梅雨前線が北上活発化、大雨に 2009.6.30

2009_06_30 033mk.JPG
2009_06_30 034mk.JPG
  文書22009.6.30三隈川水位.doc

 seesaaブログ増水した三隈川(←クイック)

 

2009_06_30 004mk.JPG2009_06_30 010mk.JPG

 昨夜から雨脚がひどくなり河川が増水しています。ピークは午前3時ごろだったと、遊船の寝ずの番をしていた船頭さんたちの言葉。ナルホド、今の水位より1メートル以上のところに草などが引っかかっています。遊船にも被害は出ているようです。こうして増水すると魚獲りを楽しむ人たちが繰り出します。漁獲は、鮎や白はや、ウグイ、カマツカなど。鮎を手に取ると良いにおいがします。

2009_06_30 019mk.JPG2009_06_30 020mk.JPG2009_06_30 022mk.JPG2009_06_30 028mk.JPG2009_06_30 073mk.JPG

 

 2009_06_30 079mk.JPG

各地で地震が多発しています  2009.6.28

2009_06_20 120mk.JPG 25日(PM11:04、震度4、M4.6)に続いて27日の早朝(AM4:21)にも地震(震度2・M3.3)がありました。28日は長崎でしたがAM9:40に震度3(M4.1)の地震です。JRの運行に運行取り止めの影響がでました。改めてみると毎日どこかで地震が起こっています。先日の考古学同好会のメンバーは、日田にも活断層があるとの話が頭に残っていたようで、会うと「来ましたね」の挨拶です。

 

各地の地震情報です。http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html

 

large長崎地震2009.6mk.JPGlarge九州西部2009.6mk.JPG

 

 

日田市議会議員定数4名減に決定  2009.6.26

 今回の日田市議会の最終日に、議員提案として議員定数を現在の28名から24名に削減する議案が提出され、共産党(3名)を除いて賛成多数(23名)で成立しました。この問題は、市議会の行財政研究会で検討されていましたが、市政クラブの意見が最後までまとまらずに、今議会で決着をつけたい他の会派が、25名の定数を案をまとめて上程するのを見て、24名の定数案を出してきました。そこで、待ってたとばかりに他会派が24名に乗っかりました。本来は、23名や24名を提案している会派がありましたが、市政クラブがまとまらないのを見て25名を提案しようとしていました。

 現在の定数が28名、その前が26名でした。途中から市町村合併で旧郡部から8名増員に。その前が、28名。その前が30名でした。いつも下位グループの組織を持たない私にとって厳しい選挙となります。

 議員を一概に減らすのは、少数意見を取り入れないようになるので民主主義から遠ざかる可能性が高くなります。組織にのったかった候補者が俄然強くなります。日本の国会が比例代表制や小選挙区制を取り入れたために、候補者は選挙に勝つための事で頭が一杯になり、政治を忘れるようになります。こんな事では困りますが、行財政問題が絡んでは定数を削減するか、議員報酬を減らして議員定数を逆に増やす方法しかないでしょう。

 議員選挙で従来から思っているのは、一人一票でなく、一人5票から10票を持って投票すると少しは、地縁血縁で出て来る議員を減らせるかも。しかし、変わらないといけないのは有権者の方もです。実際に議員として働き方が、「口利き」や「予算確保」の利権政治では、良い政治は生まれません。

 今回の削減は、大分県内で見ると人口規模で見たときに先進的な市議会に見えますが、要は問われているのは議員の資質だと言う事を自覚して欲しいものです。議員数を減らしても、日田市の将来を見据えて議論できない議員への市民の不満が定数削減を求めているのです。

 行財政問題云々だけで議員定数を削減するものであってはいけません。

 

 

初めての寒山竹(大名竹)  2009.6.27

2009_06_27 003MK.JPG 初めて、今が旬の「寒山竹」(大名竹)を知人から頂きました。筍は時間が勝負です。クール宅急便で鹿児島から届いた品物です。さっそく調理に取り掛かりました。下の部分を少しと先端部分を落として、皮を3~4枚ほどむきます。この皮を剥くときに指を怪我しないように気をつけてとアドバイスを頂きました。なるほど隙間なくピッタリとくっ付いて硬く、パリパリと音が出ます。

 

2009_06_27 004MK.JPG皮を剥ぐと縦に包丁を入れます。鍋に水と入れ鷹の爪とお米を一掴み入れます。これで一時間ほどかけて湯がきます。

後は冷やして、料理は奥さんに任せます。

2009_06_28 405mk.JPG寒山竹とは・・・
http://www.weblio.jp/content/%E5%AF%92%E5%B1%B1%E7%AB%B9

・・・・・・・・・

毎日新聞・女の気持ち・男の気持ちから 2009.6.21

男の気持ち:筍ざんまい 鹿児島県鹿屋市・上村泉(68歳)

 筍(たけのこ)が好きで、毎日のように食べても飽きない。寒山竹は今が旬。果肉が厚く柔らかいので鹿児島では「大名竹」と呼ばれる。アクが少なくゆがかずにてんぷらやバーベキューにいい。梅雨鰺(あじ)、春ジャガと煮ても季節の味だ。

 「一人息子に食べさせるくらいの筍は一年中とれる」と聞いたことがある。昔の人たちが自然に溶け込んで暮らしてきた様が思い浮かぶ。改めて食べられる筍を数えてみると、春先の孟宗(もうそう)竹から初冬の矢竹まで10種以上の筍があり、とれる時期も長く独特の調理法がある。

 珍味は「メダケ」の直火(じかび)焼き。皮ごと焼き、焦げ目ができたらむいて熱々にミソを付けて食べる。「キンチク」と呼ばれるホウライ竹はお盆のころとれるので、煮そうめんの汁にする郷土料理だ。

 私の郷里には「盆釜」と言って子供たちだけで炊き込みご飯を作らせる習わしがあった。庭先に石でかまどをこしらえて材料を準備し、後は子供たちが料理する。ホウライ竹の筍と新米をしょうゆの薄味で炊き、柿の葉にくるんで食べると風味も格別だった。

 息子たちが小学生のころ、この盆釜を復活させた。孟宗竹を割り、それを釜にして炊いた。生竹の甘い香りとしょうゆの焦げ目が絶妙だった。

 今朝も「また、筍の話?」と妻に言われながら、筍の調理法のうんちくを傾ける。昨日もらったハチクの千切り炒めに舌鼓を打ちながら。

6月定例会日田市議会本会議議決事項  2009.6.26

 男女共同参画推進条例が継続審議となりました。先の3月議会では2修正案が出され、各案ともに表決が割れ、すべて成立しませんでした。今までは、議案が否決された場合は、時間を置いて修正事項を検討して成立に持って行ってましたが、どうも性急過ぎたようです。大分県議会ではこんな経験は無かったでしょうが。今回も、市長の強引さだけが目立った議会となりました。

・・・・・・・・・

総務委員会委員長報告 

議案第90日田市男女共同参画推進条例の制定については、男女共同参画社会基本法の趣旨にのっとり、基本理念等を定め、男女共同参画社会の形成を総合的かつ計画的に推進するため所要の事項を定めるものである。


審査では、本年3月定例会で否決された案を一部修正して提出された案であり、今少し調査研究したいとの意見が多く出され、引き続き審査したく、閉会中の私ども委員会に 継続審査のお願い をいたすものである


 議案第91日田市税条例等の一部改正については、安心で活力ある経済社会を実現するために税制の構築を目的とする「地方税法の一部を改正する法律」が施行に伴い、これに準じて所要の措置を講ずるものである。審査の中で、「上場株式等の譲渡益、配当所得は高所得者を対象にしたものであり、軽減税率を復活させることは納得できない」との意見もあったが、本案は、改正地方税法に準じて改めるもので、採決の結果、多数をもって、原案のとおり可決。


議案第92日田市都市計画税条例の一部改正については、議案第91号と同じく、地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、これに準じ所要の措置を講ずるもので、適切な措置と認め、原案のとおり 可決。


 議案第93日田市税特別措置条例の一部改正については、過疎地域自立促進特別措置法第31条の地方税の課税免除又は不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令ほか2省令の一部が改正され、これに準じ所要の措置を講ずるもので、適切な措置と認め 原案のとおり可決。


 議案第96日田市文化会館の設置及び管理に関する条例の一部改正については、日田市民文化会館の大ホール及び小ホールの施設使用料を、平成2171日から平成24331までの間10%から20%軽減し、施設機能の 周知普及及び利用促進を図るものである。


今回の軽減措置により引き下げられた施設使用料は、3年後には引き上げる。その際には利用者の理解が得られにくいことが想定されるため、周知には遺漏のないよう付言し 本案は、原案のとおり可決。


 議案第98日田市手数料条例の一部改正について 、長期優良住宅の普及の促進に関する法律が公布されたことに伴い、長期優良住宅建築等計画の認定事務の手数料を定めるもので、原案のとおり可決。


なお、木造での長期優良住宅の建築について、地元業者に説明するとのことであるが、広く市民への周知を行うよう要望。


 議案第101号財産の処分については、誘致企業に工業用水関連施設に係る財産を処分。予定価格が2,000万円以上のため、日田市有財産条例第2条の規定に基づき、議会の議決必要である。市の工業用水関連施設投資額に対し、本案の売却予定額は35,439万円では、差し引き約3,011万円が不足するが、本案以外の土地売却予定価格を2,4681,842円、工事負担金が5431,561円の支払いを受ける。市が投資した全額を誘致企業が負担するので、本案は、原案のとおり 可決。


 議案第102号平成21年度日田市一般会計補正予算 は、歳入歳出にそれぞれ11,9731,000円を追加し、補正後の予算総額を3565,4405,000円とする。歳入の補正の主は、昨年度の国の2次補正による大分県安心こども基金が県に設置し、国の補助より県の補助が大きくなるので、社会福祉法人施設整備費補助金の財源である1421目の民生費国庫補助金を3,761万円減額し、1522目の民生費県補助金を5,6238,000円増額するほか、財団法人自治総合センターから交付される宝くじの益金を財源としたコミュニティ助成事業に対する500万円の追加、また、不足する一般財源所要額を財政調整基金繰入金で措置するものである。


歳出では、216目企画費のコミュニティ助成事業で、前津江町大野楽保存会及び中津江金山太鼓に対しそれぞれ250万円の助成を行うものであります。この事業は、歳入で申し上げた財団法人 自治総合センターから交付される宝くじの益金を財源とした交付金であり、本案は、原案のとおり可決。


議案第103号専決処分(日田市税条例の  一部を改正する条例)の承認 及び 議案第104号 専決処分(日田市都市計画条例の一部を改正する   条例)の承認については、「地方税法等の一部を改正する法律」が平成21331日に公布。一部の規定を除き 同年41日から施行されたため、これに準じて、「日田市税条例の一部を改正する条例」及び「日田市 都市計画税条例の一部を改正する条例」について専決処分したものであり、議会の議決すべき事件について特に緊急を要し、議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであることから、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をし、同条第3項の規定に 基づき議会の承認を求めるものである。よって、両案は、原案のとおり承認すべきものと決した。

・・・・・

 

教育福祉委員会委員長報告

 

議案第94日田市国民健康保険条例の一部改正については、国の緊急の少子化対策として、出産育児一時金の暫定的な引き上げを実施する為に、所要の措置を講ずるものであり、適切な措置と認め原案のとおり可決

本案は、平成2110月から平成233月末までの暫定措置であり、暫定措置期間経過後の平成23年度以降についても安心して出産・育児ができるよう、制度の充実が図られることを要望します。

 

議案第95日田市国民健康保険税条例の一部改正については、国民健康保険の健全な運営の確保及び被保険者の税負担に配慮し、平成21年度以後の国民健康保険税の税率等の改正を行うに当たり、所要の措置を講ずるものである。

今回の税率改正では、被保険者の税負担の軽減を図るため、平成20年度の決算剰余金の全額と国民健康保険準備基金からの繰入金を軽減財源として充当し、保険税の引き下げを講じており、本案は原案のとおり可決

 

議案第97日田市基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正については、スポーツの振興及び市民の健康増進に寄与する事業経費等に充当するための基金を設置するに当たり、その名称及び目的を定めるもので、原案のとおり可決

 

議案第102号平成21年度日田市一般会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決

3款3項1目、児童福祉総務費の社会福祉法人施設整備費補助事業は、民間保育園改築に対する補助で、昨年度の国の2次補正による制度改正に伴い、事業費に対する補助が大きくなることから、補助金の増額を行うものである。なお、審査の過程で、他の保育園が国の補助制度により設置した仮設園舎の利用は、経費節減となり、負担の軽減が図られるので、国等に対し、再利用可能となるよう強く申し入れを行うことを要望する。

10款1項3目、教育振興費の奨学資金貸付事業は、現在の経済危機の中、経済的な 理由で就学が困難とならないよう、新規奨学生の増を行うものでとする。しかし、返還においては、依然として長期にわたる過年度分の滞納も見られることから、今後とも徹底した実態調査を行い、奨学資金貸付事業に支障をきたすことがないよう付言する。

新型インフルエンザ対策は、618日に県内で初めて、弱毒性の新型インフルエンザの感染者が本市で確認。現在市内の中学生3人の感染が確認。感染した3人の生徒は、全員が快方に向かっており、他への感染拡大も見られないので、今回の感染は終息しつつあると思われる。しかし、感染  ルートも特定できておらず、また、秋口頃から強毒性の新型インフルエンザの発生も懸念されるところであり、県や医療機関等との連携や市独自の連絡体制の確立を図り、感染予防、感染防止に努めるよう強く要望する。

 ・・・・・・・・・・

経済環境委員会委員長報告

議案第99日田市里の駅やすらぎの里の設置及び管理に関する条例の一部改正は日田市里の駅やすらぎの里の施設の一部が老朽化、使用が困難なために、所要の措置を講ずるもので、適切な処置と認め、原案のとおり可決

 なお、この施設は、旧上津江村において、住民の休養の場及び都市住民との交流施設を目的として 設置、平成18年度から、指定管理者により管理運営され、建設後20年を経過し、継続して使用するには建物の老朽化が進んでいるので、今後の維持管理には、万全を期すよう付言する。

 

議案第102号、平成21年度日田市一般会計補正予算(第1号)は、以下の意見、要望を付し、多数をもって、原案のとおり可決

317目、人権同和対策費は、新たに指導的立場にある方を対象とした研修会開催のための経費を補正するものであり、審査の中で「当初予算が確定して間もない今定例会で、補正する必要があるのか」「啓発のための研修会は、既に行っているのではないか」「きめ細かな啓発の実施が必要である」などの意見が出た。人権問題は重要な課題であり、今後とも、差別が起こらないよう、事業の推進を 要望する。

511目、労働諸費は、ふるさと雇用再生特別交付金事業で26,310千円を増額し、7事業13名の新規雇用を。緊急雇用創出事業では8,734千円を増額し7事業14名の新規雇用を創出。全国的に景気が悪化する中、本事業の活用により、本市における雇用情勢の一層の改善を期待する。

 

・・・・・・・・・・

建設委員会委員長報告

 議案第100号日田市営住宅の設置及び管理に関する条例等の一部改正は、公営住宅の入居者の安全で平穏な生活を確保するために、暴力団員の排除に係る使用制限を明確化するもので、改正の内容は、暴力団員に対する市営住宅の入居決定や同居承認、承継承認等に対して使用制限措置を講ずるものです。

暴力団員の排除に当たって、職員に対する不法・不当行為等が懸念されろことから、安全管理には十分配慮し、警察との連携を強化するよう要望し、本案は原案のとおり可決。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

議会運営委員会委員長報告

請願第1 義務教育費国庫負担制度の堅持について意見書の提出を求める請願は、子供たちにとって、教育の機会均等と教育水準の保障など、最善の教育環境を実現していくため、国が財政的に下支(したざさ)えしている義務教育費 国庫負担制度の堅持は必要不可欠なことであり 教育予算を国全体としてしっかりと確保・充実させるよう、政府に対し意見書の提出を求めるもので、全会一致をもって、採択とする。

 

請願第2号 「障害者自立支援法の抜本的な改正を求める意見書」の提出を求める請願は、平成184月に施行された障害者自立支援法が、障がい者福祉の現場に混乱を招き、障がい者の生活水準の低下を引き起こしている。

そのため、本請願は、(しん)に障がい者に対する差別を撤廃し、障がい者の自立と社会参加を求める立場から、障害者自立支援法の抜本的な改正を求めるよう、政府に対し意見書の提出を求めるもので、全会一致をもって、採択する

 

請願第3号 「雇用と住居など国民生活の 安定の確保を求める意見書」の提出を求める請願は、厳しい経営環境においても、必死で 雇用の維持を図ろうとしている地場中小・零細企業に対する支援を講ずるとともに、大企業の安易な 解雇や内定取消しに対しても指導・監督を強化し、雇用の維持・確保に全力で取り組み、国民生活の 安定に向けた十分な支援を行うよう、政府に対し 意見書の提出を求めるもので、全会一致をもって、採択する

 

震度4の地震にビックリ 2009.6.25

2009_06_20 122mk.JPG デジタル復元した日下部卑弥呼さんを囲んで「串亭むくの」で歓迎会。話題の中心は、日下部卑弥呼さんがデジタル復元した「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡」です。その古代史論争を侃侃諤諤(かんかんがくがく)と繰り広げている時に、「ど~ん」「ぐら」「ぐら」ときました。直下型・・・・・・・。先日の考古学同好会総会での講演会で、最近の大型地震は、起こりえないところで起こっている。その地形に日田盆地は、・・・・・・・・・・・。と言う話を聞いていたところだったから、もしかして・・・・・・。でも大事に至りませんでした。

気象庁地震情報・・・http://www.jma.go.jp/jp/quake/20090625230940491-252304.html

2009_06_20 193mk.JPG
地表に現れた活断層。地層のずれが 見て取れます。日田市内にも活断層があります。

 で、地震と言えば人工地震HARRPを思い出します。

1433件の記事をアップ、ブログの見方 2009.6.25

DVC00280mk.JPG このブログでは、この記事が1433件目の記事となります。YAHOOの地域情報にも登録されています。このブログの見方にちょっと触れておきます。トップページにカテゴリが並んでいますが、多くの人が活動日誌に直ぐに入るようです。活動日誌以外のカテゴリもすべて更新していますので、確実にすべての更新記事を見る場合は、下の欄の「最新の記事」からは入るか、右の欄の「最新レポート」の下にある記事内容の下にある⇒「記事一覧」をクリックして下さい。すべての記事と、カテゴリーが出てきます。また、記事の中でアンダーバーが入っている部分で、カーソルを合わせると赤くなる部分は、他のサイトとリンクしてます。また、「seesaa」①の文字が入っている部分は、私が別のサイトで更新しているブログにリンクされています。seesaaブログ② seesaaブログ③ seesaaブログ④ seesaaブログ⑤  過去の検索順位

ミラノの奇妙な事件、13兆円  2009.6.24

2009_06_17 010mk.JPG吉田繁治さんからのメールです。ここでも、イタリアはミラノの13兆円事件について触れていますので、転載します。この記事は、転載、リンクなどフリーです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、吉田繁治です。イタリアの北部:ミラノで09年6月に、奇妙な、しかし他面では、巨額化した国際金融を象徴するとも言えるかもしれない事件が、起こっています。

マスコミは小さくしか報じず、事件は不明瞭なところを残し、闇に葬られようとうしています。奇っ怪で奇天烈(きてれつ)な事件です。

【報道の要旨】
「2人の日本人が、$1345億(≒13兆円)の米国債を、アタッシュケースの二重底に入れ、イタリア国境からスイスに向かう普通列車に乗り、持ち出そうとしたとして、ミラノの財務警察に捕まった。」という出来事です。

(09年6月3日に発覚:各社報道) ↓代表事例。
http://www.asahi.com/international/update/0616/TKY200906160159.html?ref=reca

結局、偽物だったという報道で、落ち着いています。しかし事件とその背景について、論理で一段ずつ推理を重ねれば、とんでもないことが見えてきます。

本稿は、推理で、実相に迫ろうと試みます。しかし証拠があるわけではない。証拠があれば、推理は必要ありません。

報道された記事以上の事実を、知っているわけでありません。ただし、若干の金融知識はあります。

その知識に、事件の事実(facts)を照らしてみると、押収された13兆円(1345億ドル:5億ドル額面の249枚が主)のアメリカ国債を偽物と断定すると、論理矛盾が生じてしまうのです。

それが、推理してお届けし、読者の方々の判断を願う理由です。推理の原義はreasoning。論理的な思考、つまり論証を言います。一段階ずつの論理で考えてみます。

──────────────────────────────
  <Vol.237:特別号:ミラノの奇妙な事件>
      2009年6月24日

【目次】

1.奇妙な事件
2.論理的な仮定
3.推理
4.スイスのプライベート・バンクの仕組み
5.タックス・ヘブンの総資金は1000兆円
6.国際的な資金移動の誤差脱漏は巨額
7.最終的な推理(あるいは憶測)
8.日本政府への再びの提言

【後記】

──────────────────────────────

■1.奇妙な事件

【事実】
イタリアの捜査当局は、捕らえられた日本人2人がもっていた$1345億の米国債(249枚)は、(日米と思われる政府に)問い合わせたところ、偽物であったと発表しています。

偽物かどうか、実は不明ですが、イタリア当局が偽物と発表したことは事実です。

「米国債のほとんどは、印刷が粗雑な、偽物だった。ただし(本物に見える)古い米国のケネディ債も、10枚含まれているという。米国政府に調査を依頼中」とも言う。 

事件の発覚は、6月3日です。後で述べますが、4月にも1兆9000億円の日本国債の券面をもっていたという日本人2名が、イタリアで捕まって、ニセということで釈放されています。

http://www.asahi.com/international/update/0616/TKY200906160159.html?ref=reca

2人の日本人を、イタリア財務警察が、なぜあらかじめ尾行していたのか? これが第一の疑問です。

●欧州の主要国イタリアとスイスは「シェンゲン条約」に加盟しています。空港や国境では、パスポート見せるだけで、手荷物の検査は、普通はありません。経験された方も多いでしょう。国境を越える移動は、容易です。9.11以後の米国のような、指紋と顔写真をとる検査はない。

パスポートの住所・氏名は、日本の住民票にあり、偽ではなかったという。日本政府からも、名前は公表されていません。アタッシュケースの底から押収されたものには、日本の、米国債の預かりを示す証書も含まれていたという。現在は、なぜか釈放され、行方は不明とされます。

2人が捕まったのはスイスの国境でなく、イタリア国内の鉄道内です。手荷物検査はあっても、形式的で、厳重なものではない。

尾行し、アタッシュケースの二重底まで検査するようなことは、情報がない限り、想定ができません。また信頼できる筋からの内通がない限り、イタリア財務警察も、日本人2人を尾行しないでしょう。(推理)

【米国債に「券面(証書)」はない】
1980年代以降、米国は国債を「証書」としては発行していません。電子化された「帳簿記載方式:Book entry form」という、券面の発行を省略する仕組みです。つまり、米国債を買った金融機関や、各国の政府がもつ口座の資産勘定に記帳される仕組みです。(事実)

(注)ただし、国家が、米国政府に要求すれば、例外的に、米国債も券面が発行されることがあります。

日本政府がもつ米国債は、日本政府の名義で、米国のFRBが保管(保護預かり)し、預かり証書が発行されているはずです。普通はこんなに巨額の米国債は、日本政府にも、現物はない。

【奇妙な矛盾】
いずれにせよ、一枚480億円の額面の米国債が、13兆円分も運ばれているとすれば、だれでも偽物と疑います。偽造団があるとして、こんな荒唐無稽な偽物を作るなら、漫画以下です。

米国財務省は、国債の負債勘定を記録し、有り高を証明しているからです。国債がどう流れたか、だれが売ってだれが買ったか、把握しています。無記名分は、ごくわずかしかないというのが米国の見解です。

【疑問】
ニセとされた米国債の額面は、1枚が$5億(480億円)です。合計249枚(13兆円)、破天荒な金額です。紙1枚で480億円(!?)こんな超高額の証券を、だれが、不可能な換金のため偽造するのか?

【事実と疑念】
事実を言えば、一枚480億円もの額面の国債を売れる相手は、政府か中央銀行、あるいは超大手の金融機関でしかない。

売買や担保預けの際は、厳重な[偽物・本物]チェックが行われます。偽物なら、即座にばれて、持参人はその場で逮捕され、厳罰(おそらく終身に近い懲役や禁固刑)を受けます。

金融関係者なら、米国債と日本国債に券面が発行されていないことは知っています。しかも個人が、買えるわけもない金額です。仮に(裏の)取引を行っても、100兆円以上の資産をもつ大手金融機関同士が、相手と顔をつきあわせる相対(あいたい)でしか、売買しません。

とすると、更に変です。偽造した集団が、偽の現物を持って来ても、どの金融機関も、買うはずもない。ブラック・マーケットにしても、券面金額が巨額すぎ、だれも買わないのは当然です。

偽造団が、日本国債や米国債への知識がゼロで、パソコンとプリンタで偽造したとします。この想定は、無理です。1枚$5億(480兆円)のものは、現金への換金の運搬も、絶対にできないので、作る意味がない。同じ偽造なら、世界の商店が受け取る米ドルやユーロの偽札のほうが、まだましです。

英フィナンシャルタイムズ紙は6月19日に、シチリアのマフィアが作ったことが推察されるとも報じていますが、この筋はないでしょう。偽造するとすれば、国債の売買と流通について、あまりに無知で、換金の手段がないからです。

イタリア警察が言った、粗悪な「偽物」説を以降で検討します。

■2.論理的な仮定

イタリアで摘発された13兆円分の米国債を、どこか国の偽造団が作ったと仮定します。

「売れるわけがない、どの金融機関も、絶対に買わない」ことを、専門的な知識をもつはずの偽造団が、知らないはずもない。

1枚で480億円の249枚です。こんなものを券面として印刷する犯罪集団があるなら、漫画の世界。劇画や映画なら、もっとリアリティがあるフィクションを作るでしょう。

▼偽造団は無理な仮定:論理

だれが、こうした漫画風のものを作ったのか? 2人の日本人でしょうか? 裏の集団があるのか? この推理は、無理です。

【理由】
米国債を偽造する集団なら、流通する米国債に券面がなく「帳簿記載方式」であることを、知らないはずはない。

偽とだれでも分かる米国債を偽造する危険を犯すなら、大量の100ドル札(スーパー・ノート風)を刷り、世界で使えばいい。ともかく、偽造とされた国債の額面金額が、巨額すぎます。

[注:もうひとつの事件]
調べたら、09年4月上旬にも、同じミラノで、日本人が運搬に関与したと見られる、額面200億ドル(1.9兆円)の偽造とされた日本国債の、押収の事実があったとのこと。(毎日新聞JP) これも変です。なぜ、連続して、起こるのか?

http://mainichi.jp/select/world/news/20090616dde041040016000c.html

▼日本国債も今は券面がない

日本の国債も、米国債と同様、2003年1月27日(社債等の振替に関する法律)で「無券面化」されています。日本銀行が、国債の売買(持ち手の移動)に関する記録をしています。偽造を防ぐためでもある。

国債を買う人は、証券会社または銀行に「国債の振替口座」を作り、その振替口座に、買った国債の金額が記載されます。数字が書かれた「預金通帳」と同じです。預金通帳そのものは、有価証券ではなく、他人に譲渡できません。

国債の紙の券面を、国に要求しても、発行されません。上場会社の株券が、電子化され、ペーパーレスになったのと同じです。証券会社等の株式口座の残高になり、売買は口座金額の振替処理です。預金通帳と同じです。

以上から、1.9兆円の金額の日本国債も、券面として持ち歩けば、偽物とされるのが当然でしょう。以上は、事実からの推理です。

以降は2つの事件の、論理的な推理です。

■3.推理

▼イタリア警察に、相次いで押収された、(1)紙の券面としての1.9兆円の相当の日本国債(09年4月)、(2)13兆円(09年6月3日)の米国債には、財務省の印(日本国債)、または財務長官(米国債)のサインがあった。つまり本物だった。(仮定)

政府が要求すれば、米国財務省は券面を発行します。また、1980年以前の、例えばケネディ債は券面があります。国債券面をもつことはできるのは、政府筋ということになります。

イタリアの法では、不法に国外に金品を持ち出したことが発覚すれば、密輸として額面金額(または価値)の40%が罰金として徴収され、イタリア政府の収入になります。(事実)

上記の合計は14.9兆円です。政府の発行という根拠がある本物なら、約6兆円が、イタリア政府に入ります。法外な額です。仮に、日本政府か、政府筋がからんだ本物なら、6兆円の巨額損が生じます。

▼捕まったと通告を受けて、慌てた日米の財務省の関係筋は、イタリア政府に対し「真っ赤な偽物」と断定した。あるいは、政府間でなんらかの「取引」がされた。(推理)

【変な事実】
日本人とされる2人は、「偽物」とされたあと行き先も把握されず、釈放されたといいます。これも変です。

犯罪が多いイタリアでも、警察は犯罪や詐欺の可能性を疑い、背後やルートを捜査するのが普通でしょう。偽物と分かって、すぐ釈放し、行き先も不明というのは変です。従ってどこかの政府が関係する、しかるべき筋の人物としか思えないのです。

逆に、だれも信用しない[子供銀行]のおもちゃなら、なぜ、イタリア警察に、尾行の内通があったのでしょう? 

例えば私が、来週NYで[$5億の米国債:財務長官のサイン]とパソコンで作った紙片を、意味もなく持ち歩くこともできます。これが、NY市警に内通されるでしょうか? 警察がとりあうでしょうか?

▼推理

両方とも、目的地はスイスでした(報道の事実)。本当はしかるべき筋の本物が、スイスで極秘に換金、または担保に差し入れされようとしていた。それで得る金額は全部、プライベート・バンク等への、口座振り込みでしょう。(推理による仮定) 13兆円もの米国債をもつのは、国家でしかありえません。

【現金への換金ではあり得ない】
1万円札で1兆円の現金を持ち歩けば、1億円が約10キログラムですからその1万倍(10万キログラム=100トン)です。米国債の額面は、13兆円もあったと報じられています。

1兆円でも4トントラックで25台の、現金を積んだ行列。いかにも、目立ちます。13兆円なら325台。運搬は不可能で、摘発は必定。

つまり480億円(重量4.8トン)や1兆円スケールの現金への換金は、天地がひっくり返っても無理です。およそそうした現金紙幣は、どの銀行にもありません。

スイスのプライベート・バンクの口座は、開設するとき、担当から「信用できる」と審査されない限り、開かれません。つまり、足がつきます。偽造団の偽物が、現金に換金されようとしていたというのは、無理です。信頼される筋の、口座へ入金でなければならない。

【論理的な結論】
●結論的な推理を言えば、どこかの偽造団がスイスでの換金のために、日本国債(1.9兆円分:4月)、米国債(13兆円分:6月)を偽造したということは想定しにくのです。偽造なら、粗悪ではなく、すこしでも本物に見えるように行います。

しかし券面の国債は、本物であっても窓口での処理はなく、発行した日米の政府に銀行が問い合わせ、券面に書かれている所有名義人にも問い合わせます。

1点の疑問も残らないように厳重にチェックされます。偽ならすぐ分かります。つまり偽物を、現金に換金する手段、または振り込みしてもらう手段は、皆無です。

換金の手段がないから、耄碌(もうろく)した数兆円の超大金持ちで、一人住まいの老人に売るしかない。しかし、そうした人は、100%執事やプライベート・バンクを、かかえています。この想定も無理です。1枚の券面480億円のものを信用し、買うはずもない。

超資産家でも、巨額の現金を、家にもつ人は、いません。耄碌(もうろく)した超資産家で、現金を巨額に家にもつ人を、偽造団が知っているなら、ニセ国債をつくるような無駄なことはせず、強盗に入ったほうが簡単です。

資産家の現金は銀行預けです。従って、その国債の券面を、代理人の銀行の担当が駆けつけてチェックします。

■4.スイスのプライベート・バンクの仕組み

風光明媚な湖畔にあるチューリッヒに多いプライベート・バンク(PB)では、「預金通帳」は存在しません。預金をしたという事実が、銀行の口座に金額として、記録されるだけです。

多くはタックス・ヘブン(租税回避地)が、本拠地になっています。スイス国内に窓口があっても、帰属は世界のタックス・ヘブンです。

預金の内容と名義は、マネーロンダリング(資金洗浄)等の犯罪が絡むものでない限り国内法では開示しない。

*兆円を入れる口座開設は、国家や、どこかの財務省の高官、あるいは世界的な超大手金融機関の関与がない限り、不可能です。ファンドでも無理です。個人が行えば銀行中で大騒ぎになる。というより、銀行が国家レベルの巨大犯罪を疑い、口座は作れません。

プライベート・バンクからは、預金者がスイスで口座を作るとき指定した(私書箱を含む)住所に、残高記録が定期的に送られてきます。

預金を引き出す方法は、3つです。(注)基本は相互信用です。インターネットでアクセスできる暗号口座は、当然にありません。

(1)口座を作るとき登録したものと同じ人がサインをした指定用紙を送り、引き出す。登録するサインは、複数でもいい。
(2)お互いに顔を知っている担当者に、振り込み先を国際電話で言う(後で、サインが要ります)。
(3)AMEXやVISA等の使用金額が無制限の、普通のクレジットカードで買い物に使う。米国では、住宅や高級車もクレジットカードで買う人が相当数です。(これは個人のレベル)

■5.タックス・ヘブンの総資金は1000兆円

タックス・ヘブン(租税回避地:内容が不明)にある資金量は、オバマ政権の最近の調査では1000兆円(多くが金融機関とファンド)とされ、それらの資金における米国での脱税額が、25兆円と見積もられています。

今、世界の金融資産は、何事においても巨額です。ブッシュ政権の時代は、これらが、明らかにならなかった。

タックス・ヘブンの口座の1000兆円と言えば、日本の銀行への個人預金量(786兆円:08年末:日銀統計)より多く、米国の全銀行の預金量(約1000兆円)に匹敵します。

国債を含む債券・証券・株の、もっとも大きな売買は、タックス・ヘブンからの資金です。例えば、わが国の株の売買でも、ガイジンが50%~60%です。ガイジン・ファンドの多くは、タックスへブンを本拠地としています。

世界に著名な、フォーブス番付の、最上位の資産家の、米国からの課税を逃れる巨額資金の可能性も、ゼロとは言えません。オバマ政権は、タックス・ヘブンの資金への課税を行う方針を、明らかにしているからです。

ただし個人が行うには、危険すぎます。この筋はないでしょう。
課税する米国政府や日本政府に、必ず、分かるからです。

■6.国際的な資金移動の誤差脱漏は巨額

ところで、各国の国際収支(資金の移動:各国財務省が集計)には、実に、誤差脱漏が多い。(注)誤差脱漏は、金融機関、企業、個人が政府へ申告すべき国際資金移動が、把握されていないという意味です。

例えば、わが国の09年4月の経常収支(貿易収支+サービス収支+対外所得収支)は、6305億円の黒字とされています。

しかし、4月の収支に含まれず、勘定が合わない誤差脱漏が、1兆784億円(年間換算で12兆円の誤差)です。一体この巨額資金の正体は、何か?

本当のところ、日本も、国を越えた資金移動で、黒字か赤字か分かりにくいのです。(誤差脱漏↓)
http://www.mof.go.jp/bpoffice/bpdata/pdf/bp0904.pdf

各国の、だれが主体か分からないマネー・ロンダリング(通貨を交換することで出所を消す)や不正資金を含むだろう誤差脱漏の、巨額資金移動が、各国通貨の実際の価値を決めているとも言われます。

他国より細かく記録する日本の国際収支の、根拠が不明な誤差が1年12兆円なら、相対する外国の誤差脱漏も12兆円ということになります。世界中では、1年にこの5倍~10倍(60兆円~120兆円)の誤差脱漏があるでしょう。

■7.最終的な推理(あるいは憶測)

可能性は、以下の3つでしょう。
どれが確度が高いか、読者の方の判断にゆだねます。

(1)日本または米国の財務省に近い筋が、それぞれの(公表されない裏の14.9兆円分の)国債を、政府財政資金の必要のため、国債市場で売らず、スイスの銀行を窓口にして、1000兆円の資金量があるタックス・ヘブンで換金しようとした。

(2)中東を含む世界のSWF(ソブリン・ウエルス・ファンド:国家ファンド:合計300兆円規模の残高)かも知れません。日本の財務省も、外貨の運用にSWFを作ると言っていました。

(3)金融に無知な偽造団が行った漫画風の行動。

4月と6月に捕まって釈放された4人の日本人は、末端のエージェントだったでしょう。(以上は推理)

だれが見ても変だと思う巨額の(偽とされた)券面をもち、国境を越えるのに、米欧では一般の人しか乗らない「三等車」に乗っていたというのですから、まるで(古い)007です。

タックス・ヘブンとプラベートバンクでは、口座をもつ本人のサインが要ります。サインがある紙の現物を窓口に届けねばならない。郵便で送るのは、危険でしょう。運び屋かもしれない4名の日本人名は、明らかにされていません。

なぜ、明らかにしないのか、不明です。
背後の調査をせず、間単に釈放した理由も、分からない。

●両国が、SWFが、あるいは政府に近い筋が、市場で売らない理由は、「金利の上昇を避けること」が目的でしょう。(推理)

それくらい日米両国の財政資金は、金融・経済対策のため、逼迫(ひっぱく)しています。日本政府にとっては、手持ちの米国債が、米国の手前、いつまでも売ることができないという制限があります。(事実)

▼証拠の裏付けはないから推理

当然に、以上のように言うための証拠はありません。

今後も、もし日米の政府筋が関与していれば、証拠が出るはずがない。政府筋の関与がないなら、イタリア警察も、尾行したくらいですから、釈放せず、背後捜査を続けるはずです。

すぐに釈放されたのは、しかるべき筋からの、取引を含む依頼でしかありえない。イタリア警察も、奇妙に、詳細を言わないのです。

以上から、捕まった4名の日本人とされる人は、政府筋と推理もできます。(注)あくまでも推理で、憶測と言ってもいい。

09年6月の奇談として読み飛ばしてください。証拠があれば、推理の必要はない。それにしても最近、大きくて変なことが多い。

【国益】
日本の政府筋が関与していれば、政府または政府筋が関与した13兆円の米国債を、密かに売って、将来の損を避けようとしたことですから、日本の国益のために、立派とも評価できます。まぁ、摘発されるのは漫画風ですが。

【正規市場では、米国債の暴落が起こる】
米国債13兆円を、正規の国債市場で売却すれば、その日に、米国の金利が高騰し、米ドルは暴落します。だれが売ったかも、米国政府は分かります。米国債を売られるのが、米国政府はいちばん怖い。

日本政府や政府筋には、過去の米国債の券面があるとも言われます。(噂)

しかし、運び屋のエージェントが、米国債売却の計画を知った何者かの通報で尾行され、鉄道内でイタリア警察に捕まり、日本政府が本物と言えば、有価証券の巨額密輸として13兆円の40%(5.2兆円分)をイタリアにとられます。日本政府内で、5兆円の損は大問題になる。

「粗悪な偽造だった」で終われば、犯罪にもならず、万事、収まります。これでいい。政府筋なら、間が抜けていますが・・・

以上、奇談の推理です。憶測と思っておいてください。

▼近々、米国の、今後の国債価格(長期金利)の動きで分かる

09年6月以降の、米国長期金利の動きと、米国長期債の価格の動き、およびドル価格の動き次第では、証拠はなくても「真相」が推測で分かることがあるかも知れません。

長期国債の下落(=長期金利の急騰)、そしてドルの下落があれば、状況証拠として、どこかの政府筋説が有力になります。債券市場での現在の焦点は、だれが米国債を売るか、だからです。売りの意志が見えたとなるからです。

どこかの政府、政府系ファンド、あるいは超大手金融機関、または政府系の機関投資家が、米国債を「*兆円規模」で売りたがっているとすると、世界の金融市場は即刻反応し、損を恐れてドル国債売りに転じ、下げるだろうからです。

前述したように、09年は、米国が新規の国債を$2兆(190兆円:史上最高額)も発行します。2週間ないし3週間ごとに、約10兆円に達します。一体、この巨額の米国債を、世界のだれが買うのか、買い手があるのかを、既発国債をもつ債券市場が恐れているからです。

どこかのだれかが*兆円の規模で売り始めれば、雪崩が起こる可能性があります。既発の米国債は、08年8月に国有化された住宅証券会社の住宅証券約500兆円(国の負債で国債と同等)と合わせると、市場での流通分で、約1200兆円(GDP比1.1倍)です。

問題は米国が、850兆円の国債(GDP比1.6倍)を国内で消化する日本と違い、自国でファインナンスできないことです。中国、日本、中東、欧州が買わないと、国債価格の下落(金利高騰)とドル下落が起こります。

■8.日本政府への再びの提言

与謝野財務大臣は、6月10日に、米国債の格下げ(=米ドル暴落)の懸念への質問に対し、「文化、経済、世界の安全保障に対する考え方、すべての要素からドルの地位が成り立っており、ドルの基軸通貨体制は、揺るがないと思う。」と答えています。

中国を儀礼訪問し、米国債を買うように頼んだガイトナー米財務長官に、イタリアでのG8(ロシアを含む8カ国蔵相会議:6月12日、13日)で、会う前です。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003017&;sid=acQZOODYK.LU&refer=jp_japan

この与謝野発言は、6月3日に、13兆円の、米国債もどきをもつ2人の日本人がイタリア警察に捕まった後です。日本政府の、損をしてもドル債を保持することの表明ですから(推理で)事件の裏読みもできます。

秘密に、市場に出さないで売ろうした、あるいは現金をいつでも引き出せる担保として預託ようとした米国債が摘発され、日本政府が、偽物と言い訳をしたのかも知れないということです。

▼2009年の米国債発行は史上最大の190兆円

6月9日からほぼ2週間毎に、$1040億(約10兆円)の、米国債の入札があって、その売れ行きがどうか、世界の金融筋が注目しています。

思うようには売れず、FRBが買い取りを迫られるなら、国債価格が下落し、米ドルも下がって、長期金利が上がるからです。

今年は、金融・経済対策での政府の赤字のため。米国は$2兆(190兆円)もの、史上最高額の新規国債の売却を、計画しています。FRBが決めている買い取り枠は、$3000億です。1.7兆(160兆円)は、市場で売らねばならない。

●昨年の10月ころ提案したことを、再び言います。日本の財務省は、ドル下落が起こらない前に、上記の、奇妙な事件のような極秘手段を使っても、手持ちの米国債をなんとか換金し、順次、ゴールド(代理人によるゴールド証券の買いでいい)を買っておいたほうがいい。

それが将来の国民益で、支出が増える医療費と年金基金です。(注)
日銀と日本政府は、事実上、ゴールド買うことを、米国政府から禁じられています。政治家も、それはできないと言う。

しかし、2008年のように91兆円もの対外資産(国民の資産)を、再び今年も、失うべきではない。

●今年、ドルが20%下落し($1=78円付近になって)、追加の100兆円規模の損が生じれば、500兆円の外債をもつ日本政府と金融機関、輸出企業も、倒れてしまいます。

日本経済が、円高(=ドル安)に、とても弱い理由は、(1)輸出が90兆円規模(GDPの18%)だった外需依存の経済であること、(2)対外資産は、下のB/S(対外貸借対照表:2008年12月末)で、91兆円の損をする前に、約600兆円(GDPの1.2年分)だったことです。

わが国の1世帯当たりで、1200万円相当の対外投資です。いかに多く、海外(主は米国)に貸し、多くを$建ての証券として、貯めてきたか。

以下は、日本の財務省が集計したデータ(08年12月)です。

【対外資産:(前年比増減)】     【対外負債】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・直接投資  62兆円(-0.1兆) ・直接投資  18兆円(+3兆)
・証券投資  215兆円(-72兆) ・証券投資 140兆円(-81兆)
・外貨準備  93兆円(-17兆) ・その他   134兆円(+11兆)
・その他投資 148兆円(-2兆)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
対外資産 519兆円(-91兆)     対外負債 293兆円(-67兆)
                対外純資産 225兆円(-25兆)

http://www.mof.go.jp/houkoku/20_g.htm

08年では、対外負債(海外ファンドからの証券投資)も、67兆円分減っていますが、これは海外がもつ日本株の時価の、81兆円(上記証券投資の減少)の下落のためです。

日本が、海外がもつ日本の株価下落(つまり対外負債の-81兆円の減少)で得をしたわけではない。

そのため、対外資産の519兆円への減少(-91兆円)は、わが国が所有していた対外資産からの、純減です。

日本の1990年代の不良債権(=金融機関の総損失)は、約100兆円規模でした。この100兆円の損のため、日本人と日本経済は、15年余の、経済の低い成長と下落、金融倒産、企業倒産の苦しみを嘗(な)めています。

●これに比べても、〔91兆円(08年の実績損)+100兆円(09年のドル安による予想損)=191兆円の予想損〕の、巨額さが分かるでしょう。

ドル安から、日本経済の屋台骨を折る巨額損が生じるのは、日本の対外資産が、08年で600兆円規模(GDPの1.2倍)と巨額だからです。ともかく(anyway)米国が商品の市場であり、米ドル受け取って、その価値を信用してきたのです。

600兆円が、政府(外貨準備100兆円)、金融機関の外債、企業の外債(対外資産)、個人の外債になっていた日本の富でした。

90年代以降、賃金も上がらないのに、一生懸命いい商品を輸出し、海外に貯めてきたマネーが600兆円(世帯当たり1200万円)です。(08年前半まで)

ドルが下がれば、日本は上記の国富(対外資産)を、回復できないくらい巨額に失います。対外資産とは、政府・金融機関・輸出企業、そして個人がもちます。減った519兆円(08年12月)の主はドル証券です。

むざむざ、この国が損をするのは、忍びない。
ドル安での損のあとの、日本経済の悲惨を想えば、なおさらです。

【後記】
本稿は、奇妙な事件を、事実を確認しながら、論理で推理しました。知的なゲームとして楽しんで下さい。どこかの政府筋あるいは政党の関与がある事件なら、政府間取引で、闇から闇に葬られます。

いずれにせよ、2009年度のドル暴落は、$1.8兆の財政赤字と、$2兆の国債発行が控えているので、確度が高くなっています。その前に、米国債を市場外で換金したいという動きの一端に思えるのです。

・・・・・・・・・・・・・

論理で推理しているものを、実名で解説しているブログにアクセスが集中しています。ゴールドウォーリアーの話もありますし・・・・・・。世の中には、闇の世界があります。阿修羅では・・・・・・

 

 

全九州高等学校ボート競技大会予選  2009.6.20

2009_06_20m 052mk.JPG 平成21年度全九州高等学校体育大会、第44回全九州高等学校ボート競技大会が、日田市の三隈川特設ボートコースで20,21日の二日間に亘って行われました。ボートコースは1000mが正規ですが、今回は500メートルの設定です。コースの延長が取れません。大分国体の開催前に、夜明コースの横を走る国道210号の路線を変更してとの案が持ち上がりましたが、市の持ち出し金が多くて断念しました。これらの事に関して、平成15年12月議会平成16年9月議会で質問しています。

 その際にもう一箇所検討されたのが、今回の三隈川特設コースです。1000メートルのコースを確保するためには、三隈大橋(通称黒岩橋)の上流の河床を浚うと確保できます。国交省も同意していましたが市の財政も逼迫しており断念しました。このコースがもし完成できていれば、九州のボート競技のメッカになっていたでしょう。コース全体の両岸から観客が見物できるコースなんて、そして宿泊施設も隣接し街なかにあるコース。日田市の浮揚するチャンスでした。しかし、まだチャンスはあるのでは、・・・・・・。水と緑と歴史とボートの町です。三隈川の上流ではカヌー競技も楽しめます。

 大会前日19日から日田市ボート協会の方々は、毎朝5時過ぎから特設コースの設置などで大忙しでした。日田市職員の顔見知りも多く、関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

 そうしたなかで、多くの市民が口にしたのが、「こげなつがあるとは、知らんかったバイ」「日田高も三隈も出ちょるなら、応援するとに」でした。九州各県からの高校生の参加です。日田の好印象を与えれば、社会人になって思い出の地で、今度は遊船、花火大会とリピーターになってくれるでしょうに。勿体無い話です。

 でも街なかでこのようなボート競技が見られて、観衆の歓声が聞かれて、朝は早朝から体操や散歩する若者の姿が見られて、こんな事、毎年でも歓迎です。

 

2009_06_20 070mk.JPG/////// 関連記事 ///////

 

ボート:全九州高校大会 熱戦を展開--日田 /大分

 第44回全九州高校ボート競技大会(九州高体連など主催)は20日、日田市の三隈川特設コースで予選と敗者復活戦があった。ボート競技のメッカを目指す水郷日田。市民にPRしようと、通常は1000メートルのコースを使うが、今回初めて500メートルしか取れない市中心部の温泉旅館街裏の遊水池を選んだ。21日は準決勝と決勝戦がある。

 九州・沖縄各県から23校75クルー(265選手)ら総勢約300人が参加し、かじ付きクオドルプル、ダブルスカル、シングルスカルの男女各3種目で熱戦を展開した。

 8月にフランスである世界ジュニア選手権大会出場の赤尾知美選手(女子シングルスカル、日田高3年)も華麗な技と力を見せ、予選を通過した。【楢原義則】

2009_06_20 075mk.JPG・・・・・・・・・

参加校 (沖縄県) 美里工業高校 辺土名高校  (鹿児島県) 鹿屋高校 鹿屋工業高校 川内高校  (宮崎県) 宮崎商業高校  (熊本県) 熊本学園大学付属高校 菊池高校 済々 高校 菊池女子高校  (長崎県) 大村高校 長崎名誠高校 大村城南高校  (佐賀県) 唐津西高校 唐津高校 唐津商業高校 唐津東高校  (福岡県) 東筑高校 遠賀高校 八幡工業高校  (大分県) 日田高校 日田三隈高校 海洋科学高校 

 

 

seesaaブログで、動画をアップしています。http://kunsan.seesaa.net/article/122080981.html?1245765648

 

平成21年高校総体ボート競技大会決勝結果

 

 

 日田の3艇、優勝 男子シングルスカル①佐藤大貴(日田高校)1分43秒92 

ダブルスカル①日田高校(穴井裕基、田中幹二)1分37秒70 

女子シングルスカル②赤尾知美(日田高校)1分58秒69 

ダブルスカル②三隈高校(森山ひかる、高瀬世奈)1分53秒94 ③日田高校(財津美加、松尾香穂)1分54秒94

女子舵付手クォドルプル①日田高校(長石明莉、松重百合花、熊川栞、柿本理奈、高倉茜)1分48秒27③三隈高校(後藤千尋、河津奈菜美、小埜英里奈、八島絢、高森優希)1分50秒78

2009_06_20 080mk.JPG
2009_06_20 079mk.JPG
2009_06_20 086mk.JPG
2009_06_20 098mk.JPG

 

・・・・・大分合同新聞から・・・・

日田高ボート部に県賞詞

[2009年06月09日 10:44

 第20回全国高校選抜ボート大会(3月・静岡県)女子かじ付き4人スカルで優勝した日田高ボート部に8日、県賞詞が贈られた。
 授与式は県庁であり、赤尾知美、松重百合花、柿本理奈、高倉茜(以上3年)、中島陽佳(2年)の5選手と宇野公是校長、重田英樹監督らが出席。
 広瀬勝貞知事が賞詞を贈り、「皆さんの優勝は県民に希望と自信、活力を与えるもの。今後も努力を忘れず、立派な成果をあげてください」と激励。受賞者を代表して赤尾選手が「優勝は支えてくれたすべての人のおかげ。この結果に満足することなく、インターハイ、国体も優勝したい」とあいさつした。
 県賞詞は各分野で日本一に輝いた個人、団体の栄誉をたたえるもの。

 

イタリアでの約13兆円本物説  2009.6.22

2009_06_15 047mk.JPG 19日に触れていた、イタリアでの13兆円を所持した日本人2人が拘束され釈放された事件。総選挙のための資金作り説など、過去の事件と絡めて特別資金が蠢く実態がネット上に溢れています。興味を持ってみていましたが、こんな時にまぐまぐからメールです。13兆円事件に絡んだ厳選リンク集の紹介です。あなたはどう判断しますか?

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ