« 闇の子供たち  2008.8.8 | メイン | 七月のある日の朝   2008.7. »

北京オリンピック開会式 2008.8.8

IMG_2047mk.JPG
北京オリンピックの開会式が開かれました。開催そのものが危ぶまれる事態が続いていますが、予定通り始まりました。環境問題、人権問題、衛生問題など多くの問題を抱えての開催です。

 「一つの世界」「一つの夢」を求めての開催です。入場行進する204ヶ国の選行進している各国選手団を見ていると、その感を強くします。こうゆう形で、世界の人々が手を繋ぐと「平和」が実現できるのでしょうが。

 でも、こうしている間にも地域紛争で、多くの人間の血が流されているのも現実です。

 中国にとって今回の北京オリンピック、次の上海万博は、国家の威信を賭けた大事業です。しかし、これらの事業を通して世界の現実とも国民が向き合います。今後の中国の動向は、これまで以上に注目する必要があるでしょう。

 入場行進で、イスラエルの次に日本が入場しましたが、因縁めいたものを感じました。先月、7月20日に、日田祇園会館で山鉾の組立をやっている時に、京都の新井信介さんから電話が入りました。イスラエルの首相が辞任し、後継者にエリ・コーヘン氏が有力視されているとの連絡でした。これで中東情勢が変化する可能性が出てきたのとの事でした。私とエリ・コーヘンさんが会食してから、もう一年になります。

 (話がそれました。)

 そして、開幕式のセレモニー、中国の演出に改めて感心させられました。上海での国際観光花火大会に招待された時に、その片鱗を感じましたが、さすがです。総合監督は、チャン・イー・モー。なるほどです。納得。空中滑走から聖火に点火。

 最後まで、何も起こらないことを祈ります。

IMG_2065mk.JPG
IMG_2068mk.JPG
IMG_2052mk.JPG

 

IMG_2053mk.JPG

IMG_2059mk.JPG
 
 
 

IMG_2072mk.JPG
 
IMG_2078mk.JPG

IMG_2080mk.JPG
IMG_2082mk.JPG

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 北京オリンピック開会式 2008.8.8

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/990

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ