« 平成20年9月議会一般質問 2008.9.16 | メイン | 本当に大丈夫、歴史は繰り返す 2008.9.24 »

経済環境委員会視察へ   2008.9.19

2008.9.15. 235mk.JPG

 
  19日午前10時から、市内の視察に出かけました。先ずは、中津江村の下筌ダムで発生している「アオコ」の状態を見ました。

その後、上津江町上野田若林地区のトマト水耕栽培施設の緊急復旧事業に係わる視察です。

2008.9.15. 229mk.JPG

一つの株から沢山のトマトが収穫できます。

一株で1500個以上を実らすことも可能です。

2008.9.15. 227mk.JPG

2008.9.15. 233mk.JPG

上津江の道の駅「せsらぎ」で昼食を摂りました。

だご汁定食です。

この「道の駅せせらぎ郷かみつえ」では、財団法人地域活性化センターの「地域づくりアドバイザー事業」で、地元食材を生かした食事メニューや特産品の開発を目指します。

上津江町の後は、一路天瀬町塚田地区へ。

ここでは、堆肥化センターを視察です。

2008.9.15. 236mk.JPG

地元から悪臭の苦情が出ていて、その為の視察です。

以前もこの問題で視察しましたが、今度は地元も本格的な構えで監視小屋にテレビカメラを備え、常駐体制で臨んでいます。施設の中に入りましたが、凄い悪臭が漂っています。苦情を訴えている地元対策委員会の方とも話しが出来ました。

2008.9.15. 240mk.JPG

2008.9.15. 243mk.JPG

堆肥センターを後にして、広域農道を利用して、三ノ宮地区の一般廃棄物処理現場へ。

2008.9.15. 254mk.JPG

上の写真は、分別されものですが、このままでは細かいビンの欠片等もあり、埋め土できないようです。

ゴミの埋め立ては、5階層に亘ってゴミ、覆土、ゴミ、覆土となっており、含水率も高く分別に非常に手間取り、量も予想以上にあった為に、大幅な追加予算措置が必要になりました。

当初費用、155,388千円から、追加処分費用、149,100千円です。

2008.9.15. 253mk.JPG

 

 

大型分別機械を試験的に使用していますが、含水率の高い粘土質の土壌が分別を難しくしているようです。

2008.9.15. 255mk.JPG

廃棄物処理場から、日田キヤノンマテリアルの造成工事現場へ。

2008.9.15. 257mk.JPG

2008.9.15. 260mk.JPG

大型重機が動き回っています。工事は順調に進んでいます。

工事現場を後にして、最後の視察場所は、山田原のバイオ資源化センターです。

2008.9.15. 269mk.JPG

ここでは、付近の住民から悪臭の苦情が来ています。

また、今回「イオン三光」から生ゴミの持込依頼が中津市を通じてきており、持ち込み料を市内の1.5倍にする条例改正案が上程されています。

2008.9.15. 263mk.JPG

生ゴミの受け入れ施設内は、凄い悪臭です。シャッターで外と遮断されていますが、完全な密閉ではなく、侵入口が二重構造にもなっていないので、臭いの問題は今後の課題です。メーカーに、しっかりしてもらわないと困ります。堆肥ペレットのビニールの混入、液肥の処理問題などもあります。

2008.9.15. 266mk.JPG

2008.9.15. 267mk.JPG

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 経済環境委員会視察へ   2008.9.19

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1033

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ