« 衆議院解散21日、来月30日投票  2009.7.13 | メイン | 新井信介氏の講演会  2009.7.11 »

工事請負契約 18億8,1054千円、補正予算案 11億1,988万円 2009.7.15

2009_06_18 038mk.JPG 今月22日23日に臨時市議会が開かれます。その議案集が届きました。事件議案では、地域情報基盤センター施設整備工事請負契約 787,479千円と伝送路設備整備工事 1,093,575千円です。この工事により、市内周辺部(前津江(柚木の一部を除く)・中津江・上津江・東有田・小野・大鶴・夜明)に光ケーブル網が広がります。これで光ケーブル網が設置されない地域は、五和地区全域、天ヶ瀬地域全域、西有田地域、高瀬地区の一部・前津江町柚木の一部などとなります。これは、加入率やブロードバンド環境の有無などを考慮して、地域を二つに分割したためです。残された地域は、来年度の設置となります。しかし、TVを見るのが日常生活のウェートを大きく占めるようになると、劇場型の世論操作が可能となります。これは、小泉劇場で明らかになりました。

 一般会計補正予算は、総額11億1,988万円、27事業です。大きな事業を見ますと、葬斎場火葬炉増設改修等 53,391千円、環境衛生センター改修等 46,000千円、集落センター改修等 10,534千円、鯛生金山改修等 24,617千円、萩尾公園改修等 105,840千円、消防車両購入等 76,405千円、防災行政無線整備等 109,370千円、学校情報環境整備等 281,841千円、小中学校トイレ用便器化 46,597千円、市道3路線舗装 170,000千円、市道改良等 83,000千円、街路灯整備 21,000千円、診療所医療機器整備 16,956千円などです。

 補正予算の財源の内訳は、国庫支出金 6億円(地域活性化・経済危機対策臨時交付金)、その他 95,062千円、地域振興基金繰入金 2億5千万円、繰越金 174,818千円となっています。

 予算の個所付けを見ますと、予定事業の前倒しが多く見られ、経済危機対策の方が手薄な感じがします。予算書の簡単な説明書には、地域経済の活性化・・・平成22年度以降予定事業の前倒し、将来の安心に向けた対策・・・施設の改修・設備の充実、教育環境等の充実・・・教育機器等の整備・スポーツ環境の充実となっています。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 工事請負契約 18億8,1054千円、補正予算案 11億1,988万円 2009.7.15

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1466

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ