在が相次ぐ異常事態に保護者らの不信が募っている。

 ■県議口利き

 事件では、採用担当だった県教委義務教育課参事、江藤勝由容疑者(52)=収賄容疑で再逮捕=が平成18、19年の小学校採用試験で不正に合格させた約30人の中に、複数の県議が口利きしたケースが含まれていることが、関係者の話で判明。さらに18年と19年の中学校採用試験でも、上層部の指示で一部の受験者に加点していたことも分かった。

 19年の小学校採用試験では、県教委上層部の口利きがあった受験者15人前後の点数を最大百数十点水増しし合格させる一方、一般の受験者を減点、本来合格だった約10人を不合格にしていた。

 学期末と夏休みを目前にした多忙な時期だが、大分県佐伯市では逮捕された校長、教頭の後任が決まらず、昇進人事で商品券贈与を県警に「告白」した校長らも学校を休み、5つの小学校で校長や教頭不在だ。

 ■事前協議...

 大分県の教育委員会は、教職員組合との癒着体質が強く批判を受けてきた。教委幹部にも教組出身者が少なくない。

 日教組傘下の大分県教職員組合の加入率(昨年10月、義務教育)は約65%で、全国有数の「日教組王国」と知られる。

 県教委は昭和45年ごろから県教組と教職員人事をはじめ、各種通知の内容、卒業式の日程、研究指定校の選定などについて事前協議を続けてきた。平成14年1月には、「今後は県教委の責任で『主体的』に事務事業を執行する」と県教組に"関係清算"を通知、「今は事前協議はしていない」(総務課)とする。

 だが、地元議員によると、数年前、組合が教員の異動先を事前に把握していたこともあったといい、「教委の上層部は組合出身者が目立つ。実質的には変わっていないのではないか」との声もある。

 「PTAから教職員の人事まで、あらゆる分野を教職員組合が牛耳っている。教育委員会と組合の癒着構造にもメスを入れてほしい」。地元の保護者はため息をつく。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大分、教員不正採用事件拡大、県議も関与 2008.7.10

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/972

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ