« 小迫辻原遺跡で現地説明 2009.7.18 | メイン | 日田祇園本番は雨模様 2009.7.25 »

小迫辻原遺跡を訪ねる放送大学公開講座 2009.7.18

2009_07_18 093mk.JPG 18日午後から大分の放送大学主催の公開講座が、日田市の別府大学日田歴史文化研究センターで開催されました。テーマは、小迫辻原遺跡です。大分市方面から多くの方の参加があり、それに日田市からの聴講者もいて教室は満杯です。
2009_07_18 096mk.JPG2009_07_18 091mk.JPG2009_07_18 099mk.JPG2009_07_18 102mk.JPG2009_07_18 103mk.JPG 小迫辻原遺跡は、日田ICの北側に広がる高台、山田原の平原に広がる遺跡群です。旧石器時代から中世の遺構までがあり、特に環濠を備えた豪族の居館跡があり日本最古のものとされています。発見のきっかけは、高速道路の工事に伴うものです。当時を知る在京の記者の話では、考古学者が九州に向かっている様だとのことで調べてみると日田だったとのこと。

 日田市では、この小迫辻原遺跡に限らず、金銀錯嵌珠龍文鉄鏡や金錯鉄帯鉤の出土、装飾古墳など多くの出土物があり、戦前から埋蔵文化財の宝庫と呼ばれていました。

 なのに、これらの貴重な埋蔵文化財に対する市の反応は真に鈍いものです。全国には、考古学ファンがたくさん存在します。日田市に眠る遺跡群、埋蔵文化財、現存物に光を当てれば、日田市の町おこしに繋がると思いますが。何故か、動かないでいいような言い訳しか返って来ません。

 よその地で、町おこしに成功しているところは、不確かなものを核にして大成功を収めています。何度も市議会で取り上げていますが進展が非常にスローモーです。市外から人を呼び込まない事には、市の活性化は望めません。企業誘致は、景気の変動をもろに受けます。長年に亘る定着を期待できません。歴史とロマンと自然に、今だけ、ココだけ、貴方だけを付け加えて・・・・・・・・・・。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小迫辻原遺跡を訪ねる放送大学公開講座 2009.7.18

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1476

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ