« アンデスから幸せを招く青い殻の卵、アロカーナ種 2009.5.17 | メイン | 長崎バイオパークからハウステンボス 2009.5.17 »

原種の血を引く、アンデスレット(じゃがいも)を食す 2009.5.17

2009_04_28 108mk.JPG琴海町の「きんかい味彩市」で珍しい「幸せの青い卵」を見つけましたが、その次に目に留まったのが、じゃがいも(馬鈴薯)の原種の血を引く「アンデスレット」でした。始めているじゃがいもです。これにもアンデスが付いています。南米贔屓の土地柄でしょうか?なんと、一袋100円です。お買い得だし、これも買い物籠に。他にトマトやミカンを買い込んでレジに行くと、表でくじを引いて下さいとのこと。表で叔母さんに「くじは?」と問いかけると、「ここに並んでいる野菜か花苗をどうぞ。」です。紫玉葱を貰いましたが、日田に近いなら何時でも通いたくなるお店でした。

帰宅して、「アンデスレット」を湯がいて食べましたが、皮が赤くこれにはアントシアニンが含まれ、中身は黄色くサツマイモのようで、味は濃くがあってとても美味しくいただきました。カロチンの含有量も多いそうです。

小さな2009_04_28 109mk.JPG場図書館。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 原種の血を引く、アンデスレット(じゃがいも)を食す 2009.5.17

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1454

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ