« 五羽の小鳥の死骸が並んで、何かの前兆  2008.10.19 | メイン | 夜明け前と日暮れ   2008.10.24 »

石井神社のおくんち(仲秋祭)が  2008.10.19

2008_10_19 003mk.JPG

 大原神社の橋本宮司による神事が終了した後は、神輿を担いで石井町3丁目の若宮神社まで行幸します。その際、石井神社のご神体である「銅矛」 を氏子が抱えて一緒に歩きます。

 このご神体は、いつもは日田祇園会館に保管しており、この日の限って会館から持ち帰ります。このご神体を何度か目にしましたが、その時の写真をここに掲載します。 

 また、この石井神社は日田で一番古い神社であり、大原神社が宇佐から天瀬経由で日田に入った時に、会所山(よそやま)を明け渡して、この地に来たと言われています。

 この地には、梶原、原田、長谷部、長などの秦氏につながる苗字が残っています。地名でも、小畑、内河野、原などがあり長者原伝説が残っています。また、装飾古墳が残っている場所でもあります。

 

※ 石井神社のご神体(銅矛)

日田古代史研究所

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 石井神社のおくんち(仲秋祭)が  2008.10.19

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1084

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ