« 牧野洋さんの見解  2008.09.30 | メイン | 中山前国交相辞任についての考察 2008.9.30 »

サブプライム問題、国際市場に影響 2008.9.30

2008.09.27. 035mk.JPG 29日、米下院が「緊急経済安定化法案」を採決し、反対228、賛成205で否決しました。28日までは、政府と議会執行部の協議により法案の通過は確実視されていましたが、与党の共和党の大半と民主党議員の一部が造反し、米国発の金融危機は、一層深刻化してきました。富めるウォール街に対する税金の投入に世論が反発し、選挙を控える議員は世論に傾く。

・NY株777ドル急落、米史上最大幅の下げ。

・東京株式市場終値483円安、今年最安値更新。

・世界的金融不安のなか、衆議院選挙先送り論拡大。

・30日、日銀さらに3兆円供給(午前中2兆円、午後に追加で1兆円)、短期金融市場に即日供給は十営業日連続で総額は、21兆1千億円。

・米銀首位のシティグループが、同4位のワコビアを約2,300億円で買収。

・30日フランス、ベルギー、ルクセンブルクの三ヶ国政府は、米サブプライム住宅ローンで経営難に陥った欧州金融大手デクシアを、民間株主と公的資金で救済し、約1兆円を資本注入。

・29日ベルギーの金融大手フォルティスと英中堅銀行ブラッドフォード・アンド・ビングレー(B&B)が国有化。

・三菱UFJファイナンシャル・グループが米証券大手モルガン・スタンレーの株式の21%(議決権ベース)を90億ドル(9,500億円)で取得。

・29日ニューヨーク・サン紙、金融危機による広告収入減で、休刊へ。

米国内の経済格差拡大に米国民は怒っています。

日本国民も自己主張しないと社会格差・経済格差も、益々拡大する一方です。

私の属する損害保険業界も、会社からの一方的な手数料体系の押し付けによって、手数料収入が最大で50%カットされている代理店もいます。これでは、働く意欲は出てきません。規模の大きさを競い合って他の業界でも合併、リストラの繰り返しで「弱者切捨て」です。経済格差は拡大の一方。販売店に対するサービスは、どんどん低下しています。昔あった日本の良さが失われてゆきます。この原因を作った小泉首相は、スタコラサと逃げて行きました。

・30日総務省発表、8月完全失業率4.2%、2年2ヶ月ぶり高水準に。就業者数6405万人、完全失業数272万人。うち理由では、リストラなど「勤め先の都合」が63万人。

・30日厚生労働省発表、8月の有効求人倍率は、0.86倍7ヶ月連続で悪化し、3年11ヶ月ぶりの低水準。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サブプライム問題、国際市場に影響 2008.9.30

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1038

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ