« 吉川よしひろチェロソロパフォーマンス開演  2009.4.18 | メイン | 長崎県亜熱帯植物園  2009.4.3 »

大和町2丁目見送り・水引きの入魂式  2009.4.19

DVC00325mm.JPG 19日午前10時半から、日田祇園山鉾会館で倭町2丁目の見送りと水引きの入魂式とお披露目、祝賀会がありました。見送り幕は、明治25年4月に制作されたもの「岩に虎」を参考に復元、水引き幕「双龍」の制作年代は不明です。広げると祇園の印を中心に二匹の龍が向かい合っています。古いものは刺繍の剥落や欠落損傷、金糸の変色などが見られ、今回復元新調することになったものです。国指定重要無形民族文化財の「日田祇園曳山行事」には、必要不可欠なものです。
DVC00326mmk.JPG これらの見送幕と水引幕を運ぶ時は、若手が裏側から幕を持ち、汚れ、汗、しわをつけない様に慎重に運んで山鉾に取り付けます。山鉾巡行時に雨が降ると、大変なことになります。高価な品物ですから雨に濡らすと痛みます。そのため、巡行時に雨が降った際の避難場所を確保しておきます。
DVC00327mmk.JPG 見送幕新調費は、10,746,750円。水引幕は、15,697,500円で、諸経費が、1,000,750円となっています。総額27,445千円の事業費です。大事に使わないといけません。
DVC00334mmk.JPG これらの水引幕と見送幕は、各町内ごとに保管されています。大和町であれば一丁目・二丁目・三丁目と各町ごとに所有しています。
DVC00335mk.JPG
DVC00340mk.JPG 入魂式の後は、場所を小松軒に変えて祝賀会です。
DVC00328mmk.JPG 日田祇園山鉾会館前の藤棚が満開でした。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大和町2丁目見送り・水引きの入魂式  2009.4.19

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1317

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ