第35回五和保育園運動会  2008.10.12

                           2008_10_09 179mk.JPG12日、五和保育園の秋季大運動会が、石井小学校グランドで開催されました。地元市議として桜木県議と共に来賓席から可愛い園児達に声援を送りました。先ずは、年長さんを先頭に入場行進です。殿(しんがり)は年少さんで先生に引率されて登場です。可愛らしい園児達に惜しみない拍手が送られました。この園児の中には、桜木県議のお孫さんもいて、しっかりとカメラに収めていました。

 堤部長のお孫さんは。鼓笛隊の指揮者で登場。江藤社長や峰松君など良きパパさんぶりを発揮していました。

 のびのびと演技する子供達を見ていると日頃の憂さを晴らせます。きちんと指示に従う子供。泣き出す子供。マイペースで自分のしたいことをする子供。色んな子供達を見ていると個性の違いが良く分かります。こんな子供達の世話をする先生達に感心します。

2008_10_09 182mk.JPG
2008_10_09 184mk.JPG
2008_10_09 206mk.JPG
 

2008_10_09 226mk.JPG
2008_10_09 220mk.JPG
2008_10_09 311mk.JPG
2008_10_09 222mk.JPG

 

 

2008_10_09 276mk.JPG
2008_10_09 286mk.JPG
2008_10_09 291mk.JPG

2008_10_09 336mk.JPG

2008_10_09 289mk.JPG
2008_10_09 290mk.JPG
2008_10_09 266mk.JPG
2008_10_09 253mk.JPG
2008_10_09 309mk.JPG
2008_10_09 317mk.JPG
2008_10_09 340mk.JPG
2008_10_09 249mk.JPG

若い人が次々と    2008.10.17

2008_10_07 022mk.JPG

  昨日、大分市で行なわれた大分県酒造組合の「きき酒研究会」の参加して、今朝は早めに日田市に戻りました。午後から葬儀です。53歳で亡くなった人の葬儀です。一時間違いで59歳の方の葬儀。今月初めには、51歳、53歳と続きました。最近は、平均余命よりも早く他界する人が増えています。

 丸元淑生さんの本に書かれてあったと思うけど、将来日本人の平均寿命が下がってくると予想されると。それは、食生活によってと。インスタント食品、炭酸飲料などの普及にしたがって、人間の寿命が短くなってゆくと。この言葉を、ここ数年痛切に実感しています。

 皆さん、最近「食の安全」が言われていますが、実は危機的状況は、40年ほど前から始まっています。それにしても、政府の対応の遅いこと。次から次への発覚。一体、どうなってしまったのでしょうか?

今日もまた川面に汚い泡   2008.10.18

2008_10_17 002mk.JPG
 きれいな日の出を見た後は、汚い川面の汚れを目にすることに。
2008_10_17 004mk.JPG
2008_10_17 007mk.JPG
2008_10_17 009mk.JPG
2008_10_17 011mk.JPG
 餌付けしたイダの群れが川面に浮かんできて餌を求めます。空には、決まった時間に鳥の群れが。
2008_10_17 018mk.JPG
2008_10_17 021mk.JPG

三隈川の夜明け   2008.10.16

三隈川の朝です。いつも違った顔を見せてくれます。

今日の朝は、東の空に雲一つ無い晴れ空です。

日の出が近づくと川面からは、靄が上がってきます。

水温より外気温が下がってくると、川面から靄が上がってきます。

これが日田の名物、「底霧」になりますが、

最近は、気温が高温化していて霧の発生が少なくなっています。

2008_10_16 009mk.JPG
2008_10_16 010mk.JPG
2008_10_16 011mk.JPG
2008_10_16 015mk.JPG
2008_10_16 017mk.JPG
2008_10_16 019mk.JPG
2008_10_16 022mk.JPG
2008_10_16 023mk.JPG
2008_10_16 025mk.JPG
2008_10_16 028mk.JPG
2008_10_16 031mk.JPG
2008_10_16 034mk.JPG
2008_10_16 042mk.JPG
2008_10_16 065mk.JPG

コスモスと満月  2008.10.15

2008_10_16 004mk.JPG
 今日は満月です。コスモスの向こうに満月が。コスモスは暗くて分からないでしょうが。一ヶ月前の満月での月見は、雨で流れましたが今日やれば最高だったかも。一人で酒を飲みますか。赤壁の戦いを思いながら・・・・・・・・・・。詩人のように・・・・・。
2008_10_16 008mk.JPG
2008_10_16 007mk.JPG
2008_10_16 002mk.JPG

秋の味覚、きのこの煮付け  2008.10.16

2008_10_16 123mk.JPG
 木犀の香りも終わりを告げ、きのこの季節が始まっています。昨晩は、知人の方から「きのこが採れたから取りにおいで」と電話が入り、さっそく出かけました。何と今年は大漁です。採り切れないほどに発生していて、あみ茸、千本しめじ、あかどい茸、はっ茸、くり茸などを大漁に採取していて、味付けしたものと軽く煮付けたものを沢山頂きました。帰宅後、早速味付けしていたものを食卓に並べ食しました。市会議員になる前は、いつもきのこ狩りに出かけたものでしたが、今は時間が取れません。ハイキング、スキー、山菜取りなどアウトドアとは縁遠くなりました。今は、毎朝の散歩がストレスの解消手段です。
2008_10_16 122mk.JPG
2008_10_16 120mk.JPG

三隈川の川面に浮かぶもの  2008.10.16

2008_10_16 093mk.JPG
  筑後川上流の三隈川に浮かぶ汚れた泡の正体は、一体なんでしょうか?植物プランクトンなどと言う人もいますが、決定的な調査結果は成されていません。  何度も日田市役所の環境課に来てもらい泡を採取し成分を分析しましたが、水質調査だけでは何も分かりません。もう少し踏み込んだ行政対応をしないと水質の浄化は成し遂げられません。
2008_10_16 083mk.JPG

お賽銭泥棒、再び現る  2008.10.23

2008_10_20 200mk.JPG
 いつものように、朝の七時前に若宮神社に到着しました。お賽銭を入れようとすると、お賽銭箱が見当たりません。またまた「おさい銭泥棒」現るです。毎日来ていますから、昨夜から今朝にかけての犯行です。賽銭箱も結構大きなものですから一人の犯行では大変かなとも思います。見張り役などがいたりして。それにしても、「罰当たりな人」がいる者です。前回は、2007.6.20でした。後で、お賽銭箱だけ発見されましたが、中身より賽銭箱の方が高価です。石井神社も三本松のお稲荷さんも、再三再四被害にあっています。その度に、頑強なものにしたりと「イタチゴッコ」です。賽銭箱が、再び無事に見つかることを祈ります。

 
2008_10_20 197mk.JPG
2008_10_20 198mk.JPG
 

衆議院解散はいつ?

2008_10_20 215mk.JPG

 衆議院の解散時期について色んな憶測が飛び交っていますが、一体何時になるのでしょうか?ブログのチェックをしていたら、前回の衆議院郵政解散 2005年8月8日が、youtubuの動画にありました。何と、8月8日です。今年は、北京オリンピックが8月8日でした。ゲンを担いでの決定でしょうか。

 あの時の解散は、小泉自民党の圧勝に終わりましたが、構造改革、「自民党をぶっ壊してやる」は、実現できませんでした。外資に有利な法案が成立し、庶民の生活は今どん底です。

 最近、私の自宅近くの畑に早朝から野菜作りに精を出している人がいます。先日、向こうの方から挨拶に来ました。先日まで保険の契約者だった会社の社長さんです。販売不振で倒産しました。社長さん曰く、「無職になり時間があるので、畑を借りて野菜作りをはじめました。」とのことでした。

 先日は、日田から福岡に引っ越した契約者から住所異動の電話です。こちらは、仕事の受注が「ガタ減り」し自己破産。自宅を整理し息子達のいる福岡市に移転です。

 不景気風が吹きまくっています。

 今回の解散は、何時になるのでしょうか?果たして政権の行方は。民主党、またはその連合が過半数を確保することが出来るのでしょうか?仮に自公民が過半数を制しても参議院の野党勢力図は変化がありませんから、混沌とした政権運営が続くことが予想されます。

秋季きき酒研究会に  2008.10.16

2008_10_16 130mk.JPG
 16日大分市の県酒造組合会館で行なわれた「秋季きき酒研究会」に消費者審査員として参加しました。私たちの審査した銘柄は市販酒48点です。内訳は、大吟醸酒8点、純米大吟醸酒2点、吟醸酒5点、純米吟醸酒6点、純米酒14点、本醸造酒13点で、白衣に着替え、途中に休憩を2回入れ審査しました。

 審査項目は、容器ラベルのデザイン、ネーミング、表示。酒質は、香り、甘辛、味。価格は、安い、妥当、高い。購入意識は、買う、買わない。買い上げ時に重視するものとして、容器、酒質、価格についてです。

 先ずは、容器を見ます。表裏を見て、項目を記入し、次にグラスに注がれたお酒の香りを嗅ぎ、次に酒質ですが、これは口に含まないと分かりません。でも48点ですから、すべてを飲み込んでは酔ってしまいます。勿体無いけど、一旦は口に含んで口の中で転がし味をみて、「吐き」容器に戻します。

 時間にして2時間ほどで48銘柄を味わいました。途中、水で口を濯ぎますが、口に残ったアルコールを粘膜が吸収するのでしょう、少し酔いました。

 その後、メーカーの方との懇談会(意見交換・講評)、懇親会と続きました。

 トキハ会館での懇親会の途中、18時台のテレビのニュースであなたの姿がアップで流れているとの電話が携帯に入りました。そういえば、随分とテレビカメラが入っていました。こちらは真剣ですから気になりませんでしたが。

 こうゆう市販酒の消費者を入れての「きき酒会」は、平成14年からの実施だそうです。十数年前にも「きき酒」で出たことがあります。この時は、大吟醸酒、吟醸酒、純米酒、純米吟醸酒、本醸造酒、純米吟醸酒をそれぞれ2回味わって、それぞれをマッチングし点数(1点から6点)を付ける競技でしたが、大分県で3位になりました。この時の1位2位は全国大会に進みましたが、その時の、1、2位は女性でした。それも親子で娘さんがミス大分でした。どちらもお酒は嗜まずとのことで、酒のことなら俺に任せろ」と自信満々で集合した飲兵衛や酒豪も面子丸潰れでタジタジでした。

 後の高評で、酒飲みは味あわずに飲み込むから点数が高いとのことでした。(点数の低いほど良い)

2008_10_16 132mk.JPG

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ