« 平成21年度全国都市監査委員会総会・研修会 2009.8.27 | メイン | 三隈川の浮遊物と飛行機雲と日の出 2009.8.26 »

全国都市監査研修会二日目  2009.8.28

2009_08_27 065mk.JPG 全国都市監査研修会の二日目は、東京大学大学院経済研究科教授の伊藤元重氏が、「日本経済の展望」と題して講演しました。1929年の世界大恐慌は銀行の倒産が相次ぎましたが、現在は金融システムが機能すべく銀行の国有化が図られ、取り付けの不安がない。世界で500兆円の景気対策費が投じられている。(バラマキ?)1933年は、失業率が25%で金本位制の中で米国の不信が高まる。米国では失業率が10%で10人に1人が失業市、住宅ローンの返済が不能となっている。日本では雇用調整助成金で500万人の雇用が確保されているが、これを考慮に入れると失業率は、9%となる。米国を発生源とする、この世界同時不況の景気自力回復は無理か?・・・(工事中、後に続く)
2009_08_27 063mk.JPG

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 全国都市監査研修会二日目  2009.8.28

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.k-kawasaki.info/mt/mt-tb.cgi/1525

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ