« 月隈公園に管理道路を  2009.03.03 | メイン | うつ病のお薬に注意 »

予想通りの展開、西松建設・小沢秘書の逮捕劇 2009.03.04

 小野寺光一さんが、以前からメール配信で指摘してきた逮捕劇が開始されました。マスコミが真実を伝えるか?なぜこの時期に?重大な決意で逮捕?何の為の重大な決意なのでしょうか???・・・・・・・です。

 このままでは自民党が民主党に負ける。選挙が戦えない・・・・・・・・・。それで、・・・・・・・・・なのでしょうか。今後の展開を注視する必要があります。

 民主党が政権をとると困る人達も大勢いるでしょう。民主党が政権を仮にとっても長期安定政権は望めないでしょう。政界再編への道を辿ることでしょう。今のところはしてやったり、高みの見物、お手並み拝見と・・・・・・、そこには、国民は不在です。建設業界で西松建設に問題ありなら、他の会社はどうでしょうか?自民党には、絶対に不正はないのでしょうか?

 日本の将来を憂います。日本が本当に独立できるのは何時のことでしょうか・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・以下に、小野寺光一さんからの配信メールを転載します・・・・・・・・

(人間は、常に自分自身の頭で考える必要があります)

 

2009年 3月 4日配信

予想通り、亡国の政権による、政権交代阻止のための「小沢一郎」攻撃が始まった。

とにかく、私はこの「小泉政権」というものを、当初、はっきりと知ったときに「衝撃」を受けた。

※現在、麻生が総理大臣職にいるが、本質的に、現在の自民党政権の中心にいるのは「森派」であり、その「森派」の中心にいて、政権交代をどんな卑劣な手段を使っても守りぬこうとしているのは、小泉政権の元幹部である。


今回の小沢氏秘書を強引に逮捕させて必死に演出をしているのは、小泉政権の「謀略の参謀官」である。

私は、もし小沢氏が、政権交代を本当に成し遂げたら、今度は小沢氏が暗殺されないようにしなければならないと考えていた。

もし、政治家が、本気で、「郵政民営化阻止」を唱えてリーダーシップを発揮すると、JFKのようにCIAに殺されてしまう可能性が出てくる。

だから国家公務員の人たちにがんばってもらわないといけない。

いうまでもなく、JFKは、「軍」に行くお金を縮小させようとしたから殺されたのである。


田中角栄のように「政治的スキャンダル」による「社会的暗殺」も想定しておかないといけない。
今回は「社会的暗殺」をもくろんでいると思われる。


実は今回の手法は、今までの小泉政権の過去の手口と非常に類似している。

それは「ありそうな」手法をとるということである。そして有罪かどうかを「一般大衆に決めさせる」ということだ。
そして「検察」を使う。

いかにも「建設業界からの献金」というのはありそうな話である。「一般大衆」は、いつもだまされる。それは「マスコミ」にだまされるのである。一般大衆は「さてはお金をもらっていたのだろう」とおもいがちである。

どうやって「マスコミ」に偏向報道させるかは、マスコミの幹部、プロデユーサー、新聞記者、評論家にお金を渡せば、「偏向報道」をしてくれるはずである。

なぜか、「郵政民営化賛成」を唱える人物は、同時に「反小沢」であり、「親小泉」なのである。

そして検察が乗り出せば、効果は抜群である。

一般大衆は自分の頭で考えるということをほとんどしない。そのため、検察や裁判で「逮捕」「有罪」となるとほぼ、思考停止してしまい、「本当に悪い人だ」と思い込むのである。

検察、警察などは政治側が「人事権を握る」か、「法務大臣を自分の派閥にしてしまう」、もしくは、「強引な解釈で逮捕することを促すか」で対処するのだろう。


冤罪であっても関係なく逮捕するのである。そうすれば相手は失脚する。

今回、民主党が、予算案の年度内成立に協力した。
馬鹿である。
そして協力しおわったら、すぐに小沢氏攻撃がはじまった。

つまり、「西松建設」が「政治団体」を経由して献金をしていた。しかし、献金を受ける側としては、その政治団体からの献金はきちんと届け出ているため何の問題もない。

それでは、これを仕掛けている側はどうするかというと小沢一郎氏が、「西松建設が政治団体を通して献金していた」ということを知っていた、などと、本人が「知らない」情報を「知っていたはずだ」といって罪にはめるのである

この手法は猪瀬が日本道路公団副総裁の内田氏が「談合」の組織名を知らないはずはないと言い出して、本人が「知らない」情報を「知っていたはずだ」として追放したことと類似している。


小沢一郎を守れ<西松建設事件は政権交代を阻止するために「亡国の人物」によって用意された国策捜査か?>
http://archive.mag2.com/0000154606/20090117121526000.html


植草一秀氏ブログ「知られざる真実」
小沢代表秘書逮捕・予想通りの政治謀略の深い闇
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-cee1.html


小野寺光一

東京地検にメールを出そう。

tokyo-chiken@●ppo.moj.go.jp
● を外して間をつめてメールしてください。

東京地検特捜部御中

<西松建設事件は、政権交代阻止を目的とした国策捜査ではないかという懸念について>

連日、西松建設の事件がマスコミによって報道されていますが、私が懸念するのは、「与党側から引き起こされている
野党党首の政治的失脚劇」ではないかというところです。
 
いうまでもなく、自民党は小泉政権になってから、ライブドアの堀江氏の事件、日本道路公団民営化においてオリックス幹部が高速道路を違法に売却できないかを画策していたため捜査しようとしていた北島部長を更迭しています。
 
その一方で佐藤優氏、鈴木宗男代議士を国策捜査によって逮捕して政治的失脚を引き起こしました。

厚生労働省の事務次官は、「年金問題」のカギを握る人物ですが、惨殺されています。
 
今回、日本国民は、今の政治に嫌気がさし、政権交代させようという機運が高まっています。
 
と同時に与党側からさまざまに民主党党首に対するマスコミを使った「攻撃」がなされています。
 
その特徴は「虚偽告発」や「違法ではないのに強引にねじまげて解釈すること」がとても多いと思います。
 
最近、大相撲を民営化しようとしていた勢力が、力士に金を渡して虚偽告発をさせていましたが、この「虚偽の内容を告発させる」という手法をとてもよく使っているのが目につきます。
 
これ以上、国民の目から見て国策捜査をしてしまったら、検察の威信は地に落ちてしまいます。
 
そして中立であるべき行政が政治に利用されることになりかねません。
 
今回、政権交代を阻止するための野党党首に対する、「虚偽告発」を元になされる国策捜査に発展しないかと懸念しています。
 
今回のこの西松事件は、告発をもとにしていると報道されていますが、この「告発」に虚偽が入っていないかどうか慎重に
捜査していただきたく思います。

国民の一人として感じますが今回の西松建設事件は、野党党首を政治的に失脚させるために背後で与党幹部が用意した「時期が唐突な告発事件」であり、その告発には、虚偽の告発も含まれるのではないか?と懸念しています。
 
虚偽の告発によって逮捕劇などなされてしまえば、このもくろみである「政権交代阻止」「野党党首に対しての国策捜査を行い失脚させる」は現実化してしまいます。
 
たとえ、虚偽の告発であったとあとでわかったとしてももう遅いのです。

今、日本という国家は危機を迎えています。
もし、この政治的緊張に対して安易に国策捜査をしてしまったら与党の独裁となります。

おそらく、「霞が関解体」は現実のものとなり、日本という国家は、外国資本に「行政」も占領されてしまうでしょう。
 
現実に、国家公務員に外国人採用をしようという流れになっています。
 
多くの国民が、この西松建設事件は、「政権交代を阻止するための国策捜査」になるのではないかと懸念していると思います。
 
以 上

一方、私のメルマガで書いてあるデータにシンクロしてきたテレビ番組があるので紹介したい。
 うつ病患者に飲ませているものは危険な覚醒剤類似物質である。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/090222.html

NHKスペシャル
2009年3月4日深夜(2009年3月5日(木)午前0時45分~1時58分(3月4日深夜)総合うつ病治療 常識が変わる

 
2009年3月7日(土)午後1時30分~ BS2 うつ病治療 常識が変わる


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 予想通りの展開、西松建設・小沢秘書の逮捕劇 2009.03.04

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1254

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ