« くにびき牡丹 2009.01.23 | メイン | 入場者100万人を突破した熊本城を視察     2009.01.21 »

ユビキタス時代到来    2009.01.20

2009_01_21 011mk.JPG ユビキタス時代のビジネスという事で、携帯電話を使ったビジネスの勉強会に参加しました。その講義の前に見た、NTTドコモの2010年の世界は、衝撃的でした。自動車は、自動走行システムを内蔵し走行中はハンドル、アクセル、ブレーキとは無縁です。車間距離や人間などとの距離はセンサーで感知し自動的にブレーキがかかるようになっています。また、フロントガラス上にパソコンの画面を出して空中に現れたキーボードを叩いて、ネット検索や双方向通信ができ、多くの人と同時に会話もできます。携帯電話も当然に変化し、操作で空中にキーボードと画面を生じさせて世界各国にいる家族や友人と会話はできます。当然ビジネスの会議も双方の顔を大きく映し出してできます。家庭の電化製品、セキュリティの管理も携帯で簡単に瞬時にできます。買い物も税関も医療も、・・・・・・・コンピューター(666)が、人間の世界をどんどん変えててゆきます。

 色の変わっているところをクリックすると、ジェームス ジャパンというホームページが現れます。名前が意味深ですが。素直にジェームスの日本日記でしょう。ジェムスター ジャパン社だと、バーコードを管理する会社ですが。TV録画でお馴染みのGコードです。このバーコードで人間を管理できます。すでに国民は、住民基本台帳のなかで数字で管理されています。11桁の番号が個人に付けられています。これに3桁の番号を付けると、世界の人間を数字で管理識別できます。これをICチップに入れて、人間の皮膚の中に入れ込む。そうするとカードを持ち歩く必要もなく、紛失盗難の心配もありません。このICチップは、既に大手メーカーが開発済みで安価で大量生産できるようになっています。このことは、7・8年前に他の日田市の市議会議員2名と自治体向け電子ソリューションの講習会に参加し、講師から確認しています。メーカーとしては、開発にコストがかかっているので、早く国民の同意を得て生産にかかりたいとのことでした。大きさは、0.35ミリ角です。日本円札には、既に入れ込まれていると聞いています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ユビキタス時代到来    2009.01.20

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1231

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ