茨城県ひたちなか市「虎塚古墳発掘の頃」   2009.11.23.

2009_11_22 019mk.jpg 23日午後から、熊本県立装飾古墳館の講座を聴講してきました。今回の講座講師は、ひたちなか市にある虎塚古墳の発掘に立ち会った、市埋蔵文化財調査センター所長の鴨志田篤二さんです。演題は、「虎塚古墳発掘の頃」と題して、未発掘の横穴式古墳発掘で得た貴重な科学調査結果や、思いがけない感動の装飾古墳出現場面、海外や九州と本州にある装飾古墳との関連などの話でした。虎塚古墳の調査は、昭和48年に勝田市史編纂事業の一環として行われ、後円部南側に開口する横穴式石室が発見され、これが予想もしてなかった装飾古墳でした。それも、九州と関連があることが判明し、この発見が奈良県の高松塚古墳の保存にも役立つことになりました。

 この古墳の石室は、白色粘土で下塗りをした上に、ベンガラ(酸化第二鉄)で円文や三角文の幾何学模様や、靱・盾などの武具などを描く装飾古墳でした。調査前に、大塚初重調査団長は、東京国立文化財研究所保存科学部の新井英夫技官から「未開口の横穴式石室を調査する機会が合ったら是非連絡してほしい」旨の依頼を受けていました。「未発掘古墳内が形成している微生物学的に不活性な環境条件が判明したとき、発掘後の古墳の微生物による劣化防止対策に一つの有効な手段を提供しうるものと期待される。」と考え、未発掘の石室内部の科学調査に大きな期待を寄せていたとのことでした。

 さっそく内部の科学調査をするために、パイプを差込み温度・湿度・細菌の調査をし、外気温31℃の時に内部の温度は15℃で、湿度は95%、微生物は400種余りいて、この中のアルギンアミノ酸が石室内の殺菌をする役割を果たしていることが判明。また、人間の吐く息で雑菌が繁殖しカビが発生する事も分かり埋戻し、半年で石室内部が元の状態になることも判明し、経年調査で室温は15℃をはさんで±2℃に。このため、外気温と古墳内部の温度差がなくなる季節、春と秋に一般公開をやることになりました。

2009_11_22 033mk.jpg 石室の開口作業は、朝から市民や報道陣が見守る中で作業は開始。一枚石の閉塞石は、玄門部にしっかりと食い込み11時過ぎに動いた、その隙間から鮮やかな装飾が見え、この時初めて装飾古墳と判明。直ちに、石室内の気温・湿度の状態を開口前に近づかせるために、市内の発泡スチロール工場から大きな発泡スチロールを一枚貰いうけ、適宜に密閉して内部を安定。しかし、内部調査は、2名が限度。30分作業で温度は3℃上昇、湿度は10%ほど減少、その都度発泡スチロールで閉塞し、20分後に温度16℃、湿度90%に回復することで、墳丘自体に回復力があることが判明。また、石室内部の炭酸ガス濃度は外気の50倍も。その他にも、保存施設ができるまで埋戻しし科学調査をすすめ、パイプでパナホルムアルデヒド10g/㎡が挿入された後の8ヵ月後には、発掘調査で増加した微生物数が発掘前の状態まで回復し、石室内の殺菌を。内部温度は16℃±1℃で外気温との関係で、寒暖の差が3ヶ月遅れであることも判明したそうです。(これらのことが、高松塚古墳の発掘に貢献したようでしたが、結果は・・・・・・・・。)

 こんな話を聞いていると、日田市の文化財に対する保存のあり方に疑問が生じます。先日も、日田市の古代に興味を持つ東京の人から「怒りの電話が」。ネットでガランドヤ古墳をブルーのシートで覆っている写真を見ての反応でした。同感です。

 先日は、チブサン古墳内部を拝見してきましたが、「保存と公開」には程遠い日田市の実態に、「どげんかせないかん!」です。

2009_11_22 032mk.JPG
2009_11_22 021mk.JPG

 

岩原横穴古墳群  2009.11.23

2009_11_22 081mk.JPG ここは、熊本県鹿央町の岩原横穴古墳群です。ここから歩いて熊本県立装飾古墳館に行けます。横穴古墳群の前には、トイレも駐車場も完備しています。でも、ここから上がるには、雨上がりや湿気の多い時には、滑りやすいので要注意です。しかし、大分県を除くとよその県は、羨ましくなるくらいに文化財の整備が進んでいます。陶板に発掘された物や、解説が描かれていています。県民性の違いでしょうか?大分県内の埋蔵文化財に限らず、日田市でも貴重な文化遺産がたくさんあるのに遅々として整備が進みません。地域の振興策にも繋がるのに残念です。しかし、ここで諦める訳にはいきません。日田市にも多くの横穴古墳群がありますが、手つかずで放置されています。また、ウッドコンビナートの造成工事で敷地の下に埋没された遺跡群もあります。最近では、五和地区の内河町にある装飾古墳、穴観音古墳近くの西北側から横穴古墳が出てきました。日田市では、あらゆるところに埋蔵文化財が眠っています。また、発掘された物は、市民の目に触れる機会が非常に限られています。博物館も埋蔵文化財センターも日田市に相応しいものを作らなければ、宝の持ち腐れです。
2009_11_22 076mk.JPG
2009_11_22 075mk.JPG
2009_11_22 077mk.JPG
2009_11_22 079mk.JPG
2009_11_22 086mk.JPG
2009_11_22 090mk.JPG
2009_11_22 092mk.JPG
2009_11_22 100mk.JPG

連休の高速道路渋滞  2009.11.22-23.

2009_11_22 016mk.JPG 22日は、午後から長崎に行きましたが、甘木の先から筑紫野に向かって最大8キロの渋滞。23日は、長崎から熊本県の鹿央町へ向かいましたが、上下線ともに車列が途切れません。鹿央町からの帰りは、筑紫野に向かって最大20キロの渋滞で、これにはギブアップ。なるべく車間距離を開けて停止しないで良いように走行しました。これは先日のNHKテレビで渋滞時の緩和に有効であることが実証されていました、8キロの渋滞には効果を発揮しましたが、20キロの渋滞には難儀しました。これで、高速道路が無料化されたら大大渋滞です。無料化の前には、高速の出入り口を増やす考えのようですが、そうしないと絶対に駄目です。しかし、これだけの人が移動するのですから、経済効果は確かにあります。1000円でこれですから、無料化はもう少し考慮・工夫が必要でしょう。

 小野寺光一さんのブログにも高速道路に関して掲載が・・・以下、2009.2.16分から転載   2009_11_22 103mk.JPG<麻生の高速道路大パニック> 全国の高速道路を土日に1000円にするという。現在、2時間の渋滞は、4時間の渋滞ぐらいになり、5時間の渋滞が8時間以上になるらしい。げに恐ろしい。

<超渋滞>
そしていつでもどこでも超大渋滞になり、土日にどこか遠くにいってもまったくその日に帰ってこれないだろう。車を買う気が うせる人が続出するはずである。深夜バスで遠くに行っていた人たちもまったく、その日には帰ってこれなくなるだろう。

<カップルはトイレにいけなくてデート中にケンカ>
カップルでいけばまずケンカになるだろうし、超大渋滞で、おトイレにも誰もいけないのだ。


<満車のためサービスエリアでもトイレにいけない>

しかもやっとついたと思ったサービスエリアなどでは、実は満車であるため駐車ができず、車を止められない。

<2時間待ちのトイレ>
トイレには超大行列で2時間待ちとかにになるだろう。まあめちゃくちゃな行政の典型である。政治家が簡単な漢字も読めない人だからしょうがないのだろうか?

<北海道のロックフェスで見た光景>
北海道のロックフェステイバル「ライジングサン」などでよく見られる光景だが、たいていは、予想外の人員増にトイレが対応できないのである。仮設トイレがズラーと200〜300ぐらいも並んでいても長蛇の列なんだからすごいものだ。まあ今では主催者もなれて対応できているのかもしれないが。そして女の子が超長蛇の列で並ぶ。

<デイズニーランドではなぜクリスマスイブに行くと別れるという都市伝説があるのか>

その昔、デイズにーランドでよくこういうことがあった。それは、12月24日のクリスマスイブにデイズニーランドにいくとそのカップルは別れるという都市伝説である。

この都市伝説はなぜ生じたかというと、おそらく、あまりデイズニーランドの事情を知らないカップルが、男側が「よし、今年のクリスマスイブは大好きなあの子とクリスマスイブをデイズニーランドで過ごそう」と考えて、近くのシェラトンベイグランデホテルや幕張プリンスホテルでも予約していくのだ。

ところが、デイズニーランドは、あまりに来客数が多いとまともなサービスが提供できないので人数制限をかける。

たとえば8万人以上は入れないように「人数制限」をかけるのだ。つまりある人数に達したら、もうそれ以降来たカップルは、どんなに愛し合っていようとも熱々であろうとそんなことは関係なく、その場で待たないといけない。

その8万人以上のお客さんが多少帰りだす午後4時ごろまで待ったりしないといけない羽目になる。

<事前に期日指定をすれば優先的に入れるがそれを知らないカップルばかり>
だからクリスマスイブにもし、デイズニーランドに入場したいのであれば、事前に有楽町にあるデイズニー予約センターなどにいって当日の期日指定のチケットを買わないといけない。

つまりチケットを事前購入するときに、12月24日と期日指定をしてもらうのだ。そうすると優先的に入れてくれる。

しかしそんなに詳しい人間などめったにいないはずである。

だから、カップルは当然入れるものだと思ってデイズニーランドにきて、「げー入れない」と知って延々と待つ羽目になる。
いったい何時間待つんだろう?

私は、遊びにいったときに、12月24日の超長蛇の列を見て、とても驚いたことがある。舞浜駅までずっと続いているのである。

自分は期日指定のチケットを買っていたので、その超長蛇の列を横目に入場したことがあるが、あれでは、並ばせられている女の子が怒るに違いない。

何しろそんなカップルが何百組と並んでいるのだ。
あれでは別れるだろう。

<高速道路トイレにいけない地獄>
同じことが、高速道路で起こるだろう。なにしろ、超大渋滞でお手洗いにもいけないのだ。8時間渋滞なんて人殺しと似たようなものだ。

<トイレに行きたいけど行けないカップルが続出>
女の子はトイレに行きたくて恥ずかしくて死ぬ思いになるにちがいない。男の方も、どうしようもないはずだ。

まさか、外でやれば?なんていえるわけがない。

家族でどこかにいっていても子供は泣きわめくだろうし、犬がいれば犬のおまわりさんも困ってしまってワンワンワワンと
ほえるかもしれないし、奥さんは「どうしてこんなに混んでいるのに来たのよ」といかりまくるに違いない。

なにしろ、トイレにいけないことほど頭にくることはない。

子供が我慢できなくて車の中でうんちをしてしまったら、密閉した車中はくさくて大パニックになり最悪である。

多分そんな家族が続出するだろう。しかもだれも助けられない。

それにやっとの思いでサービスエリアについても、満杯だろうから、駐車できないのだ。

通り過ぎるしかない。当然トイレにもいけない。

そして恐ろしいのは、8時間も渋滞しているうちに、クーラーや音楽や何かをかけていれば、当然エンジンはまわっているのである。

そうなるとどうなるか?そう、実はガソリンが切れるのである。給油もできないのだ。

考えるだけで恐ろしい。

そこらへんで、ガソリンが切れてしまって立ち往生する車が続出するだろう。


そしてレッカー車なんか来たら、これは異様に高いのである。何万円の世界である。
まさに「ハイウェイ生き地獄」である。

笑い話ではなく本当に起こるだろうからひどい話だ。

・・・・現実に、NHKテレビでは、上記のような場面が放映されていました。

さて、民主党政権に変わって・・・またまた心配種が

2009_11_22 018mk.JPG
2009_11_22 102mk.JPG

小中病院のクリスマス・イルミネーション始まる  2009.11.26

2009_11_26 006mk.JPG 玖珠町に夜の帳が下りてきました。今日も無事に一日が終わります。今日は夕方から玖珠方面で、玖珠町九重町と走り回りました。一仕事終えて、毎年の恒例となった塚脇にある小中病院のクリスマス・イルミネーションを見学に行きました。すでに携帯電話のカメラで記念撮影をしている親子連れの一行が。次から次へと見学の車が入ってきます。しばし童心に返ってカメラのシャッターを押しました。未就学児童の人気ナンバーワンキャラクターのアンパンマンをはじめ、バイキンマン、ドキンちゃん、サンタ、キティちゃん、くまのプーさんなど子供が喜ぶキャラクターが並んで輝いています。

 親子で楽しめるイルミネーション・・・seesaaブログhttp://kunsan.seesaa.net/article/135020026.html?1260235555

2009_11_26 007mk.JPG
2009_11_26 010mk.JPG
2009_11_26 009mk.JPG
2009_11_26 011mk.JPG
2009_11_26 013mk.JPG
2009_11_26 014mk.JPG
2009_11_26 016mk.JPG
2009_11_26 017mk.JPG
2009_11_26 018mk.JPG
2009_11_26 019mk.JPG
2009_11_26 020mk.JPG
2009_11_26 022mk.JPG
2009_11_26 023mk.JPG
2009_11_26 024mk.JPG
2009_11_26 025mk.JPG
2009_11_26 026mk.JPG
2009_11_26 030mk.JPG
2009_11_26 028mk.JPG
2009_11_26 033mk.JPG
2009_11_26 035mk.JPG
2009_11_26 036mk.JPG
2009_11_26 037mk.JPG

臨時議会開催6議案可決、1議案否決  2009.11.24.

 日田市臨時議会が24日10時から開催されました。議案は5議案、議員追加議案が2議案です。5議案はすべて総務委員会に付託されましたが、すべてが終了したのは、なんと19時過ぎで夜の予定をキャンセルしないといけない事態に。致し方ないことです。議会の開催日に予定を入れると、遣り繰りがつかない事態になることが間々あります。この日、佐藤市長を筆頭に市役所の部課長クラス40名近くが、大分市である大分県庁に勤務する日田市出身者職員と懇親会を開催する予定で、17時半にバスで日田市役所を出発する筈でしたが、大きく予定がずれました。

 可決された議案は、人事院勧告に基づき市長、教育長、市職員のボーナスを減額する案と、市内循環バスを2台購入(35,550,830円)する案、地域情報基盤センター施設整備工事請負契約のうち自主放送設備整備工事(九電工大分支店、190,845,900円)を増額し、978,324,900円とする案、伝送路施設整備工事(NTT西日本大分支店)の変更で77,115,150円増額し、1,170,690,150円とする案です。市職員のボーナス減額案(期末手当▲0.1月分、勤勉手当▲0.05月分)では、市内経済に与える影響が大きいとして共産党3名が反対しました。

 循環バスでは、6社の指名に対して2社が応札、入札までの日数が少ないなどの意見が委員会で出ました。地域情報基盤整備に関しては、前回の落札が異常な形での結末だった為に、今回の大幅な増額は何かしらの憶測を呼びましたが、「当初からの計画に上がっていたもので、国の交付金の交付決定が遅れたために、一括発注ができずに追加せざるを得なかった」としました。前回情報センター工事の指名業者のすべてが応じず、2社が入札に参加予定で、入札時に1社が辞退し1社が入札。それが99.81%の落札率。伝送路が95.3%の落札率です。この落札率に予定価格を掛けたものが今回の増額価格です。約2割に達する金額です。何か釈然としません。また、日田市では民間のケーブル放送局と公設の自主放送局の番組が、地域ごとに違った番組を放送するようになります。税金の無駄遣いにもつながるのではと・・・・・。

 議員報酬の減額追加議案では、室原基樹、菅田敏幸、高瀬敏明、大久保征雄議員と私(川崎邦輔)の5名で、横並びでない数字。12月分報酬の減額幅を▲0.2月分(10万9千円)とする議案を提案しましたが賛成少数で否決されました。続いて、井上議員が▲0.1月分(5万4千円)とする議案が提案され賛成多数で可決されました。ある議員の奥さんの提案・・・「そんな僅かの減額でなくて一層のことボーナスを全額減額したら」との厳しい指摘も。井上議員に対して、どうして▲0.1月なのか質問しましたが、「他所もそうしている。いろいろ別の数字も出たが忘れた。」との提案議員の返事でした。赤信号一緒に渡れば怖くない・・・・・・・・。

 

 

湯布院、冠雪した由布岳  2009.11.21

2009_11_21 067mk.JPG なんとなく由布岳の北側に回ってみました。塚原高原のほうから見ると、由布岳の北側の谷に雪が積もっています。東の峰は、樹氷が着いているようです。麓のもみじを見上げると、日光に照らされて鮮やかな朱に染まっています。まさに紅葉です。南側から由布岳を見ると、今日は頂上まで良く見えます。西側の峰には、雪が残っています。山頂で多くの鳥が飛び立つのが見えました。何の鳥でしょうか?雲が次々と姿を変えては、飛び去ってゆきます。
2009_11_21 071mk.JPG
2009_11_21 063mk.JPG
2009_11_21 065mk.JPG
2009_11_21 078mk.JPG
2009_11_21 084mk.JPG
2009_11_21 097mk.JPG
2009_11_21 102mk.JPG

紅葉(もみじ)は紅葉(こうよう)、桜は満開  2009.11.21.

2009_11_21 008mk.JPG 秋の紅葉を求めて車を走らすと、木々に白い花が咲いています。ひょっとして「寒桜」と思い近寄ってみると、確かに「寒桜」です。寒さの中で可憐な花をつけています。既に満開です。紅葉とのコラボを狙いましたが、なかなかいいアングルが見つかりません。(鶴見岳の麓、別府ロープウェイの直下にある石楠花園で)
2009_11_21 005mk.JPG
2009_11_21 010mk.JPG
2009_11_21 006mk.JPG
2009_11_21 019mk.JPG
2009_11_21 030mk.JPG
2009_11_21 050mk.JPG
2009_11_21 034mk.JPG
2009_11_21 046mk.JPG
2009_11_21 043mk.JPG
2009_11_21 009mk.JPG

ホンのわずかの朝焼け  2009.11.09

2009_11_08 013mk.JPG 最近は、早朝の散歩の機会が減ってきています。それに素晴らしい日の出にも遠ざかっています。面白い雲が出ていたので撮影してみました。
2009_11_08 016mk.JPG

秋の味覚きのこ、アミ茸   2009.10.20.

2009_10_15 068mk.JPG 秋の味覚、大好きなアミ茸を沢山頂きました。画像は、水につけてアク抜きをしているところです。頂いたのは、贅沢にもちゃんと味付けした分と湯掻いた分です。自宅に帰ってから大鍋で、我が家の奥さんが我が家の味付けに料理しました。頂いた味付けキノコは、早速お酒のつまみに。これには、アミ茸だけでなくクリ茸やハッタケ、シメジなども混ざり「プロの味付け」に大満足。帰りに御裾分けしたM先輩からは、「これは美味かった。もう半分食べてしまった。」と、大満足のお褒めの電話が。別に頂いたイグチは、豆腐汁にして、これも大満足でした。

 以前は、朝日の昇る頃には、山に分け入ってました。でも市会議員になってからは、山に行く時間がなくて、いつも貰い物です。でも私が、きのこ好きなのを知っている先輩からは、毎年時期になると電話がかかってきます。感謝感謝です。

湯布院 秋の由布岳  2009.10.26

2009_10_15 212mk.JPG 秋の由布岳を見たくて寄ってみましたが、厚い雲に覆われていて、なかなか頂上を見せてくれません。麓の木々の葉も枯れた色に、すすきも茶色に染まり、秋の気配です。
2009_10_15 209mk.JPG
2009_10_15 217mk.JPG
2009_10_15 213mk.JPG

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
My Yahoo!に追加

アーカイブ