« 雨の日の観月会   2008.9.14 | メイン | 地域の行事と議会、どっちが大事 2008.9.22 »

440万年前の地層が露出

2008.9.14mk.JPG
 メールのアクセス状況をチェックしていたら、こんなHPに行き当たりました。日田市には、先に発掘された8万9000千年前の阿蘇の第四火砕流で埋没した小野埋没林があります。この件に関して、出土した堆積物に対する問合わせや見学などが、多数あるとの事です。埋没した木々だけでなく、色んな角度から注目を浴びているとのことでした。また、他にも日田市には地球物理学・地質学の世界からも注目されるものがあるようです。ここで紹介する、HPでも440万年や110万年前の岩石・地層があちらこちらに露頭しているようです。

 小野の埋没林の上流、ことといの里付近には、金鉱の跡があります。また、その小野川の北側、山国町の北向きには金鉱山跡の建物が残っています。30年ほど前に、その近くの山林の境界確認に立ち会ったことがあります。また、金鉱山跡があったことの形跡として、その麓の集落に住んでいる人の姓を見ると、日田地域では見られない姓があり、聞いてみると先祖が金山の仕事で鹿児島から移住してきたとの答えが返ってきました。そういえば、鹿児島には大きな鉱山があります。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 440万年前の地層が露出

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1030

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ