« 6月定例会日田市議会本会議議決事項  2009.6.26 | メイン | 日田市議会議員定数4名減に決定  2009.6.26 »

初めての寒山竹(大名竹)  2009.6.27

2009_06_27 003MK.JPG 初めて、今が旬の「寒山竹」(大名竹)を知人から頂きました。筍は時間が勝負です。クール宅急便で鹿児島から届いた品物です。さっそく調理に取り掛かりました。下の部分を少しと先端部分を落として、皮を3~4枚ほどむきます。この皮を剥くときに指を怪我しないように気をつけてとアドバイスを頂きました。なるほど隙間なくピッタリとくっ付いて硬く、パリパリと音が出ます。

 

2009_06_27 004MK.JPG皮を剥ぐと縦に包丁を入れます。鍋に水と入れ鷹の爪とお米を一掴み入れます。これで一時間ほどかけて湯がきます。

後は冷やして、料理は奥さんに任せます。

2009_06_28 405mk.JPG寒山竹とは・・・
http://www.weblio.jp/content/%E5%AF%92%E5%B1%B1%E7%AB%B9

・・・・・・・・・

毎日新聞・女の気持ち・男の気持ちから 2009.6.21

男の気持ち:筍ざんまい 鹿児島県鹿屋市・上村泉(68歳)

 筍(たけのこ)が好きで、毎日のように食べても飽きない。寒山竹は今が旬。果肉が厚く柔らかいので鹿児島では「大名竹」と呼ばれる。アクが少なくゆがかずにてんぷらやバーベキューにいい。梅雨鰺(あじ)、春ジャガと煮ても季節の味だ。

 「一人息子に食べさせるくらいの筍は一年中とれる」と聞いたことがある。昔の人たちが自然に溶け込んで暮らしてきた様が思い浮かぶ。改めて食べられる筍を数えてみると、春先の孟宗(もうそう)竹から初冬の矢竹まで10種以上の筍があり、とれる時期も長く独特の調理法がある。

 珍味は「メダケ」の直火(じかび)焼き。皮ごと焼き、焦げ目ができたらむいて熱々にミソを付けて食べる。「キンチク」と呼ばれるホウライ竹はお盆のころとれるので、煮そうめんの汁にする郷土料理だ。

 私の郷里には「盆釜」と言って子供たちだけで炊き込みご飯を作らせる習わしがあった。庭先に石でかまどをこしらえて材料を準備し、後は子供たちが料理する。ホウライ竹の筍と新米をしょうゆの薄味で炊き、柿の葉にくるんで食べると風味も格別だった。

 息子たちが小学生のころ、この盆釜を復活させた。孟宗竹を割り、それを釜にして炊いた。生竹の甘い香りとしょうゆの焦げ目が絶妙だった。

 今朝も「また、筍の話?」と妻に言われながら、筍の調理法のうんちくを傾ける。昨日もらったハチクの千切り炒めに舌鼓を打ちながら。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 初めての寒山竹(大名竹)  2009.6.27

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1448

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ