« 天然石釜酵母ビックパンと我楽房   2009.03.14 | メイン | 歳入欠陥が判明し、全常任委員会審議ストップ 2009.03.16 »

天領日田ひな祭りマラソン、「よ~いどん」でなく、用~意(予算)カット  2009.03.15

2009_03_15 014mk.JPG 15日、第10回天領日田ひなまつり健康マラソン大会が、青空の下、日田市陸上競技場で開催されました。今年で10回目の節目となる記念すべき大会でしたが、佐藤陽一市長が本年度の、このマラソン大会の予算150万円をバッサリと切り捨てての大会でした。その為に、大会参加費も2,000円から3,000円にアップされました。しかし、それにも拘らず、今年の参加者は1,128人と昨年を111人上回りました。 大変だったのは実行委員会の面々。市長には面と向かって文句が言えず、議会に泣きつき、議会は議員全員で市長の判断を糾弾しましたが、市長の頑固さに、実行委員会のほうが引き下がり、参加費をアップした次第。しかし、それでも予算が足らずに、日田玖珠地場振興センターに、いつものお土産の下駄を提供して貰い大会を迎えました。   そうゆう経緯があったので、今年の大会にはいつもは取材に来ないマスコミも取材に訪れ、市長の言動を注目しました。
2009_03_15 015mk.JPG 主催者挨拶は、佐藤市長でしたが、何の変哲も無い挨拶でした。次は、スタートの号砲のピストルを持つか注目されましたが、当然のようにスタート台に。そこを狙って取材陣がカメラを構えました。よ~いどん、でなく、用意(予算)カットした市長さんを入れて、スタートの場面を・・・・・。の声が聞こえてきます。 年々参加者が増えてきた大会です。それも市外からが大半。日田市を売り込む絶好のチャンスです。それなのに、役割は終えた。日田市民の参加が少ないので税金の無駄遣いとまで、市長は言い切りました。。それなら、先月の屋久島への8人もの訪問は何だったのでしょうか。市内の行事の予算をカットして、周辺のそれも自分の出身地に便宜を図ったようにしか見えませんが・・・・・。
2009_03_15 017mk.JPG でも、青空の下でマラソンする人達は、何事も知らずに無心に駆け抜けて行きます。今回の最年長者は、81歳の山口直助さん。今回で10回連続出場、選手宣誓で登場し、微笑みながら走り、健康で走れることに感謝と言葉を結びました。参加者の皆さんは、この一年間の議会と市長のギクシャクを知らずに、颯爽と走って行きます。市長さん、もう少し肩の力を抜きましょう。
 

第10回天領日田ひなまつり健康マラソン大会の評価

 

2009_03_15 021mk.JPG

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 天領日田ひな祭りマラソン、「よ~いどん」でなく、用~意(予算)カット  2009.03.15

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1270

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ