« 素晴らしい夕焼けに心を奪われ 2008.8.7 | メイン | ナノカーボン製造実証プラント立地 2008.8.29  »

夏の夕暮れ時の三隈川に祇園囃子が 2008.8.9

 一昨日と一味違う、三隈川の夕暮れ時です。
 毎日、違った顔を見せてくれます。
 三隈川の川面から、祇園囃子の調べが流れてきます。
 そう言えば、今年から、結成なった女性のみによる祇園囃子の囃子方でしょうか。
 女性の囃子方の誕生は、
 日田の長い祇園祭りの歴史の中で、始めての事でしょう。
 囃子方として、祇園山鉾の中に乗り込むのは、
 到底無理でしょうが、日田の祇園に新しい風を吹き込んでくれました。
 今後の活躍に期待します。

 祇園囃子を検索していたら、トップにあるのが、ユーチューブのこの動画
 意味がチョット違うようですが。

IMG_2107mk.JPG

IMG_2093mk.JPG

IMG_2103mk.JPG

IMG_2129mk.JPG

IMG_2124mk.JPG

IMG_2134mk.JPG

"禁制"の女性に活躍の場 伝統の日田祇園囃子 屋形船で初演奏
2008年8月5日(火)10:30

 200年以上の歴史がある日田祇園囃子(ばやし)を学ぶ女性グループが3日、日田市内の三隈川で、屋形船の観光客向けに初の演奏を披露した。祭事については「女人禁制」のしきたりがあるが、女性奏者の活躍の場が1つ誕生した。

 日田祇園囃子保存会の前会長、大蔵昭七さん(76)が「伝統継承に性別は関係ない」との立場でここ数年、女性奏者の練習参加を受け入れた。約10人が保存会の指導を受けており、笛、太鼓、三味線の各パートがそろったため、観光客向けの演奏を始めることにした。3日は7人が乗船。保存会メンバーの伴奏とともに「梅ケ軒端(うめがのきば)」「頃は卯月(うづき)」など比較的簡単な曲を約1時間披露した。

 最年少は、笛担当の南部中2年杉森のえさん(13)。「山のぼせ」の父、兄とともに地元大和町の山鉾を引いて育ったが、中学生になるとしきたりで山鉾を引けなくなるため、4年生の時に囃子の練習を始めた。「新鮮な時間だった。いつか山鉾(やまぼこ)の上でも演奏してみたい」と、さらに練習に励むつもりだという。

 日田市観光協会のガイド、吉瀬友佳子さん(36)も笛を担当した。「まだ音がうまく出ないこともあるが伝統を学びたい。日田祇園祭についての知識も深まり、仕事にも役立つ」と話していた。

=2008/08/05付 西日本新聞朝刊=

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 夏の夕暮れ時の三隈川に祇園囃子が 2008.8.9

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/993

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ