« ブログの読者、1日で300名を突破  2009.6.17 | メイン | 日田市で新型インフルエンザ患者発生  2009.6.18 »

市議会一般質問二日目、傍聴者多数  2009.6.17

2009_06_16 008mk.JPG 日田市議会の一般質問が二日目を迎えました。初日は、飯田議員の質問で三隈中学校新増改築工事がミラクル工法を採用する事により1億6千万円の節減効果があったこと、耐震補強の必要な校舎が36棟もあること。石橋議員の日田青果市場の破綻による影響に関する質問で、市場機能を残したい旨の回答がありました。二日目は、認定こども園についての質問が矢野議員、羽野議員から出され、先に認定こども園ありきの行政の考えが分かりましたが、執行部の説明内容に歯切れの悪さを残しました。 
2009_06_17 006mk.JPG 室原議員は、土地開発公社理事の問題で市長の認識不足を問い、公拡法(公有地の拡大に関する法律)の時代は終わり、今や公社を解体すべきだと迫りましたが、市長は従来からの答弁を変えることなく、すれ違いのやり取りでした。また、市長を「情のない政治家」で、これが残業時間の増大、職員のメンタルヘルスの休業に繋がっていると指摘し、飲みにケーションでの改善などを求めましたが、市長は職員とのコミュニケーションは取れているとして、現場に対する現状認識が乖離している事が分かりました。

 

 議会の傍聴者からの一言。昨日は、同一会派の4人が居眠りしていたけど、今日は同一会派と要職者が居眠りし、メモも取っていませんでした。これをメモに控えており、市民に伝えますと怖い一言。怒りの一言・・・・・・・・。一昨日、大分県教委の居眠り教育次長は、更迭されました。

 

 

何をやっているんだ大分県! 

県教委! 

県議会!

県民は、怒っているんだぞ~!

 

・・・・・・・・・・毎日新聞より転載・・・・・・・・・・・・・・

 

<大分県教委>ナンバー2を更迭 居眠りのような行動

6月17日0時22分配信 毎日新聞

 大分県教委汚職事件から1年を機に開かれた12日の教育委員会開催中に居眠りのような行動をしたとして、同県教委は16日、県教委ナンバー2にあたる教育次長(総務・改革担当)の男性職員(58)を戒告処分(同日付)にし、知事部局へ異動させる事実上の更迭人事(同)を発表した。小矢文則・県教育長は厳重注意を受けた。

 処分理由では「職責に対する自覚を欠いた」とされた。3人いる教育次長のうち総務・改革担当は、汚職事件を受けて今年4月に新設。この教育次長は16日、報道陣に対し「血圧が高くボーッとしていた。健康管理が万全ではなく大変申し訳ない」と釈明した。

 小矢教育長は「体調が悪ければ欠席するなどの選択もあった。職務に対する姿勢の問題だ」と話した。【小畑英介】

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 市議会一般質問二日目、傍聴者多数  2009.6.17

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1423

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ