« イタリアで13兆円所持の日本人が拘束、釈放 2009.6.19 | メイン | 行政と市議会の連帯を訴え、長収入役退任 2009.6.19 »

傍聴席が満席、一般質問に立つ  2009.6.18

2009_06_18 006mmk.JPG一般質問三日目、14番目最後の質問者として登壇しました。傍聴席は、認定こども園について関心の高い私立保育園の関係者50人で埋まっています。壇上では、①国の基準である待機児童がいないのにどうして今、認定こども園なのか?チャイルドシートの無料貸し出しを継続すべきだ。②市の入札で最低制限価格での同額入札でくじ引きが見受けられるがその実態と対策は?③天領日田ひなまつり健康マラソン大会の補助金150万円を打ち切ったなかで、中津江村鯛生剣道大会補助金は20万円の不要金額を出している。その不要額を年度末の決算まで持ち越し隠そうとしている。どう言う事か?また、パトリア日田前の集団顔見世が中止となり、電線の高架化が不要となったが、どうするのか?周辺地域活性化補助金の執行率が低いなかで、どうして補助金額を増額するのか?東有田中学校は、生徒数が10年後に30人を切る状況である。規模適正化を考えると、どうして耐震補強にしなかったのか?④市長は、マイバック運動に対するレジ袋有料化を否定していたが、6月1日に開始した途端にマイバックの持参率が80%以上になった。どう評価するか?また、レジ袋有料化以上の解決策があると市民団体に回答しているが、その回答策は?最後に、⑤市長は、昨年8月市内高校の同窓会で県教委不正事件で最後に有罪となった富松審議官を庇う発言をしているが、今回の県教委不正を元県庁マンとしてどう評価するか?

 項目が多すぎて突っ込んだところまで入れない項目もありましたが、こんなものでしょう。他にも質問事項がありましたが、次回に回しました。よく毎回質問する事がありますね、なんていう議員もいます。無いほうが可笑しいと思います。順番制を取り入れて、順番が来ないと質問できないような事を市民に言う議員がいますが、以ての外です。2009_06_18 015mk.JPG

 執行部の回答は、①私立幼稚園2園の希望がありこどものために導入しようと思うとの市長答弁。しかし、最後には話し合ってと。シートベルト着用の為の事業で初期の目的を達したので廃止。しかし、リサイクルを利用しながら継続したいと答弁も。②検討する③不要額については、今後速やかに処置する。④回答策については要領を得ず。⑤発言については記憶に無い、などでした。詳細は後日掲載しますが、天領日田ひなまつり健康マラソン大会、レジ袋有料化、集団顔見世高架事業、月隈公園管理道路、認定こども園、東有田中学校屋内運動場新築工事など、全体的に感じるのは、市長の考えの入った事業は、検討が深くなされていないようです。

 認定こども園については、市民の反響が多くたくさんの電話を頂きました。市長を含む執行部の答弁の矛盾点を感じる意見が多く寄せられました。

 記者も傍聴していましたが、午前中に判明した新型インフルエンザ患者日田市で発生で、いなくなりました。午後から市議会の取材予定だった記者達は、午前中に天ヶ瀬の五馬市小学校児童の乳牛の搾乳体験を取材していて、新フルの情報が入りそのまま五馬中学校に走ったとのことでした。

 

///////////・・・/////////////  ・・・・・・ /////////////・・・///////////

 

手帳に「計61」の数字 富松被告が認める

[2009年02月06日 14:27] 大分合同新聞

 県教委汚職事件で人事異動の見返りに元部下から商品券二十万円分を受け取ったとして、収賄の罪に問われた県教委ナンバー2の教育審議監、富松哲博被告(60)の第五回公判が六日、大分地裁(宮本孝文裁判長)であり、検察側の被告人質問に対し、富松被告は「二十万円という額は、うわさや儀礼の範囲から考えて多く、倫理的には良くないと思った」と不適切な授受だったことは認めたものの、謝礼の意味合いはなかったとして、あらためてわいろ性を否認した。

 検察側はわいろの授受の際、贈賄側の元義務教育課参事、矢野哲郎被告(53)から人事異動に関するお礼や感謝の言葉はなかったかを尋ねたが「覚えていないし、なかったと思う」と主張。商品券に「御礼」と書かれたのし紙が張られていたとする再現写真については「記憶にない」とした。額が多かった理由は「矢野被告の自信のなさの表れで、支援をお願いしたいとの意味があると思った」とこれまでの主張を繰り返した。
 また、検察側は「20」「10」などの数字が並び「計61」と記された富松被告から押収した手帳を提示。富松被告は「20」と書かれているのは矢野被告から受け取った商品券を示すことを認めた。「10」「5」など、そのほかの数字については「具体的には申し上げられない」と述べたが、数万円単位の金品の授受が慣例化していた様子をうかがわせた。
 起訴状によると、富松被告は昨年三月二十五日、大分市高崎の自宅で、矢野被告の異動に便宜を図った謝礼として商品券を受け取ったとしている。
 次回は三月五日に論告求刑公判がある。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 傍聴席が満席、一般質問に立つ  2009.6.18

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1433

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ