« 経済環境委員会視察へ   2008.9.19 | メイン | 見事な夕日です。   2008.9.21 »

本当に大丈夫、歴史は繰り返す 2008.9.24

2008.9.11.020mk.JPG
原田武夫さんの主宰する国際戦略情報研究所からのメールです。国際情報も収集していないと、「置いてけぼり」を喰います。このことは、国の施策に影響し、その後、じわりと地方にも影響を及ぼします。

価値ある「情報」を、如何に収集するか。

それが、これからの時代に生き残れるかを決します。

国境を越えて侵入する資本に注意しないといけません。

過去に、日本はアメリカを追い越す勢いで経済成長を遂げて、

世界的アメリカ資本のメーカーを傘下に収め、

ニューヨークの象徴である摩天楼を買い占める時期がありました。

しかし、その勢いも「失われた十年間」で、元の木阿弥に。

歴史は繰り返す。

油断してはいけません。

縮み志向の日本であれば、心配は要りませんが。

これから、どうなることでしょう?

 
■■■■■■◎原田武夫国際戦略情報研究所公式メールマガジン◎■■■■■■■
Institute for International Strategy and Information Analysis (IISIA)
         (2008年9月24日)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【目次】
●~「時計じかけのボタ餅」に欺かれないために~
  「IISIAスタート・セミナー(無料)」をご体験ください!
  ≪ http://www.haradatakeo.com/personal/startseminar.html ≫

●~ あのGHQと戦った「電力の鬼」の物語 ~
『IISIA歴史叢書』シリーズ 第3弾
 「電力外債という絆~なぜGHQは『電力の鬼』松永安佐エ門に負けたのか」
  ≪ http://www.haradatakeo.com/personal/kikaku_history.html ≫

●編集後記 (広報/PR担当:渡辺)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【本文1】
――――――――――――――――――

~「時計じかけのボタ餅」に欺かれないために~
   「IISIAスタート・セミナー(無料)」をご体験ください!
  ≪ http://www.haradatakeo.com/personal/startseminar.html ≫

連日報道される金融界の激変。
9/22、23には立て続けに、国内金融機関による、
米系"越境する投資主体"たちへの巨額出資、またその買収が
報じられました。

"金融メルトダウン"で沈みこむ日米マーケット。
そんな中、突然降って湧いた「景気のいい」ニュース。
国内金融機関の「即断即決」が強調されているあたり、
あまりにも「棚からボタ餅」的な出来事ではないでしょうか?

―金融業界再編劇に日本勢も「主役」として参加?
―世界金融の中心に日本勢が躍り出る?

そんな声さえ聞かれる現状。

もちろん不安視する向きも見られますが、
せいぜいが「外資の人材を使いこなせるのか」といった
にわか「上から目線」、地位逆転を前提としたものに留まります。

さて、メディアのこうした論調はどこまで信用できるのでしょうか?

問題の根本は、米系"越境する投資主体"が抱えるリスク資産、
それに基づく多額の損失額だったはず。
その総額は、いまだに明らかになってはいません。
つまり、今後の決算においても新たな損失が判明する可能性が大。
棚から落ちてきた「ボタ餅」には、
なんと"見えない時限爆弾"が仕掛けられていたのです!
かのアンソニー・バージェス風にいうなら、日本勢が拾いに行こうとしているのは、
「火中の栗」どころか「時計じかけのボタ餅」だったということになります。

にもかかわらず、このタイミングで出資・買収に出て行く日本勢。
そして、この不可解さについては口をつぐむメディア。
一見「景気のいい」ニュースに乗じて、現在の"金融メルトダウン"状況さえ
「底」を打ったかのような口ぶりです。

こうした茶番に騙されるのは、もう終わりにしたい―
「気分」ではなく、「事実と論理」に基づいた投資をしたい―
「本当のこと」を自分で見抜き、考える力をつけたい―

そう強く思っている方に。
つまり、あなたに。

IISIA CEO・原田武夫が説き明かす、マーケットの「本当」。
それが「IISIAスタート・セミナー」です。

「IISIAスタート・セミナー(無料)」では、最新情勢を交えながら、
"今"と"これから"をどのように見れば良いのか、
IISIAならではの分析とともに"完全無料"で解説します。

皆様の期待を超える、新たな発見が見つかるはずです。

お席がなくなる前に、今すぐお申し込みください!
( http://www.haradatakeo.com/personal/startseminar.html )

☆★☆【IISIAスタート・セミナー(無料)】☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
≪ http://www.haradatakeo.com/personal/startseminar.html ≫

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 本当に大丈夫、歴史は繰り返す 2008.9.24

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1034

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ